治療済みの歯がまた虫歯になるのはなぜ?

Q 以前虫歯の治療して完治したはずなのに、また同じ歯が虫歯になってしまいました。なぜでしょうか。
(30歳会社員=女性)

 

A 虫歯の治療の時に使われる詰め物にはメタル、歯の色をしたプラスチック製の物やセラミックがあります。そして、歯の詰め物にはそれぞれ寿命があります。寿命に近づけば近づくほど、歯と詰め物の間に小さな隙間ができ始め、その隙間から細菌が入り再び虫歯になります。これを第2次虫歯と呼びます。2次虫歯になると歯に詰めていた詰め物が自然に取れてしまい、2次虫歯があるということを伝えてくれます。

新しいタイプのプラスチック製の詰め物は、削った歯の形に沿って隙間なく詰め物を接着することが可能なので、2次虫歯になりにくいのです。

しかし、それでも第2次虫歯になった場合、すぐに治療をすることをお勧めします。なぜならば、2次虫歯を放置すると、虫歯がどんどん悪化し神経までに達してしまうからです。そうなると歯に詰め物をする治療だけではなく、神経治療をしなくてはならない事態を引き起こします。ではどうやって歯の詰め物を長持ちさせられるのでしょうか。

1. 定期的に歯科検診を受け、レントゲンは最低でも2年に1回は撮りに行くこと。
 虫歯の詰め物が小さければ小さいほど2次虫歯になりにくいので、虫歯の早期発見は重要です。できれば、歯科検診はマイクロスコープを完備している歯科医院へ行きましょう。より精密で効果的な診断をしてもらうことができるので、お勧めします。

 

2. 自分の虫歯治療にあった詰め物を選ぶこと。
 虫歯が小さい場合、通常プラスチックの詰め物をします。しかし、虫歯が大きく歯をたくさん削らなければならない場合にプラスチックの詰め物を使用すると2次虫歯になる確率が高くなります。

 

3. ウォーター・フロスの使用で2次虫歯の予防をすること。
 ウォーター・フロスを使用すると、ブラシを使用した歯磨きだけでは取ることが難しい歯垢や食べかすを手軽に除去することができます。


ノックス・キム院長
シティ・ワールドタワー歯科(Dental Clinic @ World Tower)

オーストラリア・シドニー大学歯科学部を卒業。キャンベラやストラスフィールドで勤務した後、03年にワールドタワーレーザー歯科を開院(東京・大阪・名古屋・千葉・京都・アメリカに提携クリニックあり、医療法人徳真会グループ)。一般歯科治療のほかにも多くの歯科関連資格を保持。インビザライン特別推薦ドクター。ジャパン・インビザライン・フロンティア・メンバー、東京臨床協会(SJCD)、アメリカ審美歯科学会会員。シドニー大学臨床講師。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る