医療・健康機関ガイド付き 医療特集2019③その他

医療・健康機関ガイド付き 医療特集2019

その他
Physiotherapist/Psychologist/Counsellor/Naturopath

体の「痛み」の治療法としては、フィジオセラピーという有効な選択肢がある。フィジオセラピストは、患者自身が行えるトレーニング方法などのアドバイスも提供してくれる。また、慣れない海外生活ではストレスがたまり、心が疲れてしまうことも少なくない。心の不調も体の不調と同等という認識が定着しているオーストラリアでは、心理カウンセラーやセラピスト(心理療法士)、サイコロジスト(臨床心理士)のカウンセリングを受けることも一般的だ。他にも、自然治癒力を高めることで治療する自然療法、ナチュロパシーなど、必要に応じて各スペシャリストに相談することをお勧めする。

メトロ・フィジオセラピー
Metro Physiotherapy and Injury Clinic

  • フィジオセラピー
  • シドニー

16年の治療技術に経験と実績あり

筋骨格系治療のスペシャリストの奥谷先生の腕前は確か
筋骨格系治療のスペシャリストの奥谷先生の腕前は確か

世界でも数少ない顎(がく)関節症専門の治療提供でも定評がある同院では、オーストラリア国内でも治療技術が高く評価されているAPA認定筋骨格系理学療法士による治療を受けることができる。体を動かすために大切な筋肉や関節の状態や、日常で取っている姿勢をフィジオセラピーでチェックするのがお薦めだ。特に体のどこかに痛みを感じている人は早めに治療を始めよう。


午前
午後

■診療時間:月・火・木・金・土9AM~7PM、水・日・祝休
■電話予約受付時間:月~土8AM~8PM


■住所:406A, Level 4, 250 Pitt St., Sydney NSW ■Tel: 0414-272-440 ■Email: info@metrophysiotheray.com.au ■Web: www.Metrophysiotherapy.com.au ■日本語:予約、診察 ■利用可能カード:BANK CARD、MASTER、VISA ■保険:海外旅行保険、OSHC、その他プライベート保険各種、労災、Medicare(Chronic Disease Management Planのみ有効)■備考:プライベート保険のカバーは各自の契約内容に応じて

シドニーこころクリニック
Sydney Cocoro Clinic (Psychologist Shiori Yano)

  • カウンセリング
  • シドニー

日本人臨床心理士のカウンセリング

ワーキング・ホリデーや学生へのカウンセリングも多数実施している、日豪両国での経験豊かなやの先生
ワーキング・ホリデーや学生へのカウンセリングも多数実施している、日豪両国での経験豊かなやの先生

シドニー・シティー中心部に位置する「ワールドシティ日本語医療・歯科センター」内で診療を行っているやの先生は、カウンセリング経験が通算26年の医療資格を持つサイコロジスト。日本とオーストラリア両国の資格を持ち、ワーキング・ホリデーや学生から永住者・駐在員まで個人カウンセリングの豊富な経験があるベテランだ。カップル・カウンセリングや家族療法、子どもの日本語での発達検査やプレイセラピーなども実施しており、一般開業医(GP)の紹介があれば、海外旅行保険やOSHC、メディケアで全額カバーができるので、財布にも優しい。豊かな診療経験から導き出された各種療法で症状が治るだけでなく、将来にわたって役立つセルフ・ケアのアドバイスも提供してくれるため、心強い。

ここに注目!

❶初回45分の体験カウンセリング
 本格的なカウンセリングの前に下見をしたい、保険適用対象となるためまずはG Pに会う紹介状が欲しい、そんな人はトライアル・カウンセリングで同クリニックの施設や診療について知ることができる。

❷定期的に心理学ワークショップを開催
 ワーキング・ホリデーや学生は参加無料の心理学ワークショップも積極的に開催。2月27日(水)午後4時からワークショップ「心理を専門に」が行われる(要予約)。また、4月から全10回のマインドフルネス瞑想グループを開講予定。

やのしおり先生のプロフィル
 日本とオーストラリア、両国の臨床心理士の資格と経験を持つ。2000年の開業以来、多数の在豪日系人のカウンセリングで信頼を得、シドニーの全日系医療センターから紹介例あり。穏やかな人柄だが、ジム通いが趣味で筋肉質


午前
午後

■診療時間:月~土9AM~9PM(完全予約制)
■電話予約受付時間:月~土8AM~10PM


■住所:Level 1, 722 George St., Sydney NSW(ワールドシティ日本語医療・歯科センター内)■Tel: 0416-006-835 ■Email: sydney@cocoroclinic.com ■Web: blog.nichigopress.jp/sydneycocoroclinic ■フェイスブック:「シドニーこころクリニック」で検索 ■利用可能カード:BANK CARD、MASTER、VISA ■保険:プライベート保険各種 ■日本語:予約、診察(英語も可)■備考:自宅や施設訪問も可。保険カバーでパース、キャンベラ、メルボルンなど出張カウンセリングも実施

シドニーの日本人ナチュロパス
Japanese Naturopath in Sydney

  • 自然療法
  • ピアモント

明るい部屋で、心地良く受診できる

リラックスして診療を受けられるクリニック
リラックスして診療を受けられるクリニック

10年以上自然療法に携わる、日本人ナチュロパスの診療が受けられる同クリニック。ハーブ療法や栄養療法、アロマ・セラピー、フラワー・エッセンスなどの自然療法で体の不調を改善・緩和してくれる。中でも、生理痛や肌疾患で悩んでいたり、妊娠準備中の人に定評がある。友人紹介キャンペーン、ワーキング・ホリデーや学生ビザの人たちへの特典も随時実施中。


午前
午後

■診療時間:【完全予約制】月~金午後のみ、土曜日午前のみ、日・祝休
■電話予約受付時間:24時間(テキスト・メッセージのみ)


■ 住所: 診療予約時に別途連絡 ■Email: jpnaturopathinsyd@gmail.com ■Web: jpnaturopathinsyd.blog.jp ■保険:プライベート保険各種使用可 ■備考:ワーキング・ホリデー・ビザや学生ビザで滞在の人に特別料金あり。ツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ラインのフォロワーにも特典あり。予約、診察は日本語可

イーストサイド・カウンセリング(さとうかおる)
Eastside Counselling (Kaoru Sato)

  • 心理カウンセリング
  • シドニー/ダブル・ベイ

丁寧で幅広い心理カウンセリング

心のケアの専門家と落ち着いた心地良い空間で、温かなカウンセリングが受けられる
心のケアの専門家と落ち着いた心地良い空間で、温かなカウンセリングが受けられる

シドニー中心部のタウン・ホール・クリニック内とダブル・ベイの2カ所で開業している心理カウンセラーのさとうかおる先生は長年のキャリアを持つベテラン。箱庭療法、ナラティブ・セラピーなど幅広い手法でのカウンセリングを提供している。日本語で優しく丁寧に悩みを聞き、状況に最適な手法で、それぞれの中に既にあるスキルや解決能力を高めながら回復を促してくれることで定評があり、リピーターも多い。個人・カップル・家族カウンセリングを行っており、対面はもちろんスカイプでも対応可能。専門家による「心のケア」と聞くと少し敷居が高いと感じる人でも、ストレス解消や思い込みを手放すことで、自身のスキルを仕事や日常生活にフルに生かすことができるだろう。まずは相談してみよう。

ここに注目!

❶便利な立地2カ所での開業
 シドニーのタウン・ホール駅から徒歩5分の所に位置するタウンホール・クリニック内とエッジクリフ駅より徒歩7分、2時間まで路上駐車が可能なダブル・ベイの2カ所でカウンセリングを受けることができるので通いやすい。

❷個人とカップル、双方の対応が強み
 豪政府認定の資格を保持し、在豪36年のかおる先生は、個人そしてカップル・カウンセリングを得意としている。海外生活の疲れやストレス、異文化などから生じる夫婦間の摩擦を感じたら、悩みを抱え込まず専門家に相談を。

さとうかおる先生のプロフィル
 シドニー大学大学院哲学科修士、カウンセリング&サイコセラピー修士など数多くの学位を取得。政府認定の心理カウンセラー/心理療法士、オーストラリア連邦サイコセラピスト・カウンセラー協会臨床会員でもある。


午前
午後

■診療時間:10A M~7P M(●ダブル・ベイ、○タウン・ホール・クリニック)
■電話受付予約時間:9AM~9PM


■住所:Level 4, 50 York St., Sydney NSW/2 Cooper St., Double Bay NSW ■Tel: 0418-656-228 ■Email: eastsidecounselling@bigpond.com ■Web: www.eastsidecounselling.com.au ■保険:海外旅行保険可、プライベート保険一部可 ■日本語:予約、診察 ■備考:キャッシュ、ネット振込、海外旅行保険キャッシュレス可(要診断書)、土・日の診療は要相談(全て要予約)、Eメールの予約受付24時間可

オーストラリアの救急車事情

日本では救急車の利用は無料だが、オーストラリアでは基本的に有料でメディケアでもカバーされない。更に救急車は、緊急とさほど緊急でない場合、またNSW州では居住者と非居住者の場合で金額の設定が異なる。QLD州では居住者の条件を満たしていれば救急車を呼ぶのには費用が掛からないなど、州による違いもある。
 例えばNSW州の場合、救急車を緊急で利用する居住者の場合は、基本料金が357ドル、走行距離1キロにつき3ドル22セントが加算され、最高で5,971ドル必要になる。非居住者の場合は、基本料金が700ドル、走行距離1キロにつき6ドル31セントだ。ちなみにメディケアでは救急車は適用外だが、留学生用健康保険では通常カバーされる。
 緊急車両の使用料金や条件は州によって異なるので、万が一に備えて、自分が暮らす州で救急車の利用にどれくらい費用が掛かるのか、また自分の加入している保険が救急車の費用をカバーしているかどうかを確認しておこう。


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る