AUS教育システム/取り出しレッスン

Education Systems Q&A AUS教育システムのしくみ

日本とは異なる教育システムに戸惑うママ&パパの疑問・質問に専門家がズバリお答えします。

取り出しレッスン

Q: 小学生の子どもが来年からバンドに入りたいと言っていますが、楽器はまだ習わせていませんし、楽器も持っていません。何もできなくても入ることができるのでしょうか?

皆さんも小学生の時の記憶があるかと思いますが、日本ですと4年生くらいから、ほぼ全員参加でクラブ活動をするようになります。学校時間内であったり放課後に行われたりしますが、基本的に学校の先生が教えてくれます。

一方、こちらの学校では、それぞれ力を入れているものが違ったりしますが、楽器演奏の「バンド」は大体どこの小学校でもあるようです。学校にもよりますが、入部資格は1年生からだったり3年生からだったりと多少の違いはあるようですが、空きがあれば誰でも参加可能です。

楽器も学校の物を貸し出してくれますが、場合によってはクラリネットのリードや口の部分のマウスピースだけは買わないといけないかもしれませんので、各学校のバンド・マネジャーに尋ねてみましょう。

さて練習ですが、いろいろな人に聞くと週に1~2日朝早く学校に行って、またはお昼休みなどに合同練習するところが多いようです。

ただ、個人での楽器の練習は学校の先生は見てくれないので、各自個人レッスンをアレンジしなければなりません。個人レッスンは、平日や週末に校外でレッスンを受けても良いですし、外部から学校に来ている音楽の先生に習うこともできます。


学校の時間内に個人レッスンをする場合は、先生の都合で時間や曜日などをアレンジしてくれます。ただし、レッスンは朝や昼の休み時間にするとは限らず、授業中でもクラスから取り出されてレッスンを受ける場合があります。その場合、レッスンをしている間の授業は抜けることになりますが、抜けた分をメイクアップしてくれるかどうかは授業をしている先生によります。ですから、授業を全部きちんと受けたいという人は、学外でレッスンを受けることをお薦めします。

取り出しレッスンは他にもあります。例えば算数が苦手な生徒、反対にとても良くできる生徒を対象に個人またはグループで取り出してその生徒に合ったレッスンをするのです。また、レッスンではありませんが、上級生が授業中に下級生の教室で勉強をサポートするという場合もあります。詳しくはお子さんの通う小学校の先生などに聞いてみましょう。



内野尚子(うちのなおこ)
96年よりシドニー在住。11年間ローカルの幼児教育機関で教師「Authorized Supervisor」を務める。元日本語補習校代表兼教師。幼児から大人のための学習教室「Universal Kids」の代表。Universal KIDSやNPO日豪教育サポート・グループを通して、在豪日本人のための現地教育のシステムや、バイリンガルなどの教育の情報共有に努めている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る