【PR】柔(やわら)指圧院「育児に疲れた時の駆け込み寺」

PR

疲れた時の駆け込み寺、そんな場所でありたい
育児に励む人たちの強い味方「柔指圧院」

昨年6月、シドニー北郊に位置するキャメレーにオープンした柔指圧院。日本式の指圧を提供する同院は、日常生活で起きるさまざまな体の不調を改善へと導き、骨盤矯正・姿勢矯正などの施術も行う。同院の特徴を始め、育児に励む人たちへのアドバイスやメッセージなど寺澤悠院長の熱い思いを伺った。

━━シドニーで指圧院を開業した経緯をお聞かせください。

日本で13年、柔道整復師、鍼灸マッサージ師として骨折・捻挫(ねんざ)などの外傷から、肩凝り・頭痛・腰痛・疲れなどの慢性疾患を診てきました。2016年に来豪し、2年ほど日系のマッサージ・クリニックに勤務していましたが、自分のこれまでの臨床経験を生かし、シドニーで日本式指圧を提供できる場、シドニー在住の人にとって身近な治療院を開きたいと思い、18年6月に柔指圧院を開院しました。

肩凝りや腰痛、頭痛、疲れ、ストレスなど、日常生活で起きるさまざまな体の不調や、スポーツ選手のけが、お子様の成長痛や運動によって起こる痛みなど、医療面接(問診)と医業の基本であるインフォームド・コンセント(説明と同意)を大切に、日本の柔道整復師の経験に基づいたアドバイスもしています。また、骨盤矯正や猫背、肩凝りへの姿勢矯正も大変好評を頂いています。

━━本格日本式指圧治療とは、具体的にどのような施術ですか。その特徴を教えてください。

伝統的な指圧技術をベースにしつつ、全身のポイントに対して1点1点、圧の強弱、長さ、角度、頻度にこだわった独自の質の高い療法を加えて完成させた、”極”な指圧マッサージ療法を行っています。

指圧というと、指やひじでガンガン強く押すようなイメージが一般的にあると思いますが、当院は指圧の強さよりも、呼吸に合わせ、一定のリズムでゆっくりと圧を入れ、その圧をまたゆっくりと抜く漸増漸減圧(ぜんぞうぜんげんあつ)を大切にしています。それこそもみ返しのない、効能及び質の高い指圧となります。日本で指圧技術は国家資格です。指圧にもしっかりと理論があります。押す長さや、強さを症状に合わせ施術します。だからこそ指圧は治療にもリラクゼーションにもなるのです。

落ち着いた雰囲気のトリートメント・ルーム
落ち着いた雰囲気のトリートメント・ルーム

当院は完全予約制、完全プライベート空間を提供しています。部屋は独立しており、隣の声が聞こえたりすることは全くありません。また、部屋は清潔に保たれており、各予約の間を30分空けることにより、サービスの質を保ち、同じ時間に他の人と接することはありません。ご自身の呼吸音しか聞こえないような静かな空間で、ゆっくりと質の高い指圧マッサージを受けて頂けます。シドニーでここまで質にこだわる日本式指圧を受けられる場所はあまりないかと思います。

来院されるほとんどの人から施術中に深い睡眠の誘発と、体温上昇、芯からのリラックスを感じて頂いております。そして夜の睡眠の質を上げることにより、疲労回復や健康の維持増進につながります。

━━産後の骨盤矯正について興味のある人も多いと思います。出産後、いつごろからどのくらいの期間を掛けて施術を受けるものですか。

産後は骨盤の開きの他に、股関節痛や腰痛、下半身太りや、ぽっこりお腹などさまざまな症状がみられます。まだ新しい分野・学問のため、産後の骨盤矯正に関してはいろいろな考え方があります。私のこれまでの経験からお答えすると、やはり産後1~2カ月弱は特に手技による骨盤矯正はあまりお勧めしません。産後1カ月前後は産褥期(さんじょくき)と呼ばれ、お母さんの体がゆっくりと回復していく時期であり、あまり体に過度の負担を掛けない方が良い時期です。代わりにその時期は骨盤ベルトなどを代用することにより、腰痛及び骨盤を閉じるサポートがかなり期待できます。クリニックでも産後及び普段腰に負担の掛かりやすい仕事などの人に、日本製の骨盤ベルトを取り扱っております。

体調など個人差はあると思いますが、産後3カ月前後を目安に、月に2回ほどの手技による骨盤矯正をスタートし、落ちてしまった筋力を戻すエクササイズも入れながら、半年弱を目安に骨盤周りを戻していくのが良いです。

━━育児による肉体的・精神的な疲労を緩和させるために、指圧マッサージに興味のあるお母さん方へアドバイスとメッセージをお願いします。

プライベートでは10歳と5歳双子の父でもある寺澤院長
プライベートでは10歳と5歳双子の父でもある寺澤院長

私は3人の子どもの父として、妻(母)の子育ての大変さ、偉大さをたくさん見てきました。そして今まで多くのお母さん方を施術してきました。その中で常に思うことがあります。「お母さん業は世界一大変なお仕事、だからこそ時々は頭も体も休めて欲しい」「疲れた時の駆け込み寺、そんな場所でありたい」

産後は、平均睡眠時間や睡眠満足度が数年にわたり低下します。これは、肉体的にも精神的にも疲労します。あくまで私の考えですが、勤めに出掛けるより、24時間365日休みなしに子育てをするお母さんの方が10倍大変だと思っています。

そんな大変なお母さんですから、時々は楽して、休んで、自分自身の体をいたわって欲しいです。女性は自宅では完全に休まらない脳の機能があると言われています。同時処理能力が男性より優れているためです。自宅ではさまざまな家事、育児が目に入ってしまうため、頭が働いてしまいます。だからこそ、他の場所で60分なり90分なり、その時間だけは、家事、育児を忘れ、ゆっくりと頭と体を休めて頂きたいです。そして、また満面の笑顔でお子様を抱きしめてあげて欲しいです。お母さんは家庭の太陽で、子どもはやはりお母さんが一番大好きですから。

━━今後、挑戦したいことや展望をお聞かせください。

まず、2年目を迎える柔指圧院ですが、治療、サービス共に質を落とすことなく、これからも来院者にとって身近な治療院になれるよう、大好きな指圧で皆様の健康を担っていけるように尽力していきたいと思います。

今、私がこうやって海外で働けるのもたくさんの日本人先輩方がこれまで、責任ある日本人としての責務を果たしてきてくれたお陰だと思っています。そのことを忘れず、私も引き続き医療従事者として責任ある働き方をし、また次の若い世代にバトン・タッチできるようにしたいです。

そして、定期的にセラピスト同士が気軽に集まるシドニー日本人セラピスト会も開催させて頂いており、日本人セラピストのすてきな輪が広がっています。

同世代のセラピストが、どんどん意見や情報を交換し、共に切磋琢磨しながら、オール・ジャパンでシドニーの皆様の健康をサポートしようといつも熱く語り合っています。

最後にもう1つ、シドニー日本人キッズ柔道クラブを作りたい!という夢があります。私自身、柔道を6歳から20年やってきました。柔道に明け暮れ、柔道によって成長させて頂きました。柔指圧院の院名もそこから名付けました。

勝ち負けだけの柔道ではなく、礼儀作法、人に対しての優しい心、人の痛みが分かる心、人を思いやる心、そして自分に負けない強い心を柔道を通じて作り上げる。そんな未来ある子どもたちが元気に成長する柔道道場を夢見ております。

寺澤悠(てらさわはるか)
宮城県出身。東海大学体育学部武道学科、了徳寺学園医療専門学校柔道整復学科、東京医療専門学校鍼灸マッサージ学科卒業。日本の柔道整復師、鍼灸マッサージ師、豪州のDiploma of Shiatsu、Diploma of Remedial Massageの資格を保有。日本で13年間鍼灸整骨院で勤務。院長として千葉と東京に2院開業。2016年に妻の仕事のため家族で来豪。日系の治療院で勤務後、18年6月に柔指圧院を開業


柔指圧院(YAWARA Japanese Shiatsu Treatment Clinic)
■住所:Suite 102, 44 Miller Lane, Cammeray NSW
■Tel: 0411-362-567
■Email: yawarashiatsu@gmail.com
■Web: yawara-japanese-shiatsu-treatment-clinic.business.site
■Facebook:「柔指圧院」で検索。予約の空き状況や最新情報の確認、メッセージからの予約可能
■営業時間:月~金10AM~7PM、土9:15AM~5PM、日休(急患やどうしても他の時間が希望の場合は応相談)
■料金:60分/$90、90分/$120

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る