目に不快を感じ病院へ…。眼瞼炎(がんけんえん)と診断されたら?

日豪プレス何でも相談

医療

Q

目に不快感があり、涙目が気になるので、眼科へ行くと眼瞼炎(がんけんえん)と診断されました。これは、深刻な目の病気なのでしょうか。(50歳男性=会社員)

A

眼瞼の辺縁の炎症を眼瞼炎と言います。急性のものは2週間ほどで自然に治まりますが、ほとんどの場合、慢性の疾患です。再発しやすく、治りにくい病気です。眼の不快感を感じたり、外見面が気になるかもしれませんが、通常、角膜が傷付いたり、視力に影響することはほとんどありません。

原因

目とまぶたの構造
目とまぶたの構造

湿疹や脂漏性(しろうせい)皮膚炎の人は、比較的なりやすいようです。前方眼瞼炎(Anterior Blepharitis)では、まつげの毛穴にブドウ球菌が繁殖して起こったり、脂漏性皮炎によるフケが原因となることがあります。

後方眼瞼炎では、マイボーム腺(Meibomian Gland=脂質のバリアを作る腺)が詰まってバクテリア感染し、炎症が起きます。これによって、作られる涙の組成が変わり、眼を潤して、すっきりとリフレッシュさせる効果が低下します。ウイルス感染やアレルギー反応で、起こることがあります。

まつ毛の毛穴に感染症が起き、痛いできものができることを、ものもらい(Stye)と言います。マイボーム腺が化膿して腫れる状態を霰粒腫(さんりゅうしゅ)(Chalazion)と言います。

症状

眼瞼炎の主な症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 涙目、赤目、かゆみ
  • 目の違和感、違物感
  • まぶたがくっ付く感じ
  • まぶたの縁に付く痂かひ皮
  • 頻繁なまばたき
  • 光に過敏になる
  • まつ毛の異常な生え方、抜け毛

治療

以下は、眼瞼炎に対する治療方法と治療期間の目安などの情報です。

  • 人工涙液(るいえき)や夜間に使う潤滑軟膏(なんこう)で、眼の乾燥を防ぐようにすれば役立ちます。これを長期間(最低3カ月)続けなければなりません。
  • まぶたの縁にたまった残屑(ざんせつ)や、油分を柔らかくするために温湿布を数分間押すようにし、当てておくとかゆみや灼熱感が和らぎます。上下のまぶたを、まぶたの縁に向かってマッサージすると、マイボーム腺の詰まりを緩和することができます。できれば、1日2回するようにしてください。これも長期間にわたる治療です。
  • まぶたの縁の清潔さを保つために、ベビー・シャンプーを温かめのお湯(約100ml)に数滴入れた液を清潔な布に浸し、その布で毎日そっとまぶたを拭うようにしてください。この作業をしやすくするために薬局で「Systane Eyelid Wipe」という便利な物を購入できます。
  • 抗生物質の眼の軟膏を、始めの2週間ほど就寝前に付けることもあります(下のまぶたの赤い部分と、まぶたの縁)。
  • 医師の判断により、ステロイドの点眼液あるいは軟膏も一時的に短期間使用し、まぶたの炎症を抑えることもあります。
  • 脂漏性皮膚炎が原因であれば、皮膚や頭皮の治療が必要となるかもしれません。

*オーストラリアで生活していて、不思議に思ったこと、日本と勝手が違って分からないこと、困っていることなどがありましたら、当コーナーで専門家に相談してみましょう。質問は、相談者の性別・年齢・職業を明記した上で、Eメール(npeditor@nichigo.com.au)、ファクス(02-9211-1722)、または郵送で「日豪プレス編集部・何でも相談係」までお送りください。お寄せ頂いたご相談は、紙面に掲載させて頂く場合があります。個別にご返答はいたしませんので、ご了承ください。


鳥居 泰宏(とりい やすひろ)
ノースブリッジ・メディカル・プラクティス

メルボルン大学医学部卒業。Northbridge Family Clinicを昨年閉院し、現在Northbridge Medical Practiceで診療中

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る