流産の症状、原因について

何でも相談

Q 妊娠7週目で流産しました。一時の出血は治まり、超音波検査で子宮の中に何も残っていないので治療の必要はないと言われました。これで大丈夫なのでしょうか。次の妊娠のタイミングはいつ頃がいいのでしょうか。
(30歳主婦=女性)

A 流産は妊娠20週以前に胎児を失うことです。約80パーセントは12週以前に起こります。4回妊娠すれば1回は流産に終わる頻度です。あまりに初期に起これば(生理が少し遅れて多少いつもと様子が違うような場合)流産と気付かずに終わってしまうこともあります。また年齢とともにいくらか起こりやすくなります。20代なら14パーセント程度の発生率なのが、30代後半から40歳前後だと20〜25パーセントの発生率になります。

症状

最も明らかな症状は出血です。痛みを伴うこともあります。20〜25パーセントの妊婦は妊娠初期に多少の出血を経験します。うち約半数は無事出産することができます。目安として、出血量が多かったり、痛みがひどければ流産に終わる可能性が高くなります。

・稽留流産(Missed miscarriage):子宮の中での成長が止まってしまっていても出血は数週間後でないと起きない場合です。つわりや乳房の張りなどの妊娠症状はなくなります。

・枯死卵(Blighted ovum):胎嚢だけがあり、中に胎児が見られない場合をいいます。枯死卵でも出血を伴います。

・切迫流産(Threatened miscarriage):出血があっても妊娠が続いている状態をいいます。

・不可避流産(Inevitable miscarriage):出血や痛みも増し、子宮口が開いているような状況です。

・不完全流産(Incomplete miscarriage):妊娠産物が一部子宮に残っている場合で、処置をとらないと出血が長く続いたり、多量出血がおこる危険もあります。

流産の原因

極端に無理をしたりきつい仕事をしたからという理由で流産は起こりません。妊娠中に取った行動が何らかの原因で流産したのではないかと罪悪感に駆られる必要はありません。原因は大きく分けると胎児の異常と母体の異常とに分かれます。

*胎児 ほとんどの場合は胎児の染色体異常が原因です。流産した胎児の染色体を調べると60〜80パーセントに染色体異常が認められます。胎児の染色体異常は偶然起こるもので、生存に適さない胎児が自然の選択で流産に終わるものと言えます。母体要因がなければ妊娠を繰り返すうちに成功し、出産に結びつきます。

*母体 連続して流産を繰り返すほど母体に異常がある確率が高くなります。2回連続して流産した場合は次のような異常がないかを検査することが考慮されます。

染色体異常:胎児の染色体ではなく、両親の染色体を調べます。外見上の異常がなくても人の何パーセントかは染色体異常を持っています。

内分泌異常:甲状腺の異常、糖尿病、高プロラクチン血症など。

自己免疫異常:抗核抗体、リウマチ因子、抗リン脂質抗体など。このような抗体を持っていても無症状であったりSLE(全身性紅班性狼瘡)のような疾患があることもあります。

子宮の異常:子宮奇形、中隔子宮、子宮筋腫、頚管無力症などを超音波検査などで調べます。


日豪プレス何でも相談

 

鳥居 泰宏(とりい やすひろ)
ノースブリッジ・ファミリー・クリニック

 

メルボルン大学医学部卒。日本人在住者の多いシドニー北部ノースブリッジで一般開業医を始めて29年。穏やかな語り口が印象的な優しい先生として知られる

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せいただいたご相談は、紙面に掲載させていただく場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る