【特集】気になる「あの人」に注目!インタビュー(Ayuslife/COCOさん)

PR 各方面で活躍中の日本人にインタビュー

旅行先としても定住の地としても人気のオーストラリア。日本からオーストラリアを訪れ、異なる文化や風土に刺激を受ける人も多いのでは。今回は、そんなオーストラリア滞在や在住の経験を持つ日本人にフォーカス。ビジネス・パーソンからパフォーマーまで、日豪両国での経験を通して語られる人生観や興味深いアドバイスに、新たな発見があるかもしれない。

Ayuslife/COCOさん ▶▶▶

Ayuslife COCOさん

全ての人の心と体が健康で、幸福な人生を送れるように

「アーユルヴェーダ」をご存知だろうか。日本では美容やリラクゼーションといったイメージが先行しているアーユルヴェーダだが、インドに5000年の昔から伝わる伝統的な医学体系で、オーストラリアでも代替医療として広く一般的に認知されている。ゴールドコーストでアーユルヴェーダのサロンを開き活躍しているCOCOさんに、ご自身のことやアーユルヴェーダのことなどを伺った。


世界56カ国を訪れた学生時代

子どもの頃から海外に興味があり、世界中を旅してみるのが夢だったというCOCOさんは、大学在学中にバックパッカーとして世界一周の旅に出て56カ国を訪れた。その際トルコで「ここで一緒に働かないか」と誘われる機会などもあり、将来は海外で働きたいと強く思うようになったそうだ。

またパレスチナ自治区を訪れた時には、ニュースと現実の違いについて深く考えさせられたという。あるパレスチナの男性から「イスラエル人が妻や子どもへ銃を向けたとしよう。私は家族を守るためになら彼らに銃を向けることをためらわない。しかしアメリカのニュースには『パレスチナ人がイスラエル人へ銃を向けた』とだけ報道するだろう」と言われたことに、COCOさんは大きな衝撃を受ける。マスメディアは事実の一部を報道するが、決してそれが全てではない。世の中には報道されないが多くの大切な真実があり、それは実際に自分の目で見て考えなければならないと痛感したのだった。

日本に帰国し、大学卒業後に外資系の製薬会社で営業として5年間勤務したCOCOさん。医薬品の営業のために、朝早くから忙しい医師を追いかけて声を掛ける仕事に対して、もっと達成感があり働く実感の湧く仕事をしたいと考えるようになる。

そんな中、会社の2泊3日の研修後に、行きつけのリフレクソロジーの店に立ち寄ったところ、スタッフはCOCOさんの足を触った瞬間に「最近、頭を使ったり考えることが多かったのですか?」と突然指摘した。足を一瞬触っただけなのに、とまるで魔法のように感じ、人体について興味を抱き始めた。今まで知識として知っていた「体」ではなく、自身の経験から人間の体について学び、「将来こんな仕事をしたい」とセラピストになることを決意する。

1年間タイ・マッサージとリフレクソロジーを週末に学び、その後会社を退職。以前から好きだったインドで半年間アーユルヴェーダを学ぶために留学し、資格を取得した。

オーストラリアへ

COCOさんは以前から仕事の一環として、また個人としてもゴルフをたしなんでいたことから、ゴルフ留学のために渡豪しゴールドコーストへやって来た。そしてそこでリメディアル・マッサージと出合い、本格的に学び始めることになる。

当初は日本で働くことを考えていたが、現在のご主人からプロポーズされ、オーストラリアに移住することになり、リメディアル・マッサージ、アロマセラピー、アーユルヴェーダの国家資格を取得。2015年に現在の住居へ引っ越ししたことを契機に、サロン「Ayuslife」をスタートした。

心と体の健康のために

代替医療の先進国であるオーストラリアでは、体調が良くない時は病院に行くことと同様にフィジオセラピーやオステオパシーで治療したり、体質改善を行ったりもする。インド発祥の「アーユルヴェーダ」もその1つだ。

COCOさんが行うのは「アーユルヴェーダ」「シータ・ヒーリング」「アロマセラピー」「リメディアル・マッサージ」などで、アロマセラピーとリメディアル・マッサージはオーストラリアの民間保険を適用することができる。「どれも耳慣れない言葉かもしれませんが、オーストラリアでは国家資格もあり、代替医療として広く知られ、実施されています」と言う通り、患者が安心して治療を受けることができるれっきとした医療の行為だ。

●アーユルヴェーダ

ギリシャ・アラビア医学、中国医学と並ぶ世界三大伝統医学の1つで、サンスクリット語で生命を表す「アーユス」と、知識・学を表す「ヴェーダ」に由来し、本来は医学だけでなく生活の知恵や哲学なども含まれ、体と心の健康、幸福な人生を送ることを目的とする。

「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(水・土)」の3つのエネルギーのバランスが取れていることを健康と考えるが、人によってバランスは異なり、同じ人でも季節によって変化し、1日の中でも変わる。そのためアーユルヴェーダのサロンでは、まずインタビューを行い体質を診断し、自分自身のバランスを把握してもらった上で、食事や生活習慣、季節による変化などへの的確な対処法をアドバイスする。

更に1人ひとりに合わせた薬用オイルを調合し、これを全身に塗布しマッサージを行い、新陳代謝を活性化させ体内の老廃物や不純物の排出を促す。この薬用オイルにはオイルハーブやスパイス、ミルク、ギー(インドのバター・オイル)などが含まれている。

●シータ・ヒーリング

人間の脳波は、リラックスした状態の「アルファ波」、日常生活時から緊張したり興奮した状態の時の「ベータ波」、深い瞑想状態の「シータ波」、眠っている時や無意識状態の「デルタ波」、集中力が優れている時の「ガンマ波」の5つの状態がある。シータ・ヒーリングとは、シータ波の状態でヒーリングを受けることで、潜在意識に働きかけネガティブな思考をポジティブに替える施術のことを指す。

シータ・ヒーリングのセミナー参加後のCOCOさん(中央)。創始者ヴァイアナさん(左)とも交流がある
シータ・ヒーリングのセミナー参加後のCOCOさん(中央)。創始者ヴァイアナさん(左)とも交流がある

COCOさんはこれを「話して、離して、(手)放すヒーリング」と説明する。つまり悩み事などを話して、心の中にあるネガティブなものを切り離し、そして手放すことでなりたい自分になれるのだという。

ヒーリングは直接対面で行う他、電話やスカイプを利用することも可能なので、時間の都合がつかない人や、遠隔地の人でもヒーリングを受けることができる。

シータ・ヒーリングを学ぼうとする人を対象にセミナーも開催し、実習中心の3日間のコースで、自分自身のヒーリングや家族や友人へのセッションを行うことができるようになるという。また気軽に参加できる無料説明会も随時実施しているので、興味のある人は参加してみよう(詳しくはウェブサイト参照)。

●アロマセラピー

オーストラリアの民間保険が適用できる施術で、体調に合わせて調合したアロマ・オイルを用いて全身をマッサージし、心身をリラックス、リフレッシュさせてストレスの緩和などを図る。不安症、不眠症、鼻炎、慢性痛などの症状の改善が期待できる。

●リメディアル・マッサージ

オーストラリアで独自に発展したマッサージで民間保険が適用できる。解剖生理学や病理学などの知識を元にして、生活習慣や姿勢、歩き方など1人ひとりの身体の状態に合わせてさまざまなマッサージなどの技術を組み合わせた施術が可能。カイロプラクティックや整体と異なり、リラクゼーションも重要視されており、慢性腰痛、ぎっくり腰、偏頭痛、四十肩、腱鞘炎などに改善が期待できる。

また上記以外にもマタニティー・マッサージや出張マッサージ、各種セミナーなども行っているので、興味のある人はぜひ問い合わせてみよう。

Ayuslife

■住所:Mojave Dr., Burleigh Waters ■Tel:0452-024-511 ■Web: www.ayuslife.com ■Email: info@ayuslife.com ■営業時間:10AM〜7PM、不定休

COCO(ローズ智代江)
プロフィル◎豪州ANTA認定リメディアル・セラピスト、アロマ・セラピスト、アーユルヴェーダ・セラピスト(以上、豪州国家資格)、ドイツの検査機関TUV認定アーユルヴェーダ・セラピスト、タイ・マッサージ・セラピスト、中国式リフレクソロジスト、Theta healingインストラクター/プラクティショナー、Access barsプラクティショナー


Ayuslife/COCOさん ▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る