【特集】気になる「あの人」に注目!インタビュー(コンサルタント上村浩晶さん)

PR 各方面で活躍中の日本人にインタビュー

旅行先としても定住の地としても人気のオーストラリア。日本からオーストラリアを訪れ、異なる文化や風土に刺激を受ける人も多いのでは。今回は、そんなオーストラリア滞在や在住の経験を持つ日本人にフォーカス。ビジネス・パーソンからパフォーマーまで、日豪両国での経験を通して語られる人生観や興味深いアドバイスに、新たな発見があるかもしれない。

コンサルタント/上村浩晶さん ▶▶▶

コンサルタント 上村浩晶さん

世界中の日本人を「チャンカミの動画(youtu.be/a6WmUQmNF8Q)」で勇気付けたい

「引き寄せの法則」Youtube検索第1位! 日本でも話題の「引き寄せの法則」は、オーストラリアでも口コミで広がりつつあり、その口コミの中心にいる人物が、チャンカミこと上村浩晶さん。上村さんの動画チャンネルの再生回数は1年半で約160万回にも上る。そんなチャンカミさんにこれまでの人生や、オーストラリアとの出合い、そしてこれからのことを語ってもらった。

地球での体験の時間は有限である

人材育成の手法で1対1の対話を通して知識、考え方、行動を良い方向へ導く「コーチング」。このコーチングやコンサルティングの会社を経営し、コーチングのオンライン・スクールも運営しているチャンカミさんは、「宇宙の法則」と「人間行動学」のスペシャリストであり起業家だという。

チャンカミさんは、自分の夢をイメージし思い込み続けると本当にその夢が実現されると話題の「引き寄せの法則」を自分自身で実践し、その中でも特に実用的な知恵を世界中の日本人と分かち合っているそうだ。自らを「地球には遊びに来た。全てを体験しに来た」と形容し、良いことや悪いことも全てが必要な体験であり、仕事や日常の出来事もこの体験の一部と語る。人にはその時にしかできないことがあり、やる時は徹底的にやること、を信条としてきた。「10代なら10代にしかできないことが多くあり、同時に後回しにできることもある。それならば『今しかできないこと』をしっかりとやっていこう」と考えて行動している。

2003年、大学を卒業し日本国内の留学エージェントに就職。留学カウンセラーとして現地で学生の受け入れ準備などができるようにと、海外研修でゴールドコーストに3カ月滞在することになり、この時の経験が後に大きな影響をもたらすことになる。

当時の滞在先の近所には、週末になるとサッカーを楽しむ日本人の人たちの姿が。そこでチャンカミさんは仲間に加えて欲しいと声を掛け、一緒にプレーするようになった。その中には永住権を取得しオーストラリアで10年以上暮らしている人も多く、楽しく生きるというスタンスを学んだそうだ。

その時のメンバーに「ヒロ(チャンカミさんのこと)、夢は必ず叶うぞ。お前も諦めるなよ。応援しているぞ」と言われたことが印象的だったという。日本では大人が若者に対して批判的なのが当たり前と感じていたが、「一緒にサッカーをした人たちは自分の夢を実現させた大人であり、その大人が若者を心から気持ち良く応援する、という姿勢に大きな衝撃を受けたことは、その後の人生のベースとなりました」と当時を振り返る。

留学カウンセラーとしての研修終了後、日本へ帰国し2年間勤務。家と会社と居酒屋の3カ所だけを行ったり来たりする毎日で、ゴールドコーストで楽しく生きる方法を知った彼は「これが本当にやりたかったことなのか?」と疑問を抱くようになった。

紆余曲折を経て退社し、何が何でも成功しなくてはならない、お金を貯めなければと、チャンカミさんはその後もがむしゃらに働き続けた。その結果、年商1.5億円のビジネスを築いたことが評価され、大阪ドームの舞台中央で真っ白なタキシードに身を包み、3万人を前にスピーチをするという機会を得た。

「生まれて初めて、心から願った夢が実現した瞬間でした」と語り、同時に「少し天狗になっていたかもしれません」とも言う。

結婚を間近に控えていた現在の奥さんが病気になり、チャンカミさんがメンタル面で師と仰ぐ人から「自分が病気になるのは自分に原因がある。そしてパートナーの病気も自分に原因があるのでは。それが『引き寄せ』なのではないか」と指摘される。そしてビジネスに集中していたあまり、おろそかになっていたことの存在に気付き、全てを受け入れることにした。

チャンカミさんは、これまでのビジネスを全て手放し、結婚。幸いビジネスの権利収入で当面は生活できたが、しばらく家に引きこもった生活を続け、次の夢を実現するための準備に取りかかることにした。

10年越しの夢。夫婦で世界一周

のびのびと自由な雰囲気が魅力のチャンカミさん。サハラ砂漠にて
のびのびと自由な雰囲気が魅力のチャンカミさん。サハラ砂漠にて

2011年4月、チャンカミさんは第2の夢である世界一周旅行に夫婦で旅立った。その中でオーストラリアも訪れるが、この旅によって行動範囲の感覚が変わったそうだ。自宅から渋谷へ出かけることも、大阪やロンドンへ出かけることも同じ感覚で、心の中に地球儀があり、それを見ながら次はどこからどこへ移動する、と地球規模で行動範囲を思い描くようになっていった。

13年に娘が誕生。この頃、チャンカミさんが今まで取り組んできた、宇宙の法則・人間行動学、ビジネス・マーケティングなどの「人生がより良くなる知恵」をまとめ、インターネットで発信しようと決意する。同時に子どもと一緒に過ごす時間も大切にしようと考え、「1年後にまたセミ・リタイア生活に戻る」と決めてビジネス・システムを構築、現在はライフワーク活動と家族旅行などの時間を中心に豊かな日々を送っている。

チャンカミさんは経営者だが、オフィスを持たず、社員もいない。しかし世界中に気心の知れたスタッフがおり、彼らと協力しながらビジネスを行っている。「経済的にも時間的にもゆとりができ、また場所も自由で、パソコンとインターネット、そして仲間がいれば世界中どこでも仕事ができる」と言う。さまざまな物事に捕らわれていた自分の心が解放され、自由になったそうだ。

自由とひと口に言っても、人それぞれに人生の自由度への認識は異なるが「ビジネスで成功し経済的に自由になっても、心が不自由ではダメ。また心だけを優先させてもダメで、両方がバランス良く自由でないといけません。さまざまな人から悩みを聞きますが、恋愛やビジネス、家族や人間関係などの相談の根源はほとんど同一で、結局人間の行動は『宇宙の法則』に従っていると感じます。この宇宙の法則を簡単に説明すると、『思考は現実化する』ということ。ただその人の思考がどこを向いているのかが重要で、1つの方向しか見ていなかったり、間違った方向を見ていることもあるかもしれないんです」。

世界一周旅行も共にした夫人と
世界一周旅行も共にした夫人と
娘さんとの思い出作りも大切にしている
娘さんとの思い出作りも大切にしている

そこでチャンカミさんは、コーチングの中で相手の思考の方向を整えることを意識しているという。いきなり方向転換はできないので、少しずつ変えるようにする。例えばビジネスの悩みを持っている人に対して、具体的な話やアドバイスは決してしないが、チャンカミさんと話すことで皆、結論が出るのだという。

「話しながら、自然に、その人が気づかないうちに思考の向きを変えるお手伝いをします。人はキャリアや特性などからその人にしかない色を持っており、その色そのものを変えることは難しいのですが、自分の色を更に伸ばしていくことはできます。その結果『よく分からないがチャンカミと話すと流れが良くなる』と言われるようになりました」

また、チャンカミさんは今の生活について、「子どもと過ごせるのは今だけなので、たくさんの思い出を作りたいです。そして次は子連れで世界一周と宇宙旅行に行くことが目標です」と語る。

これまでは世界のどこにいてもできるようにと考えて仕事をしてきたが、今度はオーストラリアでしかできない仕事をやりたいと力強く語るチャンカミさん。その熱いメッセージは以下のユーチューブ動画で見ることができる。夢を実現するという「引き寄せの法則」に興味を持った人はぜひチェックしてみては。

上村浩晶(チャンカミ)
プロフィル◎留学カウンセラーなどを経て、コーチング・コンサルティング会社経営、コーチングのオンライン・スクール運営を手掛ける起業家。自己実現のための「宇宙の法則」や人間行動学のスペシャリストとして、相談者へのアドバイスの他、動画配信などを行う。
■Web: youtu.be/a6WmUQmNF8Q(Youtube動画)


コンサルタント/上村浩晶さん ▶▶▶

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る