HSC日本語コースとは(第5回)

HSC日本語コースとは

HSC Japanese Course Q&A

HSC日本語コースとは(第5回)

HSC(ハイスクール卒業兼大学入学試験)日本語科目について理解を深めるための情報を、6回にわたりQ&A形式で紹介。
Q: 私には日本人の親がいますが、大学受験の時、日本語を科目として選択できますか ?

A: 
 NSW州ではハイスクールの11 年生と12年生で受講する科目が、 大学受験科目となります。受講 科目として日本語を選択する際、本人や親の 国籍や出生地、生い立ちは問われないことに な っ て い ま す 。し か し 、日 本 語 を 含 む ア ジ ア 4 言語については「Beginners」「Continuers」 「Heritage」「Background Speakers」の4コー スがあり、Background Speakersコース以外に は「eligibility criteria(履修条件)」があります の で 、志 望 コ ー ス の 履 修 条 件( 1 )を 満 た さ な い とそのコースを受講することはできません。各コースの履修条件は以下の通りです。

Beginners 中等教育で受けた日本語の授業が100時間以 内。日本語に関する知識は全くないかほとん どない。3カ月以上のホームステイなど日本 での実質的な経験がない。
Continuers 日本語が指導言語である学校で小学校1年生 以上の正規教育を受けたことがなく、過去10 年間に3年以上日本に住んだことがない。ま た教室外で日本語バックグラウンドを持つ人 と、日本語での持続的な会話をしない(2)。
Heritage 10歳以降、日本語が指導言語である学校で正 規教育を受けていない。
Background 履修条件なし。

(1)HSC日本語対策委員会による仮訳。(2)「日本語での 持続的な会話」は原文ではusing the language for sustained conversation with someone with background using the language.
履修条件の詳細はBoard of Studies NSW のサイトを参照 Web: www.boardofstudies.nsw.edu.au/syllabus_hsc/lang- eligibility-criteria.html
  日本語の授業時間数や正規教育を基準とし た履修条件は、国籍や出生地は問われないも の で す が 、C o n t i n u e r s コ ー ス の 「 教 室 外 で 日 本 語バックグラウンドを持つ人と日本語で持続的 な 会 話 し を て い な い 」と い う 条 件 は 、親 の 国 籍 や出生地が関わる条件です。日系以外の生徒が 家庭をはじめとする教室以外の場で日本語を常 時話す機会があることはほとんど想定し得ないからです。
  オーストラリアで生まれ育ち、今まで特に日本 語の勉強はしていなかったものの、親が日系で あるため家庭で日本語を話している生徒は、現 行の履修条件の下ではContinuersコースの履 修資格はないとみなされます。このような生徒 はHeritageコースの履修条件は満たせますが、 同コースの内容はかなり難易度が高く、家庭で 日本語を話しているだけでは難しすぎる場合が 多いため、日本語履修を諦めざるを得ない生徒 が出ています。
 名目上は親の国籍や出生地は問わないとされ ていますが、間接的には問われることを留意す る べ き で し ょ う 。ま た 、履 修 資 格 の 有 無 は 校 長 が 判 断 す る こ と と な っ て い ま す の で 、早 め に 校 長 と 相 談 を し 、選 択 科 目 を 決 定 す る こ と が 大 切 です。


HSC日本語コースとは
©Sydney Symphony

嶋田典子(しまだのりこ)
プロフィル◎HSC日本語対策委員 会代表。シドニー在住。JCS日本 語学校シテイ校の運営副代表を務 めた時にHSC日本語コース問題を 知る。2007年のHSC日本語対策委 員会設立から参加し、当初より代 表を務める。本職はオーケストラ 団員でバスーン奏者。
Email: hsc.taisaku@live.jp
Web: http://hscjapanese.web.fc2.com/index.html

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る