あなたのお悩みを解決!Q&A特集2014(生活・教育)

 日本を離れオーストラリアという地で暮らしている者にとって、日常生活の中の小さなことでも悩みは尽きないもの。本特集ではさまざまなネットワークを持つ日豪プレスが、読者から届いた悩みや疑問について、専門家に直接その回答やアドバイスを伺った。助けになってくれる各種専門機関を掲載するとともに、日ごろの悩みがすっきり解消されるような情報をまとめて紹介する。

医療  |  美容  |  法律  |  生活・教育
生活・教育

ここでは携帯電話やアルバイト、語学・教育など、生活全般についての悩みをまとめた。オーストラリアに来たばかりの人や短期滞在者、またこれから長期滞在を志している人にもぜひ参考にしてほしい内容だ。

 ワーキング・ホリデーでオーストラリアへ来て1年が経ちます。セカンド・ビザを取得したので2カ月ほど日本へ帰国予定なのですが、電話とインターネットをどうしようか考え中です。どうしたらいいですか?(23歳/シドニー在住/アルバイト)
 トラトラでは日本帰国者向けWiFiも取り扱っています。まずは帰国の期間や、オーストラリアに戻ってきた時の予定などを教えてください。当店の携帯セクションでは、1人1人に合ったベストなプランを一緒に考えていきます。(トラトラ 藤澤さん)

どんな小さなご相談でもトラトラにお任せ

たくさんの人で賑わう店内


いつも笑顔で対応してくれるがくさん

「Travel & Travel」(通称:トラトラ)は、シドニー中心地に位置する日本人留学生や旅行者のための総合情報センター。初めての海外で、何から始めたらいいのか分からないという人は、まずトラトラに行ってみるのがいいだろう。同店では、オーストラリア生活を楽しく過ごすためのさまざまなアドバイスを基本的に無料で行っている。例えば、タックス・ファイル・ナンバーや銀行口座開設申請のヘルプ、お仕事探しセミナーやシェアハウス探しセミナー、セカンド・ワーキング・ホリデー・ビザ取得のためのファーム・セミナーなど、オーストラリア生活をサポートするセミナーを無料で開催している。そのほか、主なトラトラのサービスとしては「格安携帯電話の購入・レンタル/ポケットWiFiレンタル」「オーストラリア旅行ツアー/航空券/長距離バス/鉄道/WWOOFの紹介・申し込み」「学校相談/RSAの申し込み/私書箱サービスの提供」「ビザ相談」「日本への荷物宅配/日本への土産用ワインの申し込み」など、挙げればきりがない。カウンターには笑顔の絶えないスタッフが座っているので、堅苦しいオフィスという雰囲気は一切なく、いろいろな年代の人が気軽に来店しているのが印象的。「シドニーで友達を作りたい」「アルバイトをしたい」などちょっとした悩みでも、1度来店して相談してみてはいかがだろうか。

トラトラ (Travel & Travel)
■住所:Level 4, 303 Pitt St., Sydney ■Tel: (02)9286-3774 ■Fax: (02)9286-3974 ■E-mail: travel@tora-tora.net ■営業時間:月〜金9:30AM〜6PM、土11AM〜4PM
 オーストラリアへ来て約3カ月。共働きで娘を幼稚園へ通わせたいのですが、費用が高くて困っています。週1日2日からでも構わないのでどこかに預けられるような施設やサービスはありますか?(30代/シドニー在住/主婦)
 弊社では1時間25ドル、最短2時間からご自宅でお子さまをお預りすることができます。シッターたちは全員、幼稚園教諭の経験者なので、お子様の家庭教師としてもご利用いただけます。(Souseikai International 沼田さん)

日系ベビッシッターならココ

きめ細やかで真心が込められたサービス

「わせみーくん」では、シドニー在住者を対象にベビーシッターや家事代行サービスを提供している。ベビーシッター・サービスでは、通常のシッターでは難しい日本語の日常会話や日本の童謡を用い、礼儀作法を含めた「日本人の心」を大切にし「心の育成」を目指す。ウェブサイトではベビーシッター・スタッフの紹介もしている。

わせみーくん (運営会社:Souseikai International Pty. Ltd.)
■Tel: (02)8038-5035、0474-124-858 ■住所:Suite 305, 37 Bligh St., Sydney ■Email: info@wasemi.com.au ■Web: www.wasemi.com.au ※カード払い可
 シドニーへ来て2週間が経ちました。日本で毎週読んでいた週刊少年ジャンプですが、シドニーでも読みたいです。どこか良い場所はありますか?(21歳/シドニー在住/学生)
 日本の漫画喫茶HowHowで毎週水曜入荷のジャンプ最新号が読めます。ドリンク・バー付きで30分3ドルから、お得な3時間パックは10ドル。シドニー店は毎日営業。ゴールドコースト店もあります。(漫画喫茶HowHow Tさん)

毎月、人気コミックが続々入荷!

日本の漫画がそろっているHOWHOW店内。

シドニー・ワールド・スクエアのすぐ近くにある日本の漫画喫茶は、シティの隠れ家的、くつろぎの空間だ。ジャンプ、マガジン、「ONE PIECE」、「NARUTO」など定番人気漫画はもちろん、ちょっとレアな漫画まで、誰でも楽しめるラインアップ。日本のバラエティー、ドラマDVDがレンタルできる「VideoJapan」シティ店も併設している。

インターネット漫画空間ハウハウ (Internet Comic Space HowHow)
■住所:Suite 305, Level 3, 332 Pitt St., Sydney ■Tel: (02)9261-0479 ■Fax: (02)9261-0479 ■Email: info-r@japanesesydney.com ■Web: www.japanesesydney.com/jp ■営業時間:毎日12PM〜9PM、祝12PM〜7PM
 シドニーに来たばかりですが、すぐに働きたいです。何から始めたらよいでしょうか?
(23歳/シドニー在住/フリーター)
 まずは次の申請が必要です。「1.タックス・ファイル・ナンバー(納税者番号)」「2. 銀行口座開設」「3. RSA(アルコール取扱免許※お酒を扱うお店で働く場合)」。トラトラでは毎週のお仕事セミナーの中で、このようなことについても詳しく説明しています。(トラトラ 藤澤さん)

 

 オーストラリアの独自の英語にはどのようなものがあり、どのようにして覚えればよいでしょうか?(25歳/シドニー在住/学生)
 オーストラリア独自の英語というと、具体的には次のようなものが挙げられます。「You’re welcome — No worries」「What’s up — G’Day mate」「Breakfast — brekkie」「biscuit — bikkies」「Australian — Aussie」「Macdonald — Maccas」「Woolworths— Woollies」「barbecue — barbie」「university — uni」「tracksuit pants— trackies」「hood jumper — hoodie」
 オーストラリア英語は省略語が多く、発音もアメリカ英語などとは大きく異なるので生の英語を聞くことが1番の上達法でしょう。ネイティブのオーストラリア人に会うには小さな地元のカフェやパブに行くことをお勧めします。いきなり話しかけてもフレンドリーに話してくれるのがオーストラリア人です。自宅で学ぶなら「Home and away」「Neighbours」などオーストラリアのドラマを見るのもいい勉強です。(YC – College Oさん)

 

 幼児や小学生向けのアクティビティープログラムはたくさんあるようですが、ハイスクール生向けの何か良いプログラムがあれば教えてください。(38歳/シドニー在住/主婦)
 下記のようなアクティビティー情報のほか、NSW州教育庁のウェブサイトや、お住まいの地域の各カウンシルの掲示板にも情報が出ていますので、閲覧してみてはいかがでしょうか。また、各レクリエーション・センターや博物館、アート・センターなどでもホリデー向けのアクティビティーを行っていますので要チェックです。(Universal KIDS 内野さん ※日豪プレス過去掲載より)

【アクティビティー情報】

■8〜14歳向けのアクティビティー(演劇や映画制作ワークショップなど)
Web: www.anmm.gov.au/site/page.cfm?u=1245

■国立公園のツアー(国立公園で体験できる自然を利用したスポーツや天体観測、生物観察、エコ・ツアーなど)
Web: www.environment.nsw.gov.au/NationalParks/Tours.aspx?region=blue-mountains

■シドニー大学のスポーツ・キャンプ
Web: www.susf.com.au/page/school_holiday_sports_camps.html

■シドニー・シティ・カウンシルのアクティビティー
Web: www.cityofsydney.nsw.gov.au/explore/facilities/community-centres/ultimo-community-centre

 

 今年HSCを受ける息子がいるのですが、オーストラリアでは学費を免除するなどの奨学金制度はありますか?(32歳/シドニー在住/主婦)
 はい、あります。2005年以前から住んでいらっしゃる方々には、「HECS(ヘックス)」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。06年からはHECSから「HECS-HELP」という名称に代わり、内容も少々変更されました。奨学金の制度には「Commonwealth Supported Place(CSP)」と「HECS-HELP」がありますが、それぞれ基準がありますので、詳しくは各大学にお問い合わせされるのがいいでしょう。(Universal KIDS 内野さん ※日豪プレス過去掲載より)

 

 子どもに障害がある場合、幼稚園や小学校でサポートは受けられるのでしょうか。もし可能な場合、どのようなサポートがあるかも教えてください。
 幼稚園、小学校ともにサポートを受けることができます。生後すぐから就学前までのお子さんには、早期介入(Early Childhood Intervention)サービスというものがあり、コンサルテーションをはじめ、お子さんが通う幼稚園やデイ・ケアやコミュニティー・サービスでのスペシャリストによる情報提供や指導、セラピーやセミナー、身体的サポートなど障害の種類によってさまざまです。(Universal KIDS 内野さん ※日豪プレス過去掲載より)

 

 これから幼稚園に通う子どもがいるのですが、急性アレルギーを持っているので心配です。エンロールメント・フォームにはアレルギーがあることを記しましたが、幼稚園にいる間にアレルギーが起きた場合、どうなるのでしょうか。(32歳/シドニー在住/主婦)
 アナフィラキシー(anaphylaxis)」と言います。アナフィラキシーは、発症してから短時間で全身にアレルギー症状が起こることで、最悪の場合、死に至ることがあります。この方の場合、まずかかりつけの医者に幼稚園に入ることを告げ、「ASCIAAction Plan for Anaphylaxis」というフォームを作成してもらい、学校や幼稚園、塾などの必要な場所にそのコピーを渡しておくことが大事です。このフォームには、お子さんのアレルギーを起こす物質、初期症状、主症状、処方薬、医者と両親の連絡先などが記されており、症状が認められた場合、そのプランに従って教師たちは対応します。(Universal KIDS 内野さん ※日豪プレス過去掲載より)

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る