第26回 美容液の使い方

今日から始めるアンチエイジング 美肌へようこそ !
第26回 美容液の使い方
美肌へようこそ!

 いろんな基礎化粧品がある中で、美容液というのがあります。“美容液”、“セラム”、“エッセンス”と呼び方はいろいろですが、今回はその効果と使い方について、みてみましょう。
 美容液は、美白、保湿、アンチエイジングなどの効果のある美容成分が高濃度で配合されています。普段お使いの化粧品に加えるだけで、肌の悩みをより早く回復させるスペシャル・ケアができるのです。
 肌を美しくするお手入れ方法の基本は、取り除く(洗顔用製品)、育む(化粧水)、与える(乳液、クリームなど)、守る(日焼け止め)の4つです。これらの基本のお手入れは、ちゃんとできているでしょうか。それぞれのスキン・ケア製品の使用量が守られているか、1度確認してみてください。普通サイズで販売している洗顔用製品、化粧水などは朝晩使用して1カ月半〜2カ月、乳液、クリームなどは2〜3カ月くらいで使い切る量になっています。スキン・ケアは、一番大切なのが使用方法と使用量なのです。これらをきちんと守ってから、スペシャル・ケアの美容液をプラスすることによって、よりいっそう肌に活力を与えることができます。
 美容液は、それぞれ使用方法が違いますが、ほとんどが、化粧水の後に使用します。オイルを含む乳液やクリームを使用すると、肌表面に膜ができ、水溶性の美容液が肌に浸透しにくくなります。また、何種類もの美容液を肌の悩みに合わせて使用している人も多くみられます。複数の美容液を使用する時はまず、美白美容液を使用してから、保湿美容液を使用することをお薦めします。また美容液の中には、基礎化粧品の化粧水、乳液などと違って、顔全体に使用しなくても、気になる部分だけに使用するものもあります。
 ひと口に肌といっても、部分的に肌質は違ってきますし、衰える早さも違ってきます。涼しくなるこの時期から、お肌をよりいたわってみてはいかがでしょうか。


美肌へようこそ!

著者プロフィル
西田智香子(にしだちかこ)

1989年資生堂神戸支社入社、99年4月来豪。03年資生堂オーストラリアに入社し、キャンベラをベースに営業・プロモーションを担当している
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
美容講習・メーキャップ指導についての問い合わせ
資生堂オーストラリア
Tel: (02)8762-8888

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る