Do arithmetic 算数問題に挑戦!

算数問題に挑戦!

Do arithmetic
算数問題に挑戦!

◆今月の問題◆

算数問題に挑戦!

日豪和菓子店では日本の和菓子文化を広めるべく「日豪プレスまんじゅう」を作ることにしました。
日豪君とプレス君は、通っている「日プレ・スクール」で、まんじゅうの委託販売をして、お小遣い稼ぎをすることに。2人は、まんじゅう1袋を2ドルで販売し、1袋につき1.5ドルを和菓子屋さんに支払います。
また、空の袋を10個集めると、新しいまんじゅうを1袋プレゼントするというサービスを思いつきました。このまんじゅうをとても気に入った日プレ・スクールは、生徒にまんじゅうが行き渡るよう、月200ドルを費やすことに決定。
さて、日豪君とプレス君は、1年間でいったいいくらのお小遣いを稼げるでしょうか ? ただし、まんじゅうはすべてすぐに消費され、余りは出ないものとします。

■7月号の答え
模範解答
まず、日豪君とプレス君の2人の速さの合計を計算します。最初に2人が出会うまでに4分かかりました。その間に2人で泳いだ距離の合計は100メートル×2=200メートルなので、200メートル÷4=50メートル。
また、1回目に出会ってから、2回目に出会うまで、48秒かかりました。48秒=48÷60分=0.8分ですから、2人は2回目に出会うまでにさらに合計で50×0.8=40メートル泳いだことになります。
ということは、上の図の☆のところは、40メートルの半分の20メートルです。このプールは100メートルですから、★は100-20=80メートルになります。
第1回目に出会う前に、日豪君は、80+20+20=120メートル、ジョージ君は80メートル泳いだので、2人の速さの比は、120:80=3:2になります。つまり、日豪君はプレス君の1.5倍の速さで泳ぎます。プレス君は反対の壁に着くまでに100メートル泳ぐので、同じ時間だけ泳いだ場合には、日豪君の泳ぐ距離も1.5倍になるはずです。
したがって、100メートル×1.5=150メートルが正解です。

算数問題に挑戦!

答え:150メートル

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る