【SYD】最大級アートの祭典へ!

世界のアートと出会う夏のフェスティバル

Sydney Festival 2014

シドニー・フェスティバル2014(1月9~26日)

新年恒例の芸術祭、シドニー・フェスティバルが1月9日に開幕する。今年は世界17カ国から80グループ、計722人のアーティストがシドニーに結集。ワールド・ミュージック、コンテンポラリー・ダンス、ジャンルを超えたコラボ、怪しげなサーカス、巨大インスタレーションなど、刺激的なプログラムがいっぱいだ。無料イベントもたくさんあって、嬉しい。 18日間にわたるイベント総数104の各詳細は、ウェブサイトで。パフォーマンスの一部を動画で見ることもできる。既にチケットが売り切れているプログラムもあるので、早めにチェックを!

公式ウェブサイト:www.sydneyfestival.org.au
シドニー・フェスティバル2014
■概要:
日程:1月9日(木)~26日(日)
会場:シドニー市内各所およびパラマタ市内各所
Tel: (02)8248-6500
Email: mail@sydneyfestival.org.au
■パンフレット:市内各所で無料配布中。
■チケット:オンライン購入は、公式ウェブサイトから。電話での購入は、Tel: 1300-856-876(Sydney Festival)またはTicketmaster、および上演会場の窓口で。
【割引チケット】「フェスティバル・マルチパック」は対象となるイベント3つ以上の購入で10%引き5つ以上で15%引きとなってお得。
【25ドル・チケット】その日の午後3時から翌日2時30分までのプログラムを対象にした一律25ドルのチケット。フェスティバル・ビレッジ(ハイド・パーク内)に設置された「The Tix forNext to Nix」ブースで正午から2時30分まで限定枚数を販売。売切れ次第終了するので早めに。1人2枚まで。
MUSIC
ソイル&“ピンプ”セッションズ Soil & “Pimp” Sessions

激しいステージ・パフォーマンスで知られる日本の6人組ジャズ・バンドがオーストラリアに初上陸。炸裂するサックスとトランペット、狂ったようなピアノとドラム、彼らの「デス・ジャズ (Death Jazz)」を体感しよう。

▼会場:シドニー・タウン・ホール(Sydney Town Hall)▼日時:1月25日(土)開場8PM ▼料金:$46(18歳未満入場不可)

ボンビーノ Bombino

アフリカ・サハラ砂漠の南、ニジェール出身のバンド。彼らの音楽は「砂漠のブルース」と呼ばれ、リード・シンガーでもあるオマラ・モクタールのエレキ・ギターからはヘンドリックスに通じる魂が伝わってくる。

▼会場:フェスティバル・ビレッジ内ザ・スピーゲルテント(The Spiegeltent, Festival Village, Hyde Park)▼日時:1月9日(木)・10日(金)5:15PM ▼料金:$38(立ち見のみ)

サマー・サウンド・ウィズ・チャカ・カーン Summer Sounds in the Domain with Chaka Khan

毎年恒例の野外無料コンサートに、今年はR&Bの女王、チャカ・カーンが登場。エネルギッシュな歌に乗って踊りまくろう。

▼会場:ザ・ドメイン(The Domain)▼日時:1月11日(土)8PM ▼料金:無料

シンフォニー・イン・ドメイン Symphony in the Domain

シドニーの夏の夜に欠かせない、シドニー交響楽団の野外無料クラシック・コンサート。今年の演目はホルストの組曲『惑星』。

▼会場:ザ・ドメイン(The Domain)▼日時:1月26日(日)8PM ▼料金:無料

オルケスタ・ティピカ・フェルナンデス・フィエロ
La Orquesta Tipica Fernandez Fierro

タンゴの本場、アルゼンチンの12人編成バンド。タンゴに欠かせない4台のバンドネオン、3台のバイオリン、ビオラ、チェロ、ベース、ピアノと伝統的な編成ながら、新味が加わったアコースティック・タンゴが魅力。

▼会場:シドニー・タウン・ホール(Sydney Town Hall)▼日時:1月18日(土)開場8PM ▼料金:$56(18歳未満入場不可)

MUSIC & FILM
スピリット・オブ・アカーシャ Spirit of Akasha

サーフィンの世界チャンピオン、ステファニー・ギルモアやボウ・ヤングなどが登場する新作サーフ・ムービー『スピリット・オブ・アカーシャ』を、ライブ演奏付きで上映。オーストラリアのサーフ・カルチャー万歳!

▼会場:シドニー・オペラ・ハウス、コンサート・ホール(Concert Hall, Sydney Opera House)▼日時:1月25日(土)7PM ▼料金:$49~79

ビジターズ Visitors

現代文明を問うノンフィクション映画『カッツィ三部作』で知られるゴッドフリー・レッジョ監督の最新作。オリジナル・サウンド・トラックをシドニー交響楽団がライブ演奏して上映する映像詩と音楽のコラボ。

▼会場:シドニー・オペラ・ハウス、コンサート・ホール(Concert Hall, Sydney Opera House)▼日時:1月23日(木)・24日(金)8PM ▼料金:$55~115

DANCE
ディドとエネアス Dido & Aeneas

ドイツ屈指の振付師サシャ・ワルツによる、古典オペラ『ディドとエネアス』を題材にしたコンテンポラリー・ダンス作品。水槽を使った水中ダンス・シーンが見もの。オーケストラと歌手もベルリンから参加。

▼会場:ザ・スター内シドニー・リリック(Sydney Lyric, The Star)▼日時:1月16日(木)・17日(金)・20日(月)・21日(火)8PM、19日(日)5PM ▼料金:$55~199

グディル・グディル Gudirr Gudirr

オーストラリアのアボリジニが経験してきた過去、不安定な現在、そしてまだ見えぬ未来にスポットを当てたメッセージ性のあるダンス作品。アボリジニのダンサーによるソロ・ダンスには圧倒的な力強さがある。

▼会場:キャリッジワークス、ベイ20(Carriageworks Bay 20, Eveleigh)▼日時:1月16日(木)7:30PM、17日(金)8:30PM、18日(土)1:30PM、6:30PM、19日(日)6:30PM ▼料金:$35

チー・ウダカ Chi Udaka

太鼓集団Taikozとインド伝統ダンスのフュージョン作品。タイトルのChiは「地」、Udakaは古代インド語で「水」の意味。太鼓の土着的な響きと水が流れるような踊りが出会って、新たなアートになった。

▼会場:シーモア・センター内ヨーク・シアター(York Theatre, Seymour Centre, Chippendale)▼日時:1月16日(木)~18日(土)7: 30PM ▼料金:$44

アム・アイ Am I

自分とは?この永遠の問いかけをテーマにした強烈な音楽とダンスのコラボ。オーストラリア人振付師ショーン・パーカーによる物理学にヒントを得た振り付けがユニークなコンテンポラリー・ダンス作品。

▼会場:シドニー・オペラ・ハウス内ドラマ・シアター(Drama Theatre, Sydney Opera House)▼日時:1月9日(木)・10日(金)8:15PM、11日(土)4PM、8:15PM、12日(日)4PM ▼料金:$62~72

INSTALLATION
サクリリッジ Sacrilege

イギリスの遺跡ストーンヘンジがエア・キャッスルになってシドニーに出現! 歴史とアートを合体させた英アーティスト、ジェレミー・デラーの作品。大人も子どももバウンスして“遺跡”を楽しもう。

▼会場:フェスティバル・ビレッジ(Festival Village, Hyde Park North)▼日時:1月9日(木)~26日(土)9AM~9PM、月休(火9~10AMは乳幼児・身障者のみ)▼料金:無料

マーシャンツ・ストア Merchants Store

ぱっと見は普通の3階建ての店だが、よく見ると人が窓にぶらさがったり壁をさかさまになって歩いている人がいる! 鏡を巧妙に使ったインタラクティブなインスタレーション。カメラを忘れずに。

▼会場:ダーリン・ハーバー(Darling Harbour)▼日時:1月9日(木)~23日(木)9AM~9PM ▼料金:無料

FAMILY
ボックスウォーズ Boxwars

段ボールを使って戦闘用かぶとを作るワークショップ。時間内であれば、年齢を問わずだれでも飛び込みで参加でき、何時間いてもOK。必要なのはイマジネーションとちょっとした創造性だけ。

▼会場:フェスティバル・ビレッジ(Festival Village, Elizabeth & Park Sts., Hyde Park)▼日時:1月12日(日)~1月17日(金)10AM~2PM、月休 ▼料金:無料

ザ・パイパー The Piper

反逆心のあるクマのパイパーと頭が混乱気味の市長さんが繰り広げる物語。人形劇にマルチメディアが加わった上に、観客の一部もステージに参加するというワクワク感いっぱいのステージ・ショー。5歳以上向き。

▼会場:キャリッジワークス・ベイ20(Carriageworks Bay 20, Eveleigh)▼日時:1月9日(木)~19日(日)11AM(11・16日は2:30PMもあり。19日は4PMもあり)13・17日休 ▼料金:ステージ席$55(大人1人+子ども1人)、一般席大人$35、子ども$20

PARRAMATTA EVENT
パラ・オープニング・パーティー Parra Opening Party

シドニー西郊パラマタ市でも数々のプログラムが組まれている。初日はメイン・ストリートでのパレード、公園での野外コンサートなど、フェスティバル開催を祝い5時間にわたって街中がパーティー会場に!

▼会場:チャーチ・ストリート(Map①)、プリンス・アルフレッド公園(Map②)などパラマタ市内各所(Parramat ta CBD)▼日時:1月10日(金)6PM~11PM ▼料金:無料

バンド・オブ・マジシャン Band of Magicians

アメリカ出身の3人のマジシャンとシドニー出身のマジシャンが出会い、マジックの若手4人組スーパー・グループが誕生。マジシャン1人ではできないことが可能になって、驚きと不思議さも4倍増!

▼会場:リバーサイド・シアター(Riverside Theatre, Parramatta)Map③ ▼日時:1月10日(金)・11日(土)、14日(火)~18日(土)7:30PM(土は2PMもあり)、12日・19日(日)2PM ▼料金:$55~65、ファミリー(大人2人+子ども2人)$180

ラバー・ダック Rubber Duck

昨年のフェスティバルではダーリン・ハーバーに登場した巨大アヒルが、今年はパラマタにお目見え。黄色いアヒルのおもちゃを模した5階建ての高さのオブジェはオランダ人アーティストの作品。見る人の心がなごむ。

▼会場:パラマタ公園内パラマタ川(Parramatta River,Parramatta Park)Map④ ▼日程:1月10日(金)~19日(日)▼料金:無料

FESTIVAL VILLAGE

 フェスティバルの期間中、市内中心部ハイド・パークの一角が「フェスティバル・ビレッジ」に姿を変える。朝10時からは家族向けイベントが始まり、会場に設置された2つの大テント内では夜な夜なコンサートや大人向けサーカスなどパフォーマンスが繰り広げられる。夕方5時からはバーがオープン。ドリンクや食べ物をつまみながら、シドニーの夏の夜をエンジョイ!

▼会場:ハイド・パーク(Hyde Park)、入口は公園北側アーチボルド噴水近く ▼日程:1月8日(水)~26日(日)、月休

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る