沖縄からBEGINが来豪


沖縄を代表するバンド、BEGINのCM撮影がシドニーで行われた

■トピック

沖縄バンド「BEGIN」

シドニーでCM撮影

沖縄県人会やエキストラの皆さんも出演

沖縄発の日本ビール・メーカー大手、オリオン・ビールのCM撮影のため、沖縄県石垣島出身のバンド「BEGIN(ビギン)」が10月16日に来豪した。17・18日にはシドニー市内で撮影を行った。

BEGINは、ボーカル、ギター、三線(さんしん)の比嘉栄昇さん、ギター、コーラスの島袋優さん、電子ピアノ、コーラスの上地等さんで構成されている。3人は幼馴染みで、東京でバンドを結成。1989年から活動を開始し、「涙そうそう」「島人ぬ宝」で、紅白歌合戦にも出場している。

オリオン・ビールはこれまで、日本国内では大阪府や東京都、海外では台湾、香港、ロサンゼルスなどでCM撮影を行い、BEGINが各都市在住の沖縄県人会のメンバーをはじめとする参加者とともに、主題歌「オジー自慢のオリオンビール」を歌ってきた。


CMには沖縄県人会とエキストラの皆さんも出演した

CMで「沖縄から世界へ」というキャッチ・コピーが使われているように、さまざまな国の人と人が歌でつながり、沖縄とのつながりを持ち、また“沖縄のオリオンビール”が世界へと広がる様子が見受けられる。

シドニーでの撮影1日目の17日は、ロイヤル植物園近くのマッコーリー・ポイントと、サーキュラ・キーで、オペラ・ハウスやハーバー・ブリッジを背景に行われた。これまでも、各ロケ地のランドマークがCMに使われている。BEGINは18日、沖縄県人会のメンバーをはじめとする参加者とともに市内で主題歌を歌い、撮影を続けた。

また、本紙はBEGINのメンバーに、海外ロケの感想などについて話を聞いた。

 

——撮影前日は、オペラ・ハウスやキングス・クロス周辺を散歩されたと伺いました。シドニーの印象はいかがですか。
比嘉:
街がキレイで、ゴミが落ちていないのが印象的でした。

 

——これまでほかの国でも海外ロケをしてこられましたが、それから感じることはありますか。
上地:
言葉が通じない国でも三線だけで“沖縄”をアピールできる——そんな時代が来ることを小さい時は考えもしなかったのですが、今は“日本の中の沖縄だ”ということを言えるようになったんだな、沖縄というイメージが浸透してきているのかなと、いろいろな所に行って感じます。

 

——現地の方との触れ合いはいかがでしたか。
島袋:
行く所には必ず県人会の方や日系の人々がいて、その時にお話をする機会があるのですが、年輩者の日本から出てきた時の苦労話などをお聞きすることができて、とても興味深かったです。僕らの活動も影響を受けるようなお話もありました。
比嘉:移住されてきた皆さんの立ち振る舞いを見ていると、日本人のすばらしさを感じたというか、自分たちが日本にいて忘れてしまっていることを考えさせられますね。またビギンとしては、日本と海外を歌でつなぎ合わせる役目を担っていることにも気付かされます。
 僕たちが生まれた時は、沖縄はまだアメリカの統治下でした。母子手帳には琉球政府と書かれていましたし、自分たちは何人なんだと揺れていた、最後の世代だったのだと思います。その当時は、沖縄から外を見ることしかできなかったのですが、時代が変わり、またこのような経験を通して、今は日本人として、そして故郷の沖縄出身者として、順序立てて自分たちを見つめることができるようになって、さらにやりたいことも増えています。
 海外では、日本から来て頑張っている人々のために、話をしたり歌を通して応援できるのであれば嬉しいですね。

 

——今回はオリオン・ビールのCM撮影をされていますが、オリオン・ビールはほかのビールとどう違うと思いますか。
島袋:
暑い島のビールなので、さっぱりしていてすっきり飲めますね(笑)。
上地:僕らが沖縄出身だからかもしれないけど、オリオン・ビールに対しては特別な誇りがありますね。
比嘉:オリオン・ビールを通して、想像もつかなかった場所とつながるようになりました。オーストラリアと沖縄のつながりなんて1回も想像したことがないから、今回CM撮影でオーストラリアらしいよと聞いた時も、『は、何で?』と思いました(笑)。
上地:不思議な感じがしたよね(笑)。
比嘉:オリオン・ビールの社員の人々は、最初は日本に認めてほしくて頑張って、次にアメリカ、世界へとビールを広めています。これは分かりやすい夢ではないかと思います。大きな企業がするのであれば、夢とは言えなくて、むしろ事業や仕事ととらえられます。でもオリオン・ビールはただのビールじゃなくて、夢と一緒に飲むビール。海外でも頑張っている人がいるので、若い人々も勇気付けられたらいいなと思います。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る