オーストラリアと日本のしつけ

Heritage Language 継承日本語教育を考えよう


オーストラリアと日本のしつけ


日本で一般的に奨励される基本的なしつけと、オーストラリアの学校教育で子どもたちが実地に身に着けてくる生活態度との間に矛盾を感じたことはありませんか?日本では、主にお行儀やあいさつの重要性、他人に迷惑をかけないこと、謙譲の精神、仲間との和を乱さず協調性を養うこと、などを基本として、子どもにしつけを行います。一方、オーストラリアの学校では、個性を生かすこと、自己主張をすること、積極性を養うこと、さらには自分と違う文化背景を持つ人への寛容性を養うことを主眼にした指導がなされているようです。

集団の中で仲間と仲良く協調しながら、集団内部の人に対する思いやりやマナー、集団内での責任感や帰属意識を高めることを目的とした日本のしつけと、あくまでも個人1人ひとりが、1個の人間として独立して積極的に個性を発揮し、その上でほかとの違いを認めながら他人との協調性を探るオーストラリアのやり方。どちらが良い悪いではなく、それぞれの歴史・社会・文化背景により培われてきたマナーや社会的態度だと思います。

けれども私たちの子どもたちは、日系である以上、日本語だけでなく、親である私たちを通じて日本の文化や社会的な生活態度に触れ、一方ではオーストラリアの学校や社会を通じてオーストラリアの文化・社会的な生活態度を学びます。その2つがかなり異なっていることにより、子どもたち自身が矛盾を感じることもあるでしょう。

継承日本語教育を考えよう

例えば、Year 6の私の娘は、日本に行くと祖父や祖母から、“お行儀が悪い”とか“わがまま”だと思われている部分が自分にあることを敏感に察知して、やや気にしています。「日本ではおとなしくてお行儀の良い子がいいと思われるけど、オーストラリアでははっきり自分が思ったことを言う子が先生に褒められるんだよ」と彼女は言います。確かにその通りです。娘は同じように振る舞っているだけなのに、一方では評価され、一方では非難されるわけですから、彼女としては混乱してしまうでしょう。

このような時は、やはり親としてきちんと説明することが必要です。まずは、2つの国の文化・社会的な違いによる生活態度の違いを認識できるようになったその成長を認め、褒めてあげるべきでしょう。その上で、日本は昔から集団の中に帰属して、その中で協調しながら仲間と力を合わせて共同作業を行う重要性に主眼が置かれてきた文化・社会的背景があることを説明し、「日本に行った時、日本語を話す時は、その文化・社会に合わせて行動できる賢さを身に着ける」ことを教えてあげましょう。一方、オーストラリアのように異文化が混ざり合う社会では、お互いの文化を尊重し協調しつつも、個々の個性を生かし積極的に行動することが大切なので、オーストラリアで生活し英語で話す時はそのような態度を身に着けていくことを奨励しましょう。

バイリンガルになることはバイカルチュラルになることです。話す言語によって社会的なマナーや態度を変化させることも、継承語を学ぶ私たちの子どもたちが学んでいくべき大切なことの1つです。そして言葉だけでなく、真に双方の文化を理解し、1つの価値観だけでなくいくつもの価値観を受け入れること、つまり異文化に対する認容性を養うことは、子どもたちの将来にとって大きな力になるはずです。


西牟田佳奈(JCS日本語学校ノーザンビーチ校教師)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る