ママのためのヨガ「ワシのポーズ(ガルーダーサナ)」

ママのためのヨガほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

ワシのポーズ(ガルーダーサナ)
足首とふくらはぎの強化及びストレッチ、太もも、股関節、肩、背中上部のストレッチ、集中力の向上、バランス感覚の向上、全身の血流アップ、心身の調律を促しリラックスさせる、冷え性改善などの効果がある。

このガルーダーサナは、獲物を狙うワシのように視線を1点に集中して行うポーズです。力強さや動物的な感覚を覚える人も多いのではないかと思います。
 まず、タダーサナ(山のポーズ)で立ちます。ややひざを曲げて右足を持ち上げ、左足でバランスを取ります。右ももを左ももの上に重ね、右足の指を床の方へ向けて足を後ろへ押し、足の甲を左ふくらはぎの下の方へ絡めます。そこで左足でバランスを取ります。
 そして、両腕を真っすぐ前に伸ばしたら、胴体の前で左腕が上になるように腕を交差させます。ひじを曲げ、左ひじを右腕に密着させ、前腕が床に対して直角になるようにして両手の甲を合わせます。更にねじれそうな人は両手のひらを合わせて、強く押し合います。
 息を吐く時に、更にひじを下にして肩甲骨を広げるイメージで呼吸を繰り返します。この際、骨盤は正面を向くようにします。また、ひざに重心が掛かって負担が来ないように、尾骨を後ろに引っ張られるようにして上へ引き上げる力も忘れずに!ゆっくりと手や足のねじりをほどき、山のポーズに戻ったら、反対も同じように行いましょう。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

ガルーダーサナのポーズは足が二重にねじれない、手のひらが合わせられないなど、完成形までたどり着かない人も多いと思います。
 まず足は一重、つまり、足を掛けるだけでもOKです。骨盤の向きだけ軸の足の方に傾いていくことが多いので、しっかりと正面を向くように気を付けましょう。また、手のひらを付けるのが難しい人は手の甲を付ける、もしくは合掌で大丈夫です。無理して手のひら同士を合わせようとすると手首を痛める可能性があるのでやめましょう。
 慣れていないと足や手をねじってのバランスを取ることも大変ですので、無理にひざを深く曲げなくても結構です。視点だけしっかりと1点に定め、足の裏で強く地面を感じて行っていきましょう。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

「肩緩め運動①」
 肩や背中が固まってるという時にお薦めの運動です。どこでも気軽にできるので公園やお家などで行ってください。まず壁に向かって立ちまっすぐ肩の高さくらいに腕を伸ばし壁に手を付きます(手首を床と直角に)。そこからゆっくり手の方向と反対に体を向けるように立ち位置を移動させます。肩が上がらないようにして、しっかり深い呼吸で緩めます。

ヨガにまつわるお話

「シフトする時」

先日、友人が大自然の中で感じたという思いを綴っていて何だか胸にぐっと来たのでお話しさせて頂きます。「今の状態が苦しく、落ち込んだり周りをうらやんだり責任を環境に求めて力不足を感じたり、責めたり、自分をさげすんでしまうのは、アイデンティティーや信念を一度捨て去り、新たに再生させるようなダイナミックなシフトが必要な時であり、恐らくその根底には、本来の自分自身が芽を出したい、能力を発揮したい、楽しみたいと望んでいるサインがあるからかもしれない」

落ち込んだ時は、そこから抜け出せないような感覚がしますが、これは本来の自分からの信号なのかもしれません。裏を返せば、新しい出発地点に今自分が立ってるという捉え方もできますね。信念を一度捨て去ることは、なかなか簡単ではないですが、実はそれをした先には全く違った世界が広がっているのかもしれません。

私も普段はガンガンと進む派ですが、いったん立ち止まってしまうと動けなくなるという期間がたまにあります。しかしそれを「シフトの時か!」と思考を変えてみると、どれだけ楽な気持ちになれるだろうかと実感しました。

行き詰った時には、目の前の問題ではなく、今自分の中にある常識や考え、信念を本当にそうなのか?それが自分の求めてるものなのか?問いただしてみると良いかもしれませんね。大きなシフト・チェンジをするには勇気が要りますが、それをした先には大きなギフトが待っている気がします。



ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web: earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る