ママのためのヨガ「マラーサナ(花輪のポーズ)」

ママのためのヨガほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

マラーサナ(花輪のポーズ)
足首の柔軟性を高め、足首の強化、ふくらはぎや太ももの引締め、鼠径(そけい)部(足の付け根)のストレッチに効果的。背中のストレッチ、肩の柔軟性アップ、腹部の引き締め効果も。

妊娠時のヨガの代表的なポーズなので、見覚えのあるママさんも多いでしょう。鼠径部を柔らかくし、足を強化するとても良いポーズです。日本ではかつて和式トイレでこの座り方をしていたものですが、欧米型の生活が入ってきていす社会になると共に、意外とこのポーズができないという人も多くなりました。
 決して難しくないのでぜひお試しを。まず足を腰幅に開いて立ちます。つま先は軽く外側に向けて開きます。次にお尻をマットに付けないようにしゃがんでいきます。この時、できればかかとをマットに付けた状態にしてください。どうしても辛い方はかかとが少し浮いた状態か、かかとの下にタオルなどを置いてサポートしてあげても構いません。
 そして、太ももを体より少し外側に開き両ひじを両ひざの内側に付けます。手のひらを合わせたら、ひじでひざを押し更に足を開いていくようなイメージで外側に広げます。
 この際、尾てい骨は床の方に、肩は十分に下げ、頭は天井の方に伸ばすようにし、お腹を丸めないようにします。腰や背中をしっかり伸ばした状態で、深い呼吸を数回繰り返しましょう。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

左記のポーズをやると痛くてつらいという人は結構います。ポーズを取る前に足首をほぐし、足のストレッチで柔軟性を高めておくことをお勧めします。かかとが浮いてバランスが取れないという人は、かかとの下にタオルを置くとバランスが安定します。
 また、背中がこわばっていたりすると背中を真っすぐ伸ばすのが難しいですので、写真のように手を前にして体も下に向けてあげます。ただし、手に重心が乗ってしまったりお尻が上がり過ぎないように、尾骨は常に床へ向いていることを意識しましょう。また、足やひざが中に入りす過ぎないように外側へ開いておきましょう。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

子どもとシーソー
 この動きは、お子さんと遊びながらできる楽しい運動です。まずお互いに向かい合う形で座り、足の裏と足の裏をピタっとくっ付けて、手をつなぎます。そこで息を吸って、吐いた時にどちらかが手を引っ張り、どちらかが前屈します。強く引っ張り過ぎないように注意しながら、交互に体を伸ばしてみましょう。手が届かない人は、ひざを軽く曲げた状態でやってみてください。

ヨガにまつわるお話

「神様からの借り物」

リフレクソロジストとして働いたことがあります。ダンスをしていたので体に興味があり、実際、足の裏から体を知るというのはとても興味深いものでした。多くの人を健康に導けたらという気持ちでしたが、徐々に自分の中に疑問が出始め、もっと違う方法で健康を伝えようとわずか半年で辞めヨガに移行しました。
 大きな理由は、長年運動をすることなく不摂生な生活を続けたにもかかわらず、足の裏を押してもらうことだけで健康になろうという人があまりに多かったからです。私は長年、自分の体と向き合い鍛え、更にヨガを始めたことで、自分の体を見つめることを怠る人は健康に向かうことは決してないと確信したのです。
 私たち人間の体というのは神様からの借り物です。借り物であるがゆえ、この体は私たちがこの世を去る時に神様にお返ししなくてはいけないのです。友達から借りた本をボロボロの状態で返す人はいないですよね。
 もちろん体は少しずつ衰えてくるものではありますが、大事にケアをすることで、ある意味きれいな状態でお返しすることは可能です。

「体は神様からお借りしただけのものである」ということをぜひ頭に入れて忘れないでください。それが自分を大切にし、自分自身に感謝をするということにもつながっていくと思います。



ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web: earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る