私立校と公立校

日本とは異なる教育システムに戸惑うママ&パパの疑問・質問に専門家がズバリお答えします。

 

私立校と公立校

 

Q: 1歳の子どもがいます。ママ友の中には既に小学校を決めている人もいますが、オーストラリアでは、私立と公立どちらの学校のほうが良いのでしょうか。違いはありますか?

学校を選ぶ場合、ロケーション、学費、教育の基礎となる宗教・宗派、施設、規模などさまざまな要素が選択するポイントとなりますが、公立私立の1番の違いはやはり「学費」でしょう。私立は学費が高い分、1クラス当たりの人数が少なく、学校のサポート体制や施設が良いと思います。しかし、公立でも教師やスタッフが良いサポートをする学校もありますので、一言でどちらが良いと言うのは難しいところです。

日本で学校を選ぶ場合に信仰を気にすることはあまりありませんが、オーストラリアでは入学願書や申請書にも信仰する宗教・宗派を記入する欄が必ずあります。家族が特定の宗派の敬虔な信者の場合、学校の宗派はとても大切な選択要素の1つとなるでしょう。

どのような学校かを調べるには、「Department of Education and Communities(DEC)」のウェブサイトや「The Australian Curriculum, Assessment and Reporting Authority(ACARA)」が運営する「My School」というウェブサイトから情報を入手できます。

DECでは主に公立学校についてロケーション、連絡先、規模、歴史などの簡単な紹介があり学校のウェブサイト・アドレスが載っているので、そこから学校の様子や校長先生の教育方針などを見ることができます。

My Schoolでは、私立を含めた全学校の情報を得ることができ、DECと同じ情報に加えて、スタッフの数、学校経営状況、さらに「NAPLAN(The National Assessment Program – Literacy and Numeracy)」と呼ばれる全国統一学力テストの詳しい結果なども知ることができます。

しかし、自分のお子さんに合っているのかどうかは、やはり自分の目で見、実際に通学している人の話を聞いて確かめるのが1番でしょう。どの学校もオープン・デーというこれから入学するお子さんのために1日学校を解放する日がありますので、ぜひ行って覗いてみましょう。もしオープン・デーに間に合わなくても、学校のオフィスに問い合わせると、スクール・ツアーと称して学校を案内してくれるプログラムを用意している学校があったり、そうでない所はアポイントメント制で案内してくれたりするので、ウェブで調べた上で候補の学校には必ず足を運ぶことをお薦めします。

以下、参考サイトをご紹介します。

●DECウェブサイト:online.det.nsw.edu.au/schoolfind/locator
●My Schoolウェブサイト:www.myschool.edu.au
●私立校に関する情報サイト:www.privateschoolsguide.com/Sydney-Private-Schools
●チルドレンズ・サービス・セントラル: www.cscentral.org.au / Tel: 1800-157-818
※日本語通訳が必要な場合は、131-450に電話をして通訳を頼むことができる。

内野尚子(うちのなおこ)

プロフィル◎96年よりシドニー在住。11年間ローカルの幼児教育機関で教師「Authorized Supervisor」を務める。元日本語補習校代表兼教師。幼児から大人のための総合教育センター「Universal Kids(旧子どもクラブ)www.universalkids.com.au」の代表。NPO日豪教育サポート・グループを通して在豪日本人のための現地教育のシラバスやバイリンガル教育の情報共有に努めている

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る