ひな祭りのお祝い料理 3色団子

ひな祭りのお祝い料理 3色団子

3月3日と言えば、女の子の健やかな成長と幸福を願う桃の節句ですね。ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、それぞれの料理や色には縁起の良い意味が込められています。昔の人ならではの風情ある由来を知ると、より一層意味を持ってひな祭りが楽しめそうです。

今月は、三色の菱餅のかわりに、三色団子を作りたいと思います。電子レンジを使用して作る超簡単なレシピですので、お子さんと一緒にぜひお試しください。

白・青・桃の3色は、雪の大地(白)・木々の芽吹き( 青)・生命(桃)を表しており、この3色のお菓子を食すことで自然のエネルギーを授かり、健やかに成長できるという説があるそうです。

はまぐりのお吸い物
はまぐりは、平安時代には「貝合わせ」遊びなどで知られ、ひな祭りの代表的な食べ物です。はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、一生1人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物です。

雛チラシ

ちらし寿司そのものにいわれはありませんが、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったようです。

菱餅

緑餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜ、白餅には血圧を下げると言われるひしの実が入り、ピンク餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけています。また、菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除こうという気持ちや、親が娘の健康を願う気持ちが込められています。

甘酒

桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、薬酒の1つとして中国から伝えられました。江戸時代からは、みりんに蒸した米や麹を混ぜて1カ月ほど熟成させた「白酒」の方が親しまれるようになりました。「白酒」はアルコール度数10%前後のお酒で大人しか飲めないので、子どもにはノンアルコールの「甘酒」がおすすめです。

3色団子

材料 1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml
白玉粉 ・・・・・・・・・・・・・120g
絹ごし豆腐 ・・・・・・・・・・・120g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・80g
食紅・・・・・・・・・・・・・・適量
抹茶 ・・・・・・・・・・・・・適量

 

 

作り方

(1)白玉粉、砂糖、豆腐をボールに入れ、よく混ぜ、耳たぶくらいの柔らかさにする。豆腐によって、水分量が違うので、固いようだったら水を少々加える。
(2)三等分(約各100g)して、食紅少々、抹茶少々で、色をつける。
(3)手でころころと丸くする。全て丸めたら(10g/個)、沸騰したお湯に入れ、浮かんでから、さらに2分程度を目安に茹でる
(4)1度水にあげて粗熱を取る。濡らしておいた串に刺してでき上がり。白を真ん中にすると色のバランスがよい。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクタ−。現在、シドニーで料理教室を開催中。大人気の子ども向けホリデー・プログラムでは、裁縫と料理を合わせた「家庭科クラス」を開催。2014年最初の子どもホリデー・プログラムは「イースター・スペシャル!」。大人向けには、月1回、昼間に開催されるクラスと土曜日の夜に開催されるクラスで、日々の献立に使えるいろいろな料理を紹介。夜のクラスでは、ワイン片手に楽しく料理が学べる。
 2014年の大人クラスは、●薬膳で夏バテ解消、●世界のベジタリアン料理、●旅館風懐石料理など、豪州で簡単に手に入る食材を使って、日本人好みのレシピを紹介する。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る