ママのためのヨガ「うさぎのポーズ(ササンガーアサナ)」

ママのためのヨガほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

うさぎのポーズ(ササンガーアサナ)
血行促進。消化を促し老廃物を排出する。内臓を活性化させ、新陳代謝を活発にし細胞の働きを良くする。大臀筋のストレッチ。背骨の柔軟性を高める。腰痛や坐骨神経痛、更に不眠を癒やす効果もある。

頭頂部を下にするヘッド・スタンドは体全体に素晴らしい効果をもたらすことで知られています。しかし、ヘッド・スタンドは鍛錬の上に成り立つ非常に高度なポーズです。そこでお薦めしたいのがこのうさぎのポーズです。頭頂部にはたくさんの内蔵のつぼがありますので、そのつぼを刺激する効果も得られます。また、頭を下にすることで顔の血行が良くなるほか、肌のつやも良くなります。
 まず、四つん這いの姿勢を取ります。膝は腰幅に開きましょう。次に手の間あたりに頭頂部を付けます(ひたい側になりすぎると首に負担がかかるので、頭のてっぺんを意識してつけてください)。この時、お尻の位置は膝の真上辺りで下に落ちていかないように。そして両手を後ろで組んで息を吸いながら手を上げていきます。吐く息と共に少しずつ手がマットの方に下りていくのを感じましょう。力ではなく、呼吸に合わせると少しずつ肩や首周りが緩んでいきます。数回呼吸をして緩んだらまず手をほどいてマットに置き、お尻をかかとの上に下ろしたら上半身をゆっくりと上げてください。頭がクラクラする感じがある人は目を閉じてリラックスしてからポーズをほどいてください。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

完成形のポーズは強く頭に刺激がいきますので、非常に強いポーズに感じる人もいるかもしれません。前述の通り、ひたい側を付けると首を痛めてしまうので、必ず頭頂部を付けて首の後ろをまっすぐにするよう注意してください。その正しい位置でも手を上げると首に違和感のある方は手を上げずにマットの上に置いたままで行い、数回呼吸を繰り返したらおしりをかかとに下ろし、ゆっくりと上体を戻してください。首はあらゆるポーズで緩めたり強化されていきますので、ある程度緩めた上でやると良いかもしれません。しかし、貧血気味だったり、体調があまりすぐれない時は行わないようにしましょう。

顔ヨガにも挑戦してみよう!

眉間シワ伸ばし

 私もそうですが、眉間というのは力が入りやすくシワができやすい場所です。そこで、指で軽く眉間の端を引っ張り合い、シワにならないように癖づけてあげます。更に指がその状態のまま目を細めていき、眉間に力を入れずに目を細める訓練をしましょう。感覚を覚えたら手を離しても眉間にシワが寄らずに目が細められるかやってみましょう。

ヨガにまつわるお話

「何のためにヨガをする?」

人それぞれ自分なりのきっかけがあってヨガを始めたかと思います。
 私はダンサーとしてずっと身体を動かしていたので自分の身体を更に知りたいという気持ちからでした。そして、研修などを受けていく中で先生に言われた言葉が今でも心に残っています。「いろいろなポーズをしますけど、結局“このポーズ”を美しく正しくできるためにしているんです」え?この一見何の変哲も無い簡単そうなこのポーズのために必死にいろいろなポーズをしてるの?初めは意味が分かりませんでしたが、いろいろ知っていくうちに納得。そのポーズとは「座禅のポーズ」です。
 まず股関節や足首が堅いと足を組むことができません。腰や背中、お腹や首全ての部位が鍛えられ柔軟性がいないと背中をまっすぐの状態で座る続けるのは難しいです。そして背中がまっすぐでないと呼吸が全身にしっかり行きわたりません。全身に呼吸が行きわたることで気の流れを整えることが可能です。全てはこのポーズのために。そう考えると座禅というのがとっても尊いポーズに見えてきますね。
 確かに、座禅を組んでいる人の姿は仏の存在と重なりますよね。何か見えないものとつながっている、そんな印象を受けます。ぜひ、ヨガをする前後の自分の座禅の体や呼吸の違い、気持ちを感じてみてください。



ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web: earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る