季節の果物、りんごジャム

季節の果物、りんごジャム

旬の野菜は、安くて美味しいだけではなく、栄養価にも優れています。特にビタミンの含有率には大きな差がでます。さて、秋から冬にかけて美味しい果物といえば、りんごでしょう。オ−ストラリアにもいろいろな種類があり、りんご狩りにも行けますよ。

“An apple a day keeps the doctor awayー1日1個のりんごで医者知らず”と言うことわざがありますが、りんごにはどういう栄養があるのでしょうか?

 

●カリウムー体内の塩分を排出する働きがあり、高血圧に効果があると言われています。
●ペクチンの働きー皮にはベクチンが多く含まれており、整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があります。
●皮にはポリフェノールが豊富ーポリフェノールにはコレステロールを取り除いたり、活性酸素を抑えたりする働きがあります。また、がん予防にも効果があると言われています。最近の発見では、このリンゴ・ポリフェノールには、膚の光老化を防止する働きがあることも分かったそうです。

 

保存方法
 保存性の高い果物です。風とおしの良いところに、置いておけば1カ月位は大丈夫です。暖かい時期や暖房が入る場合は冷蔵庫に入れてください。その場合は乾燥を防ぎ、ほかの果物などに影響しないようビニールやポリの袋に入れるようにしてください。

 

リンゴの食べ方
●なるべく皮も一緒に食べるーリンゴの皮やその近くには食物繊維やポリフェノールなどの栄養がいっぱいです。なるべく捨てないで食べたいですね。
●色止めはレモン汁か塩ーリンゴは皮を剥いていると茶色く変色してきます。これは酸化酵素によるものですが、これを防ぐには塩水に浸けるかレモン汁を加えた水に浸すと防げます。
●おろし金は陶器やプラスチックが良いーリンゴのポリフェノールは酸化しやすく、空気に触れるとすぐに茶色くなってしまいます。また、金属イオンとも反応しやすいので、おろすときは、陶器やプラスチックのおろし板を使うことをお薦めします。
●製菓用にー果肉にしっかりと繊維を感じ、甘みよりも酸味がはっきりとしたりんご(日本なら紅玉)、また香りが十分にあるものが適しています。

りんごの種類 特徴
Royal Gala 中サイズ、黄色っぽいベ−スにピンクがかかった色合い 甘い香り、サラダ、ソ−ス、デザ−トに適する
Jonathan 小サイズ、黄色っぽいベ−スに赤がかかった色合い 子どもたちのスナックに人気、クリスピ−でジュ−シ−、つんとくる香りが特徴
Golden Delicious 中サイズ、黄色・金色の皮に薄い斑点 タ−トやパイ、または、キャラメライズしたものをケ−キやマフィンに使うことも多い。
Red Delicious 中〜大サイズ、濃い赤色、お尻側に5つのでっぱりがあるのが特徴 甘みがあり、身が白い
Granny smith 小〜中サイズ、黄緑の皮 クリスピ−、やや酸味が強い、スナックとして人気だがデザ−トやサラダにも適する
Jona gold 大サイズ、黄色のベ−スに赤がかかったような色合い 生で食べるよりクッキングに適する
Fuji 小〜大サイズ、うす緑と黄色のベ−スに赤とくすんだピンクがかかった色合い 日本種、甘みが強い
Pink Lady 小〜中サイズ、緑がかった黄色のベースにピンクが全体にかかっている “Queen of apples”と言われるだけあって、りんご生産地の青森の人も絶賛、クリスピ−な食感とりんごの甘みが最高

りんごジャム(紅茶に入れたり、ゼリ−やム−スの材料にもなります。)

材料(4個分) 1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml
りんご ・・・・・・・・・3〜4こ(約600g)*皮が赤く酸味の強いものが最適
水 ・・・・・・・・・・・・・300ml
砂糖 ・・・・・こしたリンゴの50%の重量
レモン汁 ・・・・・・・・・・1/2〜1個

 

作り方

(1)りんごは良く洗って、4つ切りにし、農薬などのたまりやすい両端を切り落として塩水(水カップ3に塩小さじ1)に漬けます。
(2)ざるにあげて水気をきり、約1/2cmの厚さに切ります。
(3)ほうろう鍋かステンレス鍋に入れて、水を加え、ふたをして強火にかけます。沸騰したら中火にして柔らかくなるまで煮ます。
(4)こしきで、こすりながら、皮と種を除きます。
(5)こしたりんごの重さを量り、約50%の砂糖を用意します。鍋に砂糖とレモン汁を加え、ふたをして強火にかけ、沸騰したらふたをとり、弱火で煮詰めます。ときどき底からかき混ぜてください。
(6)ジャムの仕上がり具合を試します。木べらで、鍋底に“1”を書き、“1”の字が見えるぐらいで火を止めます。柔らかく見えますが、冷めると硬くなります。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクタ−。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催。2014年最初の子どもホリデー・プログラムは「イースター・スペシャル!」。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2014年の大人クラスは、●薬膳で夏バテ解消、●世界のベジタリアン料理、●旅館風懐石料理など、豪州で簡単に手に入る食材を使って、日本人好みのレシピを紹介する。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る