海外赴任に伴う子どもの教育

Education Systems Q&A AUS教育システムのしくみ

日本とは異なる教育システムに戸惑うママ&パパの疑問・質問に専門家がズバリお答えします。

海外赴任に伴う子どもの教育

Q: 今年4月から夫がシドニーに駐在することになりました。中学生と高校生の子どもがいるのですが、子どもたちを一緒に連れて行くか迷っています。子どもたちは英語ができないので消極的ですし受験の心配もありますが、私は家族が一緒のほうが良いと思っています。どうしたらいいでしょうか。

今回は日本からのご質問です。お子さんの難しい時期に海外駐在となると、家族同伴で駐在するか、ご主人が単身赴任するか迷うところですね。

まずは、ご家族とお子さんの将来をイメージしてみてください。将来お子さんはどこで大学進学、または就職したいと考えていますか?ご主人はこれから先もオーストラリアを含め海外で駐在することになりそうですか?シドニー滞在は長くなりそうですか?現在のことだけでなく、家族それぞれの未来の選択肢もまた、判断の材料として欠かせません。

日豪それぞれの教育のメリット

今の時点では英語が苦手でも、オーストラリアには「Intensive English school」や「ESLクラス」など英語についてのサポートがあり、徐々に英語を克服できれば、将来チャンスが広がるということが分かり気持ちが変わってくるかもしれません。日本で高校や大学受験をすることになってもプラスになる要素はたくさんあります。

また、現在通っている学校や習い事などをやめることは将来的にプラスですか、マイナスですか?例えば日本でしかできない習い事をしていたり、特別な先生に師事していたりという場合は、日本に残ったほうがプラスになるでしょう。

個人の「性格」を考える

お子さんの性格も考えてみましょう。チャレンジ精神や好奇心が旺盛、細かいことを気にしないようなお子さんでしたら、海外の新しい環境の下でいろいろな人と出会い、日本と違う経験をして視野を広げられるチャンスだと思えば、行きたいと思うようになるかもしれません。海外に住むことのメリットを一緒に考えてみると良いでしょう。しかし、内向的で消極的、新しい環境が苦手なお子さんの場合、中学、高校から海外に転校というのがとても辛い経験となってしまうかも知れません。

いずれにしても、駐在予定年数、経済面などを考慮し、シドニーの生活面と学校の情報を収集して日本とのそれを比較し、家族でよく話し合うことが重要です。以下のウェブサイトの情報も参考にしてみてくださいね。

【参考サイト】
◆インテンシブ・イングリッシュ・センター
 Web: www.schools.nsw.edu.au/gotoschool/types/intensivecentre/index.php
◆ESLについて
 Web: www.schools.nsw.edu.au/gotoschool/a-z/esl.php
◆テンポラリーで滞在する人のための学校情報(日本語サイト)
 Web: www.decinternational.nsw.edu.au/study/schools/temporary-residents



内野尚子(うちのなおこ)
プロフィル◎96年よりシドニー在住。11年間ローカルの幼児教育機関で教師「Authorized Supervisor」を務める。元日本語補習校代表兼教師。幼児から大人のための総合教育センター「Universal Kids(旧子どもクラブ)www.universalkids.com.au」の代表。NPO日豪教育サポート・グループを通して在豪日本人のための現地教育のシラバスやバイリンガル教育の情報共有に努めている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る