【乙女修行】首・肩のコリを撃退!フィジオセラピーで姿勢美人

女を磨く、がんばる女子のためのコラム

続・乙女修行にいざ行かん

部員Zの女磨きレポート

首・肩の痛みを撃退して
フィジオセラピーで「姿勢美人」!

現代の暮らしに必須のパソコンやスマートフォン。便利だからとついつい使用時間が長くなり、首・肩の凝りや、そこから来る疲れ目や頭痛に悩んでいる人も多いのでは。部員Zもその1人としていつの間にか首や肩の凝りが常態化し、気付けば「温泉に行きたい」が口癖に。しかし遥か遠くの温泉よりもずっと身近なフィジオセラピーの治療院で、体の痛みの治療や相談が気軽にできると聞き、早速足を運んでみることに。

フィジオセラピーはただ体の痛みを取り除くのみではなく、痛みの原因を突き止め根本から症状を改善していく医療行為の1つ。運動によるけがや生活習慣などによる体の痛みを治療してくれると聞き、今回シドニー・シティ中心部にある「メトロ・フィジオセラピー」を訪れた。

オーストラリアの国家資格を持つフィジオセラピストの奥谷先生に迎えられ、まずは現在の症状や既往症などを用紙に記入し、それを元にしっかりと問診を受ける。首や肩の痛みについて伝えると、「普段パソコンを使う時のいすやモニターの位置」「キーボードと体との距離」「スマホを使う時の目線の高さ」などを尋ねられ、日頃の何気ない動作や設備の使い方がいかに無意識に体に負担を掛けていたかが明らかになった。

座った状態で、普段手元のスマートフォンに視線を落とす時の姿勢を取り、先生の指示通りに首の後ろ側の下部を自分の手で触ると、骨がボコっと張り出したような形になっていた。「お年寄りの曲がった腰にコブができてしまっているように、首もこのままの姿勢で放っておくと張り出した骨の周りが固くなってコブになります」と奥谷先生。恐ろしいことを聞き青ざめたが、再び先生の指示通りに首に手を当てたまま頭を首ごと起こすようにすると、指の下の骨の出っ張りはなくなり、首は平らに真っすぐになった。「これが正しい姿勢。パソコンやスマホを見る時間が長くても、1時間に何回か意識的にこの姿勢に戻してリセットすることで、コブの形成も防げて姿勢が改善され、肩や首の痛みも発生しにくくなります」とのこと。姿勢の改善前後でスマートフォンで写真を撮って見せてくれたが、その違いは一目瞭然。是が非でも姿勢に注意しようと気持ちが引き締まった。

診療台にうつぶせになり、症状のある部位に手技治療を受ける。同じ姿勢でいる時間が長いため頭蓋骨に近い頚椎の一部が圧迫されることで頭痛も起きやすくなっていると説明され、実際に患部を押されて納得。

施術後は頭がスッと軽くなっているのが分かったが、ただ治療を施してくれるだけでなく、自分でできるエクササイズの指導などが非常に充実しており、まるで専属トレーナーのようにトータルで健康をサポートしてくれるのがうれしい。リラクゼーションのためのマッサージと異なり、フィジオセラピーは体の機能そのものを改善するための根本的な治療。生涯付き合っていく自分の体だからこそ、正しい治療や指導を受けてきちんと向き合おう、と思えた中身の濃い40分間だった。

丁寧な問診の後、首の骨の位置を触って確認。悪い姿勢のままだとコブになりかねないため、早い段階での治療が重要だ。「今からならまだ改善できますよ」と聞き安堵する
丁寧な問診の後、首の骨の位置を触って確認。悪い姿勢のままだとコブになりかねないため、早い段階での治療が重要だ。「今からならまだ改善できますよ」と聞き安堵する
首と肩周りの手技治療は、骨や筋肉の位置を正してもらっているような心地。この部位の治療なら、肩を出しやすい服かキャミソールなどを着て行くと良さそうだ
首と肩周りの手技治療は、骨や筋肉の位置を正してもらっているような心地。この部位の治療なら、肩を出しやすい服かキャミソールなどを着て行くと良さそうだ
骨格標本を使って体の状態を説明してくれる奥谷先生。女性は少ない筋肉量で男性と同じ重さの頭部を支えており、胸の重さもあるため肩や首に負担が掛かりやすいそう
骨格標本を使って体の状態を説明してくれる奥谷先生。女性は少ない筋肉量で男性と同じ重さの頭部を支えており、胸の重さもあるため肩や首に負担が掛かりやすいそう
遊んでいるように見えるが、背中の大きな筋肉・僧帽筋を鍛える「アーム・リフト」というエクササイズ。12週間続ければ筋肉が落ちなくなり、肩や首を支えやすくなる
遊んでいるように見えるが、背中の大きな筋肉・僧帽筋を鍛える「アーム・リフト」というエクササイズ。12週間続ければ筋肉が落ちなくなり、肩や首を支えやすくなる
デスクでエクササイズ。いすに浅く腰掛け頭をデスクの天板の下に入れるようにし、首の後ろに手を乗せ、ひじはデスクの上に。コツをつかみ安全に配慮すれば1人でもできる
デスクでエクササイズ。いすに浅く腰掛け頭をデスクの天板の下に入れるようにし、首の後ろに手を乗せ、ひじはデスクの上に。コツをつかみ安全に配慮すれば1人でもできる

Metro Physiotherapy and Injury Clinic
■住所:406A, Level 4, 250 Pitt St., Sydney NSW(タウン・ホール駅から徒歩2分)■Tel: 0414-272-440 ■Web: www.metrophysiotherapy.com.au(日本語ページ有り)■診療時間:9AM~7PM(完全予約制)、電話予約受付8AM~10PM ■1セッション40分/105ドル、海外旅行保険の場合キャッシュレス・サービス対応可(予約時に要確認)。各種民間保険、OSHC適応可(契約内容による)。予約・診療ともに日本語・英語いずれも可

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る