最近、ふけが増えてきてしまいました

Q 最近ふけが多くなり、色の濃い服を着ていると目立って仕方がありません。どう対処したらいいのでしょうか。
(35歳会社員=男性)

 

A ふけは頭髪中に存在する白色または灰色の鱗屑(りんせつ)、表皮の過度あるいは正常なぬか状剥脱により生じるものです。人間の皮膚は絶えず表皮が新しく作られ、古くなったものは剥がれ落ちます。このプロセスは頭皮が一番活発です。ふけは通常より大きめの鱗屑が毛根にくっつき、そこで油やほこりを蓄積した後、服の襟や肩に落ちたものです。それに伴ってかゆみがあることもあります。

ふけの原因

最もよく起こるのは表皮の過剰生産と剥脱によるもの。この過程が平均よりも早い人はふけができやすくなります。もう1つの原因として脂漏性皮膚炎(Seborrheic dermatitis、主に顔、頭皮、そのほか脂腺分泌の多い部分に発する)という皮膚の疾患があります。この皮膚疾患はmalasseziaという真菌が繁殖し過ぎて皮膚の過剰生産を起こすものと考えられています。ですから抗真菌薬の入っているシャンプーが効果があるようです。

ふけの対処

(1)毎日数分間頭皮をよくマッサージして血流をよくし、死んだ表皮を緩める。強くブラッシングをして
 鱗屑を取り除く。
(2)ふけ対処用の医薬シャンプーを定期的に使う。Ketoconazole、selenium sulphide、zinc pyrithione、salicylic acid、coal tarなどが含まれているシャンプーが適切です。
(3)油気の多い髪の場合、レモン・ジュースかリンゴ酢を水で薄めた液でリンスすると効果があることもあります。
(4)頭皮が乾燥している場合は週に1回オリーブ・オイル、ヒマシ油(Castor oil)、あるいはアマニ油(linseed oil)を髪と頭皮にマッサージして擦りこみ、熱いタオルを最低10分間頭に巻いてみてください。その後頭を洗ってください。
(5)染色液などの髪用製品はなるべく使わないようにし、もし、シャンプーが合わないようでしたら違うシャンプーに変えてみてください。
(6)ストレスやネガティブな心境も影響しますので、もしストレスを感じていたらヨガなどのリラクゼーションを習ってみるのも役立つかもしれません。
(7)アマニ(Flaxseed)、evening primrose oil、総合ビタミン(亜鉛を含む)、ベータカロチン(Betacarotene)などのサプリメントも効果的かもしれません。

医師での診療

 

あまりにもふけがひどく、しかもひどい痒みを伴ったり脱毛も目立つようでしたら医師の診察を受けた方がいいでしょう。頭皮の炎症がひどければステロイドのローションが処方されることもあります。また、このような治療で治まらなければ、皮膚科での受診が必要となります。
 なお、医薬シャンプーでコールタールが含まれているものを使用した場合、一緒に売られているリンスかコンディショナーを使うことが大切です。コールタールの匂いを消す効果があります。また、コールタールを使用した場合、頭皮が日光に敏感になり、日焼けをおこす危険もありますので強い日差しは避けるようにしてください。


日豪プレス何でも相談

 

鳥居 泰宏(とりい やすひろ)
ノースブリッジ・ファミリー・クリニック

 

メルボルン大学医学部卒。日本人在住者の多いシドニー北部ノースブリッジで一般開業医を始めて29年。穏やかな語り口が印象的な優しい先生として知られる

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る