夏ばて解消!かぼちゃのカレ−

夏ばて解消!かぼちゃのカレ−

今年は特に暑い夏になりそうで心配ですね。体温が上昇すると、皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まって汗を出します。しかし、湿度が高いと、汗の蒸発が妨げられ体温調節が難しく、熱が体内にこもって疲れやすくなります。また、食生活の面では、暑さによって「暑い→だるい→食欲がない→飲料水の取り過ぎ→消化力の低下→食欲不振」という悪循環が起こります。

夏ばて予防

(1)香辛料を上手に使って食欲増進を図りましょう。

(2)冷たく甘いもの(冷たいジュ−スやアイスクリ−ム)を取り過ぎないようにしましょう。

(3)水分の補給はしっかりと。特に小さなお子さんは、体内に保持できる水分量が少ないので、水やお茶で、こまめに水分を補給しましょう。

(4)ビタミンB1補給を忘れずに。どうしても炭水化物の摂取が多くなりがちな夏、ビタミンB1が不足すると体内に摂取された栄養をエネルギーに変換しにくくなり、疲労物質が体にたまることになります。ビタミンB1を豊富に含む食品(豚肉、うなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ごまなど)を、アリシン(ニンニク、ニラ、ねぎ、玉葱など)の多い食品と一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなります。

(5)クエン酸は疲労回復に役立ちます。クエン酸(レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干など)は、疲労の原因となる乳酸を排出する機能がありますので、積極的にとりましょう。

夏のお勧めメニュ−
ねぎポン酢ソース、豚とにんにくの茎炒め、豚冷しゃぶごまソ−ス、豚肉と枝豆炒め、ニラ入り餃子、ほうれん草胡麻和え、中華風冷やっこ、具(ねぎ、にら、ごま、卵、梅干し)だくさんの納豆、柑橘系果物など

かぼちゃのカレ−

カロチンたっぷりのかぼちゃや赤ピーマン、ビタミンB1の多い豚挽き肉を使ったカレ−です。

材料 1cup=250ml 、1TBS=20ml、1tsp=5ml

豚ひき肉  ・・・・・・・・・・・200g
玉ねぎ  ・・・・・・・・・・・・・1個
赤ピーマン ・・・・・・・・・・・1/2個
かぼちゃ ・・・・・・・・・・・・250g
にんにく  ・・・・・・・・・・・・2片
トマト缶  ・・・・・・・・・・・1/2缶
水  ・・・・・・・・・・・・・2カップ
味付け
★クミン・パウダ− ・・・・・・・・1tsp
★タ−メリック ・・・・・・・・・1tsp
カレ−・ル− ・・・・・・・・70〜100g

 

作り方
(1) かぼちゃ:ワタを取り、ひと口大に切る。にんにく:みじんぎり、玉ねぎ:みじんぎり、赤ピーマン:2センチ角に切る。トマト缶:フォ−クで実をつぶす。
(2) 熱くしたフライパンに油を入れ、にんにくと玉ねぎをしんなりするまで炒める。豚ひき肉を加え、パラパラになるまで炒める。★を加えさらに炒める。
(3) 水、赤ピーマン、かぼちゃ、トマトを加え、ことことと煮る。かぼちゃが少し柔らかくなったらいったん火を止めて、カレー・ルーを加える。カレー・ルーが溶けたら、再度火をつけ、とろみが出てきたらでき上がり。

才川須美(さいかわすみ)
プロフィル◎管理栄養士&食育インストラクター。日本では管理栄養士として栄養専門学校に勤務するかたわら、日本企業の栄養コンサルタントを行う。来豪後はその経験を生かしフード・コンサルタントとして企業の製品開発、オージー向けの料理指導、料理教室「Sumi’s Kitchen」をシドニーにて主宰。今年もスクール・ホリデーを利用して、子ども向け料理教室“Cooking & Sewing”(日本の家庭科をカバーするような内容)を行っている。大人対象のクラスは「精進料理」「テ−マ別集中クラス」『男の料理教室」を開講中。Web: www.sumiskitchen.com

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る