ママのためのヨガ「ウパヴィシュタコーナアーサナ(開脚のポーズ)」

ママのためのヨガ

ほんの少しライフスタイルに取り入れるだけでも、さまざまな気付きを与えてくれるとして、大人気のヨガ。しかし、地道にクラスへ通い続けるのは忍耐がいるものです。ましてやママになると子育てに追われ、なかなか自分だけの時間を取るのは難しい——。そこでこのページでは、そんな忙しいママたちに向け、写真と分かりやすい解説で、自宅で1人でもできるようにヨガを伝えていきます。子育てのちょっとした合間でも、深い呼吸や体・顔のヨガをすることで良いリフレッシュに! 気軽に取り組んで、気持ちの良い毎日を始めましょう。

今回のポーズ

ウパヴィシュタコーナアーサナ(開脚のポーズ)

足の裏面のストレッチ、骨盤周辺の血行を良くする、ひざの痛みや足の疲れ、むくみを取る、血液の流れを良くし更年期障害や冷えの緩和、股関節周りを柔らかくする、坐骨(ざこつ)神経痛の緩和などの効果がある。

足を開脚した状態での前屈ポーズで、柔軟性が高まるほど非常に気持ち良くなっていくポーズです。骨盤や股関節が硬くなると老化が早まるだけでなく、背骨や内臓、神経系などあらゆる器官に影響を与えるので、こうしたポーズをこまめに生活の中に取り入れてみると良いと思います。また、いきなりこのポーズを取るのではなく、事前にしっかりと股関節をストレッチして緩めてから行いましょう。
 まず、マットの上に両足を伸ばして座り、少しずつ無理のない所まで左右に足を開いていきます。猫背にならないように注意し、骨盤を立てていきます。次に、頭から腰までが一直線になるよう息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら手を少しずつ前に歩かせ、体を倒していきます。この時、両方のつま先を天井に向けるようにすると太ももが内旋するのが防げ、更に柔軟性が高まります。
 このポーズは体の一部分を床に着けることが目的ではないので、頭だけ下に向けて無理に着けようとせず、体が一直線であることを確認しながら行ってください。
 上半身を床に着け、両手を遠くに伸ばします。その状態で深い呼吸をポーズに送ります。

難しかった人はここからトライ!

軽減ポーズ

完成系のポーズのように上半身がぺったりと床に着く人は少ないかと思います。無理に体を押すと腰を痛める原因にもなるので、必ずしも下まで着ける必要はありません。座位で足を開く、このこと自体が難しい人はお尻の下に畳んだタオルを置くなどして高さを付けてあげるとやりやすいと思います。
 また写真にはありませんが、自分の前にいすなどを置き、そこに上半身を置く方法もあります。手を置く場合は、写真のように自分の限界の位置まで体を倒した所に置き、体を支えます。これも完成系のポーズと同じように両足のつま先を天井に向けると太ももがどんどん内側に入っていくのが防げます。深い呼吸でしっかり緩めます。

家事の合間のヨガ・エクササイズ

本格的にヨガの時間が作れなくても、家事の合間やお子さんと遊びながらでもできることはたくさんあります。そんな家事の合間にできる簡単なエクササイズです。

足漕ぎ運動
 まず、浅くいすに腰掛けます。少し後ろに上半身を倒し、肩の下辺りに手を置きます。この時、手に重心を乗せ過ぎるとお腹が緩むので、少しお腹を突き出すような気持ちで。次に両足を真っすぐ伸ばします(つま先も伸ばす)。そこから片足を体の方にゆっくりと引き寄せ、自転車を漕ぐように足を入れ替えてみましょう。足だけでなく腹筋やお尻が鍛えられているのが感じられるはずです。

ヨガにまつわるお話
「病気のお陰」

病気というと、なるべく避けて通りたい嫌なものというイメージですよね。

一方で、「大病を患ったことから生き方が変わり別人のようになった」「あの病気に自分は助けられた、教えられた」などと口にする人も多いと言われています。

最近、サウンド・ヒーリングのセッションを行っている関係で、たくさんの人の体の悩みと向き合う機会が増えました。話を聞くと、やはり行き着くところは体ではなく心の問題だったりするのです。その心の問題が積もりに積もって体に出る、つまり病気になるのです。病気は心や魂の代弁者に過ぎないのです。

心は見えないものですし、意外と気が付いてはいるけれど見ないふりをしたりする人も多いのです。気付いてしまったら、その現状を変えないといけない。そう思うと怖かったり、不可能だ!と考えてしまい、その問題を見ないようにして生きていこうとします。しかし、人は抑え込んだ感情や負担は体に現れてからやっと気が付いたり、現状を変えようと重い腰を上げたりするのです。

病気とは、その生き方ちょっと違うんじゃない? もう限界じゃない? と、自分が自分らしく生きれていないと教えてくれるありがたい存在なのです。病気になった時はふと立ち止まり、「一体この病気は私に何を伝えようとしてくれているのか」「自分はどう生きたら良いのか」と自分を見つめる時間にしましょう。病気が与えてくれたその時間を大切にし、感謝を持ちながらそれを乗り越えていけば、きっと新たな自分に生まれ変われるかもしれません。


ASUKA
ジャズやヒップホップのダンサーとして約15年間活動後、より深く自分の体を知るためヨガを始める。全米ヨガ・アライアンスなどの資格を取得後、2009年より東京で多くのヨガ・クラスを担当。現在は、マルーブラにある自宅スタジオで子連れもOKのヨガ・クラスを開催している。16年にはエコ食品用蜜ろうラップの会社を設立。Web:earth-light-yoga.com(Earth Light Yoga)、kokebee.com(こけびー)

ママのためのヨガ「クラウンチャーサナ(サギのポーズ)」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る