第2回 避けたい添加物“化学防腐剤・パラベン”

新連載

無添加のススメ

 

第2回 避けたい添加物“化学防腐剤・パラベン”

 

今回からは具体的に避けていきたい添加物についてお話したいと思います。その1つ目が「パラベン(paraben、パラオキシン安息香酸エステル類)」と呼ばれる化学防腐剤です。種類はメチル・パラベン、プロピル・パラベン、ブチル・パラベンなどがあり、強力な防腐効果があることから、実に9割以上の化粧品、日常使う洗剤、そして加工食品にまで配合されています。しかし、パラベンは劇薬のカテゴリーに入る非常に注意しなくてはならない薬品です。2005年、京都大学の研究結果でもパラベンを配合した化粧品がシワやシミなど、皮膚の老化を進めることが確認できたと発表されています。人によっては接触皮膚炎・アレルギー湿疹を起こす原因になることも分かっています。

配合する理由は、前途した通り強力な防腐効果があるため。大量生産して広く流通する場合には、どんな環境に長時間置いても腐らないという、製造側にとっての大きなメリットがあるからです。要するにパラベンを使用するというのは、製造技術者にとって一番楽な選択肢になります。加工食品に含まれるパラベンの安全性を主張するメーカーも多いですが、実際には吐き気などの症状も報告されています(ちなみにパラベンには致死量があり、体重1キロにつき約2.5グラムです。お子さんのいる家庭では特に注意してください)。

しかしながら実際のところ、ほとんどの人にこのような症状が現れることはありません。低濃度で使用されているので刺激はなく、安全な感じがするのが逆に恐い点でもあります。添加物を継続して取り込むことによって、1年後、2年後、人によっては10年以上後になって何かしらのトラブルに見舞われることがあります。悲しいのは、その時には添加物の害だと自覚できずに、自分の体質・コンディションの悪さだと思ってしまう点です。

ぜひ、これからご自身やご家族のために、選ぶものに含まれる成分をチェックするようにしてくださいね。

 


 

美肌作りの基礎&専門知識

■山岡生香 IKUKO YAMAOKA

美容研究家・化粧品開発者。無添加化粧品アイホワイトの研究・開発と販売を日本、オーストラリアで行う。企業や雑誌への美容指導、執筆、個人へのスキンケア指導なども幅広く手掛ける。福岡県出身、シドニー在住。
Web: www.i-white.net
Tel: (02)9279-1747

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る