歯の亀裂や歯根破折を防ぐには?

医療 HEALTH

日豪プレス何でも相談

 
 
Q: 最近、歯医者に行った時に歯根破折が発見され、歯の抜歯をしないといけなくなりました。これを防ぐにはどうすれば良かったのでしょうか?
(38歳女性=主婦)

A: 最近、来診される日本人の間に頻繁に見られるのが以前に治療した詰め物が欠けてしまったり、割れてしまう状態ですが、その際、検査でさらに発見されるのが、歯に入っている亀裂や歯根破折などの症状です。


亀裂を初期発見するためにも検診は大事

詰め物が欠けてしまう原因は、歯が噛み合う部分の詰め物の分厚さが足りないことなどにあります。この場合、以前の詰め物と天然の歯を削り、より分厚い詰め物を作り直す必要があります。

さらに詰め物が割れたり欠けたりするだけではなく、天然の歯に亀裂が起きる場合もあります。これは大きな詰め物を入れたり、何度も詰め物を入れ直すと起きやすくなります。白いレジンなどの素材でできた大きな詰め物を入れたり、パッチワークのように何度も詰め直すのではなく、強度のある、ポーセリン・セラミックでできているインレー・セミクラウンや、デンタル・クラウンなどを使った治療をお薦めします。

 

歯の損傷を防ぐ方法

定期歯科検診を受けることによって、以前治療した歯や、詰め物などが弱っていることを発見できます。特に金属でできている詰め物は、コンポジット・レジン(歯科用プラスチック)やポーセリン・セラミックなどの詰め物とは違い、歯と結合しにくいため、歯が弱りやすくなり、亀裂が起きます。このような亀裂のウォーニング・サインは、歯科用マイクロ・スコープなどを用いることで初期発見することができます。

 

 


(左)歯の亀裂から歯根の亀裂に発展することも(右)歯根破折が起きると炎症や化膿などを引き起こす

歯に亀裂が入るとどうなる?

もし歯に亀裂が入ってしまうと、割れてできたひびから歯の神経に支障を与え、神経治療が必要になったり、歯根破折などが起こる恐れが出てきます。

もし歯根破折が起こってしまうとそこから炎症や化膿などを引き起こしてしまうため、その歯の抜歯を早急に行う必要があります。もし神経に支障がある歯や、歯根破折を長期放置していると、バクテリアなどが繁殖し、口内だけではなく、体中のさまざまな怖い病気を引き起こすきっかけにもなりかねません。

 

 


亀裂が見つかったらクラウンの治療を行いましょう

歯の亀裂や歯根破折を防ぐためにはどうすればいいか?

6カ月ごとにマイクロ・スコープを使った定期歯科検診を行うことをお薦めします。そしてもし、歯の亀裂が見つかれば、至急デンタル・クラウンや、セミ・クラウンの治療を早急に行うことが大切です。


何でも相談

ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科
(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア•シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・韓国・アメリカ・中国に提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る