子どもの日本語環境を整える

Heritage Language  継承日本語教育を考える

子どもの日本語環境を整える

オーストラリアで生活し、地元の学校に通う日系の子どもたちは、毎日英語で学習し、生活しながら、英語力とともにオーストラリアで生き延びるためのさまざまなスキルを身に着けていきます。そしてオーストラリアの文化や価値観、常識なども身に着けます。そうした日系の子どもたちの多くが、日本語を習得し日本文化を継承できるようにと、週末に日本語学校に通って来ます。

子どもたちの言語力は、どれだけその言語に接しているかによって決まります。周り中に日本語があふれる日本の子どもたちは、自然に日本語を習得し、話し言葉の基礎ができる小学校入学前ごろからひらがななどの文字を覚え始め、話し言葉で得た語彙や文法を使って、書かれた内容が理解できるようになっていきますが、オーストラリアで暮らす子どもたちが日本語を習得するためには、それなりの言語環境を整えることが必要です。親が努力して環境作りをしなければ、日本語を習得することはできません。

家庭での取り組みが重要なのはもちろんですが、日本語学習を提供しているさまざまな教育機関の中から、どれが一番子どもに適しているかを知ることも大切です。日本の教科書を使用し、日本と同じペースで進めて1年間で教科書を終わらせる学校もありますし、教科書の中から教材を選びゆったりとしたペースで取り組んでいる学校もあります。また、教科書ばかりではなくさまざまな教材を使って子どもたちのレベルに合わせた学習を提供している学校もあります。

以下は、昨年私が受け持ったクラスの1学期の学習の一部です。

子どもたちの日本語力は、1人ひとりの日本語環境がかなり違うためさまざまですが、子どもたちは常に想像力・創造力豊かに、力いっぱい生き生きと活動に取り組んでいます。

1学期は創作活動として自己紹介「僕のこと・私のこと」に取り組みました。毎週、違った内容で自分を見つめ、日本語でまとめ、最終日には保護者を招いて発表会をしました。「小さかったころ」「今の自分−学校・学年・好きなこと・得意なこと」「家族のこと」「大きくなったら」「友だち」とさまざまなことについて考え、身長や体重を計ったり手形を取ったりして、それらを日本語で大きな紙にまとめました。

子どもたちは現地の学校で多くのプロジェクトに取り組んでいますので、内容を考えることは問題ないのですが、それを日本語で行う場合には、言葉や言い方を考えたり漢字を使ったりと、多くの挑戦がありました。発表を終えた後の満足感あふれる笑顔が印象的でした。

日本の子どもたちと同じ日本語力ではないけれど、英語がしっかりと使えることの上に築き上げられる日本語の世界は、子どもたちの大きな自信につながっています。

■参考文献:アメリカで育つ日本の子どもたち
(佐藤郡衛、片岡裕子編著)


(文:シーハン宏子)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る