リューマチ性関節炎で治療をしています

健康 HEALTH

日豪プレス何でも相談

Q: リューマチ性関節炎で治療をしていますが、経過があまり良くなく、専門医から「TNF inhibitor」という比較的新しい薬を試してみてはとのアドバイスを受けました。新薬ということで多少不安もありますので、この薬について教えてください。
(35歳女性=主婦)

A: TNF 抑制薬(TNF inhibitor):

最近開発された生物学的(Biological)DMARD*(疾患修飾抗リウマチ薬)で、「Methotrexate」のような第一線薬であまり良い効果が得られなかった場合に使われます。新しく開発された薬なので比較的高価です。

*DMARD−disease-modifying antirheumatic drug

 

現在オーストラリアで使用されているTNF抑制剤:

名称 投薬ルート 投薬頻度
Infliximab 系静脈注入 始めは0、2、6週、その後8週ごと
Infliximab 系静脈注入 始めは0、2、6週、その後8週ごと
Etanercept 皮下注射 1・2週に1度
Adalimumab 皮下注射 2週ごと
Golimumab 皮下注射 4週ごと
Certolizumab pegol 皮下注射 2週ごと3回、その後 4週ごと

TNFとは「Tumour necrosis factor (腫瘍壊死因子)」の略です。リューマチではTNFαという炎症を起こすサイトカイン*が放出され、あらゆる連鎖反応を起こしながら軟骨を分解したり、骨を浸食したりします。これによって関節の組織に徐々に損傷が起こります。

TNF抑制薬はTNFαの活性化を遮断する効果があり、滑膜*や軟骨、骨の炎症を抑えることができます。Methotrexateと併用するとより効果があるようです。

TNF抑制薬を投与された患者さんの3分の2は何らかの臨床面での向上が見られます。その内3分の1の患者さんは効果が見られないことがありますが、TNF抑制薬の種類を変えることによって反応が見られる場合もあります。

*サイトカイン−−種々の細胞から分泌されるおびただしい数のホルモン様低分子蛋白の総称

*滑膜−−関節腔の内面に沿って存在する結合組織膜で、滑液を生産する。骨の関節軟骨の部分を除く全内面を覆っている

 

TNF抑制薬の副作用:

 

*注射部の赤み、腫れ

ほとんどは自然に治まります。

 

*注入後の反応

24時間以内に頭痛、吐き気、めまい、動悸などが起こることがあります。24時間から2週間、筋肉痛、関節痛、倦怠感、発疹などの副作用が起こることもあります。治まらないようでしたら副腎皮質ホルモンの投与かTNF抑制剤の投与を中止しなければなりません。

 

*感染症

皮膚や軟組織の感染症が起こりやすくなるようです。

 

*癌

皮膚癌、あるいはリンパ腫のリスクがわずかに高まるかもしれませんが、確実なデータはまだ得られていません。

 

TNF抑制剤と予防接種:

水疱瘡、経口ポリオ、風疹、おたふく、麻疹、黄熱などの生ワクチンはTNF抑制剤を投与している間は使えません。

 

TNF抑制剤の処方に関する制限:

この薬はリューマチ専門医、あるいは臨床免疫学の専門医でないと処方できません。従来のDMARD(Methotrexate やsulfasalazine)で最低6カ月の治療を試みて効果がなかった場合に初めて処方できます。ただし、TNF抑制剤は初期リューマチによく効き、慢性化したリューマチ症状にはあまり効果は期待できません。よってリューマチの診断がはっきりすれば関節に回復不能の変化が起こる以前になるべく早めにDMARDの治療を試してみることが大切です。そうすればDMARDが失敗した場合にTNF抑制剤を使う時間的余裕ができます。


何でも相談

鳥居 泰宏(とりい やすひろ)
ノースブリッジ・ファミリー・クリニック

 メルボルン大学医学部卒。日本人在住者の多いシドニー北部ノースブリッジで一般開業医を始めて19年。穏やかな語り口が印象的な優しい先生として知られる

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る