歯科クリニックを選ぶ時の注意点を教えてください

何でも相談

Q オーストラリアで歯のチェック·アップをしたいと思っていますが、歯科クリニックを選ぶ時の注意点などはありますか?
(24歳会社員=女性)

A 歯科治療におけるマイクロスコープ(顕微鏡)の設備が整っているクリニックをお勧めします。最近オーストラリアや日本で歯科治療の際に頻繁に使われているマイクロスコープは、初期虫歯などとても小さく肉眼では見つけにくいものや、既存の詰め物の隙間からの虫歯も、簡単に見つけることができます。

マイクロスコープの利点

・最大24倍まで拡大して見ることができ細部まで明るくよく見えるので、どんなに小さな虫歯でも見つけることができる
・精密に虫歯を完全除去できる
・詰めるべきものを完璧に詰めることができる
・保存した写真を後からでも見ることができる(通常はカルテの記述かレントゲンを見る)


さまざまな方法で歯の検査をしている模様。一番右の写真がマイクロスコープでの検査。視程の違いが明らかに分かります

さまざまな方法で歯の検査をしている模様。一番右の写真がマイクロスコープでの検査。視程の違いが明らかに分かります

電子マイクロスコープは約20年前に歯科クリニックに導入され、より確実な治療や検査をするためには欠かせないものになりました。強い光と高度な拡大機能を持ち、より精密な治療・検査を可能にしてくれます。

しかしこれだけハイテクで優れた機械はたいへん高価なため、日本やオーストラリアでも使用しているクリニックは1パーセント未満といっても過言ではありません。そのためほとんどのクリニックでは、コストを抑えることのできるルーペ(メガネに拡大鏡を設置したもの)を使用しています。

オーストラリアにはさまざまなタイプの歯科クリニックがありますが、丁寧で十分な検査を行ってくれるクリニックと十分な検査を行わないクリニックとに分かれます。“見えないものは治療しない歯科医”が少なくないことは、私がさまざまなクリニックで長年働いてきて学んだことです。

最善の治療や検診を受けたい方には、マイクロスコープの設備が整っているクリニックをお勧めします。


ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る