ママのためのヨガ「セツバンダアーサナ(橋のポーズ)」

ママのためのヨガほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

セツバンダアーサナ(橋のポーズ)
胸・首・背骨のストレッチ、脳の休息、腹部組織・肺・甲状腺の活性化、疲労した脚の活性化、消化の改善、不安・背中の痛み・頭痛・不眠症の軽減、ぜんそく・高血圧・骨粗しょう症・副鼻腔炎の治癒

このポーズは、お腹を逆転しながら伸ばすことで内臓機能を整え、胸を開き、肺の機能も高めます。更に肩甲骨が引き寄せられ胸を開くことで猫背を改善し、腰痛の緩和にもとても効果的なポーズ。ぜひベッドの上などでも気軽にやってみてください!
 まず仰向けに寝ます。次に両脚を軽く腰幅くらいに開いたら両ひざを立てます。ひざ下にかかとが来るくらいのところまで曲げましょう。足はハの字にならないよう平行に保ちます(初めのうちは足が見えないので、これが意外と難しいです)。手のひらは下に向け、体側に置きます。両手で床を押し、さらに両肩で床を押し、胸を開きます。ここまでできたら、息を吸いながらお尻を床から持ち上げます。太ももと骨盤の両方を持ち上げましょう。この時、ひざの間がどんどん開かないようにしっかりと足の裏全体(特に足の親指側)をマットに押し付けるようにして下さい。そこからマットの上で手を組みます。肩甲骨をグイグイと引き寄せるように意識するとやりやすいです。その位置で何度か呼吸を繰り返します。手をほどいてから次の吐く息と共にまずお尻を下ろし、そして胸の力を抜きましょう。足を楽な状態にして休みます。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

完成形のセツバンダアーサナは手を組みますが、このポーズがきつい人は手を結ばなくても大丈夫です。手のひらを下に向けマットの上に置いたまま呼吸を繰り返してください。また、ひざの間を平行に保つのが難しい方はひざとひざの間にクッションなどをはさむと、ひざが開くのを防ぐことができますので試してみてください。

顔ヨガにも挑戦してみよう!

「肌のハリがなくなる」「ほうれい線ができる」…これらの最大の原因は顔の筋肉の衰えにあります。顔も運動を怠れば筋肉組織が薄くなって衰えます。逆に、顔の筋肉だって鍛えれば確実にリフトアップされ、たるみが解消できるのです。顔には50種類もの筋肉が存在していて、表皮や脂肪を支える「顔の土台」となっています。
 顔の筋肉は他の筋肉と比べて非常に薄く繊細なので、効果も出やすいと言われています。

舌ワイパー運動
 舌の筋肉を鍛え、あご周辺のお肉を燃焼させる動きになります。
 まず頭を後ろに倒し、あごを持ち上げのどを伸ばします。次に舌を出して舌先を三角にしたら、そのままの状態で舌を左右にゆっくりと移動させます。初めは舌先を三角にするのが結構難しいかもしれませんが鏡で見たりして練習してみてください!

ヨガにまつわるお話

「病気」

気の病(やまい)と書いて「病気」。私たちはなぜ病気になるのでしょうか?時に、人は自分で病気を作り出します。心の中の怒り・憎しみなどのエネルギーは、細胞レベルで体を攻撃し、病気となって現れてきます。私たちの思考の1つひとつが、肉体に影響を与えるからなんですね。

ちなみに私たちの体は60兆個の細胞からなり、1秒間に50万個の細胞が生まれ変わると言われています。皮膚の細胞は4週間で新しくなり、胃の内膜は5日ごと、肝臓の細胞は6週間ごと、骨格の細胞は3カ月ごとに入れ替わり、1年も経てば体のほとんどの細胞が替わると言われています。

つまりですよ、細胞に影響を与える心の中(気)の状態を最高の状態にすれば、ものすごい体になっちゃうと思いませんか!(笑)。

全てのケースがそうではないにしても、気の乱れというのが大きく病気に関係してくるということです。という意味では、病気は今の自分の気の状態を気付かせてくれる良いタイミングとも言えるでしょう。

とはいえ、病気は、ならないに越したことはありません!ヨガは、ただ体を動かすというだけでなく、呼吸によって気の流れを整え、体の1つひとつを感じ、見つめ、感謝するという時間を持つことでもあります。病気を未然に防ぐためには、自分を見つめる時間を持つことが大切なのですね。



ASUKA
ジャズやヒップホップを中心にダンス・インストラクターとして10年間活動した後、さらに自分の体を知りたいと思いヨガを始める。全米ヨガ・アライアンス(200時間)、UTLティーチャ−ズトレーニングなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラ近郊の自宅スタジオにて子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。 Web: earth-light-yoga.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る