お洒落だけでなく、環境にも配慮 エシカル&サステナブル・ファッション

お洒落だけでなく、環境にも配慮 エシカル&サステナブル・ファッション

ファッションは、年齢や性別にかかわらずさまざまな楽しみ方ができる、自分を表現するための最適なツールだ。幅広い価格帯の商品の中から、デザインやブランドを基にお気に入りの1点を探すのがファッション・アイテム選びの通常の流れだろう。一方、その際に環境や生産過程にまで目を向けている消費者は一体どれだけいるだろうか。本特集では、最近注目されている、倫理面に重きを置いた「エシカル&サステナブル・ファッション」を紹介する。(文・構成=石井ゆり子)

エシカル&サステナブル・ファッションとは

「エシカル」とは、「倫理的な」「道徳的な」と直訳され、近年では「倫理的=環境保全や社会貢献」という意味合いが強くなってきている。また、「サステナブル」は「持続可能な」という意味だ。つまり、「エシカル&サステナブル・ファッション」とは、単純に環境に優しいオーガニックの素材を使用して作られた衣類などを着るということだけにとどまらず、「人と地球に優しいファッション」と定義され、主に下記の条件を満たすものを指す。

  • ♦素材を得るために、動物を殺していない
  • ♦素材の染料は海や川を汚染していない
  • ♦素材の染料は労働者の健康に害を及ぼしていない
  • ♦生産過程での労働者への支払いは「最低賃金」にとどまっていない
  • ♦生産過程で違法に子どもたちを働かせていない
  • ♦労働環境は清潔で安全
  • ♦生産はできるだけ地元のものでまかなわれている
  • ♦製品を回収するなど、リサイクル意識がある

最新の流行を取り入れた衣料品を短いサイクルで、早く安く大量に生産する「ファスト・ファッション」の対極に当たる「スロー・ファッション」という言葉がある。エシカル&サステナブル・ファッションは、質の良い物を長く着るという概念で、ミニマリストに通じるところもあるスロー・ファッションと同様に、量より質、特に素材や生産過程を大切にした考え方に基づき成り立つのだ。

素材の基準はアニマル・フリー

エシカル&サステナブル・ファッションのアイテムの素材は、農薬などの人体に有害な物質を使わずに栽培される天然繊維で、人の健康と地球環境に配慮したオーガニック素材がメインに使用されることが多く、皮革や動物の組織は使用されない。動物の皮や合成皮革・人工皮革の替わりに、ゴムの木から作られるベジタリアン・レザーなどが使われる。

フェアトレード

生産過程において、労働者や環境を配慮し、道徳的・人道的に製造されるエシカル&サステナブル・ファッションのアイテムには、フェアトレード(公平貿易)を通した物も多い。発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取り引きすることにより、生産者の生活向上を支える持続的な仕組みを目指すフェアトレードは、お金ではなく「人」を中心に据えたビジネスで、伝統文化と職人たちを尊重した経済活動でもある。公正な賃金と技術指導が提供されれば、貧しい人びとも自ら自分の人生を切り開くことができるという考えに基づいている。また、刺繍などの職人技術を使って作られる製品では、昔からの伝統や職人の技能を守っていくことが可能となる。そして、労働者に対しては、労働時間、児童労働の撤廃、労働組合を結成する権利、公正な生活賃金などに関する国際労働基準を満たしていることが大切だ。

エシカルでサステナブルな消費

エシカル&サステナブル・ファッションとひと言で言っても、アニマル・フリーで環境に優しい素材を使用する、フェアトレードを通し発展途上国の人びとに仕事の機会を提供する、捨てられてしまうはずだった物を再利用する、衣料品を購入した代金の一部を寄付するなど、さまざまな方法がある。100%エシカル&サステナブル・ファッション・ブランドを選ぶだけでなく、「エシカルでサステナブルな消費」を意識することが大切なのではないだろうか。消費者1人ひとりが、商品を購入する際に、どこで誰が、どんな風に作っているのか、購入後はどうなるかも考慮しながらファッションを楽しむことができれば、本当の意味で人に優しく、環境保全に貢献できるだろう。

存分にお洒落を楽しもうとすると既存のエシカル&サステナブル・ファッション・ブランドだけでは選択肢が少ない。フェアトレードやオーガニック素材の衣料品は、一般的なアパレル・ブランドの商品数に比べると圧倒的に少ないのが実情だ。お洒落を我慢して「人のため環境のため」と頑張っても長続きはしないため、まずは自分が心地良く、好きだと思える感覚を最優先に商品を購入することで、「流行ってるから」「安いから」といった基準だけで物を買うことも自然となくなっていくのではないだろうか。好きなものを大切に長く使い、物を大切にし、余計なごみを増やさないということ自体がエシカルな価値観だと言えるだろう。

さまざまなアパレル・ブランドが賛同

最近では、一流ファッション・ブランドを始め、さまざまなメーカーがエシカルやサステナブルを意識している。基準を全て網羅しているわけではないが、素材や環境、人に配慮し衣料品が生産されている。各ブランドのウェブサイトを見てみると、「エシカル・コンプライアンス(Ethical Compliance)」や「サステナビリティ―(Sustainability)」、「ソーシャル・レスポンスビリティー(Social Responsibility)」といった項目を目にすることも多い。お気に入りのファッション・ブランドがどういった形で、エシカルなのかチェックしてみるのも良いだろう。100%エシカル&サステナブル・ファッション・ブランドの物を着るのはあくまで1つの手段。それよりもまず、素材や環境を意識し、生産過程にも目を向け、作り手が幸せかどうかなどシンプルに興味を持ってみることが、エシカル&サステナブル・ファッションを楽しむ第一歩ではないだろうか。

エシカル&サステナブル・ファッションを実践する3つのポイント

①素材にこだわる

肌ざわりが良く、耐久性のある素材を選ぼう。その際、素材のタグや洗濯方法をチェックすることが重要。衣類を長く大切に着用するためには、洗濯やメンテナンスは必須だ。長く着れる質の良い物には愛着も湧くだろう。

②流行に左右されないアイテムを選ぶ

ベーシックなアイテムを選び、なるべくワン・シーズンで別れを告げる物ではなく、流行の変化をある程度見越した上で、長く着られそうなデザインを見極めることが大切だ。3年後も着用したいと思うかどうかがポイント。

③買い物の方法を見直す

人と環境に優しい、エシカル&サステナブルの定義を少しでも満たしているアイテムを選ぶ。値段を最優先基準にするのではなく、自分に必要な物は何かを冷静に判断し、買い物することを心掛ける。

5月は、シドニーでメルセデス・ベンツ・ファッション・ウィークが開催されるなど、ファッションに関するイベントも目白押し。この機会にぜひもう一度ファッションについて考え、自分に合ったスタイルを追求してみるのも良いのでは。

オーストラリア発ファッション・ブランド 3

オーストラリアには、エシカル&サステナブルなファッション・ブランドが数多くある。オーガニック素材だけを使用している100%エシカルとはいかないものの、環境や生産過程で労働者への気配り、そしてリサイクル活動が積極的に行われるなど、さまざまな形でエシカルな配慮がされているオーストラリア発のレディース・ファッション・ブランド3店を紹介する。

NOBODY DENIM

 1999年にメルボルンで誕生した「ノーバディー・デニム(Nobody Denim)」は、独自のユニークなツールと手法により製造されたデニムをメインにカジュアルなアイテムを取り扱っているブランド。フィット感が心地良いスキニー・ジーンズを始め、お洒落なデニム・スカート、Tシャツ、デニム・ジャケットなど、上質な素材で耐久性の良い商品がそろえられている。
 また、労働組合「Textile, Clothing and Footwear Union of Australia (TCFUA)」と綿密に連携し、商品は全て「Made in Australia」。生産は地元のものでまかなわれ、オーストラリア人雇用を維持し、公正で安全な労働条件が備えられており、エシカルなブランドとしても定評がある。メルボルン本店の他にも各地のセレクト・ショップで商品が取り扱われているのもうれしい。詳細は下記ウェブサイトまで。もちろんオンライン・ショッピングも可能だ。

Web: nobodydenim.com

gorman

 「ゴーマン(Gorman)」は、1999年、メルボルンのお洒落な街フィッツロイでリサ・ゴーマンによって設立された。カラフルでポップなプリントが特徴のファッション・アイテムはとてもユニークで可愛らしい。さまざまなアーティストとコラボレーションした商品開発も行われている。オーストラリア国内各地に展開されている店舗は、環境に配慮したデザインが施され、主にリサイクル、または植林の木材を使用。漂白されていないリネンのカーテンやケミカル・フリーの物などが使われている。
 同ブランドは、2007年からオーガニック・コットンを始め、テンセル、ロウ・ラッタン・リネンなどオーガニック素材を使用したライン「gorman organic」も展開。また、13年からは、ショッピング・バッグは不要と申し出た顧客4人ごとに木を1本植えるプロジェクを取り組むなど、積極的に環境保全活動を行っている。

Web: www.gormanshop.com.au

cue

 1968年、シドニーに第1号店をオープンして以来、オーストラリアそしてニュージーランド各地に200以上の店舗を展開する「キュー(Cue)」は50年の歴史を持つオーストラリアン・ファッション・ブランド。イギリス・ロンドンのファッションにインスパイアーされ誕生した同ブランドは、エレガントでモダンなデザインに定評がある。スタイリッシュなシャツやワンピースを始め、コンサバティブなスーツなどビジネス・シーンでも使えるオフィス・カジュアル・ラインは働く女性に大人気。また、フォーマルなパーティーでも着られるアイテムもそろう。
 エシカルな面では、開発から製造まで、全てオーストラリアで行っている正真正銘の「Made in Australia」。地元オーストラリア人の雇用を維持し、公正で安全な労働条件の基準を満たし、衣料品の素材も耐久性のある上質な物が使用されている。

Web: www.cue.cc

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る