【QLD】時代を生きる人に注目 世界を舞台に活躍する輝く女性たち③

時代を生きる人に注目 世界を舞台に活躍する輝く女性たち

「グローバル社会」や「個人の時代」により働き方が変化しつつある現代。日本から離れ、海外のビジネス·シーンで活躍する女性が増えてきている。今回は、グローバルに活動する女性6人に、彼女たちのルーツや現在に至るまでの歩み、仕事の原動力や活動に捧げる情熱についてインタビューした。


マインド&ボディーをハッピーに。悩めるママを助けたい

セラピスト、ヨガ・インストラクター
行則真依子さん

プロフィル
日本のスポーツ・クラブでフィットネス、ヨガ、スイミングのインストラクター、パーソナル・トレーナーとして約7年活動後、2009年に来豪。オーストラリア政府認定「Certificate IV in Fitness」「 Dip Remedial Massage」取得後、14年に「Seven Senses Health」をブリスベンに設立。リメディアル・マッサージやベビー・マッサージのセラピスト、ヨガ・インストラクターとしても活動中

セラピスト、ヨガ・インストラクターとして活躍する傍ら、ブリスベン在住の日本人ママを対象にしたコミュニティー運営に奔走する行則真依子さん。多くの人が「心と体の健康」の基盤を作ることで、笑顔溢れるコミュニティーができると信じ、社会に貢献している行則さんの活動と今後の展望について話を伺った。

――ご自身が設立された「Seven Senses Health」についてお聞かせください。

Seven Senses Healthでは、リメディアル・マッサージの施術とヨガ・クラスをメインに行っています。私が行うマッサージはオーストラリアのリメディアル・マッサージだけでなく、日本や東南アジアで学んだ技術を融合させ、1人ひとりに合わせた施術を行います。そして、必ずその人に必要なトレーニングやストレッチなどを伝授し、自身で自分の体が本来あるべき形になるようアドバイスしています。毎週土曜日に開催するヨガ・クラスでは、オーストラリアの大自然のエネルギーを感じながら体を気持ち良く動かすことができます。そして参加者が自分の心と体の状態を知ること、それを自分でコントロールできるようになることを目標とし、ブリスベン市内の公園でレッスンをしています。

――本職以外にもブリスベンの日本人コミュニティー作りに邁進されているようですが、きっかけは何だったのですか。

2015年に、ブリスベン在住の日本人ママのためのコミュニティー「ブリスベンマザーズ」を発足させました。異国の地で子育てをする友人の悩みを聞いているうちに、身近な所で日本人ママたちが悩みを共有できる場が少ないと感じました。先輩ママらが現役ママらに手を差し伸べるコミュニティーを確立することで、気軽に情報交換ができ、子育ての不安も取り除かれるのではないかと考えたのがきっかけです。

――ブリスベンマザーズの具体的な活動内容を教えてください。

子ども連れでヨガ・クラスに参加するママの姿も見られる
子ども連れでヨガ・クラスに参加するママの姿も見られる

基本的にフェイスブックのページ上で情報交換を行っています。参加者が気軽に情報を発信する他、「現役ママのお薦めの公園」などを紹介する動画配信や、「ママたちがオンラインで集まれるオフ会」の開催など活動内容は多岐にわたります。現在は「家でできる保育」をテーマに、友人の保育士さんとオンライン講座の設立を検討中です。他にも、日本の伝統舞踊よさこいソーランを教える「ブリスベンよさこいキッズ」のクラスを18年からスタートさせました。日本の文化継承や子どもの協調性、コミュニケーション能力の向上を目的に掲げ、ローカルのイベントや祭りで披露する日に向けて皆さん練習に励んでいます。更に4月15日には「端午の節句を祝おう」というイベントをブリスベン・ノースで開催予定です。未就学児を対象とした保育のイベントで、クラフトや歌、キッズ・ヨガを行うので、詳細はフェイスブック・ページをご確認ください。

――今後の展望をお聞かせください。

睡眠時間をしっかり取っていても、ストレスにより体が休まっていない人が多くいる現代社会の問題を解決すべく、不眠症のためのメディテーション・セッションに取り組みたいと考えています。また、人びとの身体的な健康面はもちろんのこと、ワーキング・ホリデー・ビザや学生ビザで滞在の人や永住者、駐在員、シングルからファミリーまで誰でも参加できるブリスベンの地域別コミュニティーを作ることで、精神的にも豊かな心が生まれ、皆さんのオーストラリア生活がより良いものとなるようにサポートしていきたいと思っています。

Seven Senses Health代表・行則真依子(ゆきのりまいこ)
■Tel: 0425-407-641
■ヨガ開催日時:毎週土9AM~10AM(Brisbane city)
■Web: www.sevensenseshealth.com
■Facebook:「ブリスベンマザーズ」「ブリスベンシティ日本人コミュニティー」で検索
■ブリスベンマザーズLine lD: hov5830z


目が見えない人と見える人をつなげて相互理解を深めたい

∞Infinity∞代表
ユウコさん

プロフィル
グローバルな視覚障がいに関する社会プロジェクト「∞Infinity∞」代表。シンガポール在住。日本・シンガポールのみならずタイ・バンコク、ブリスベンでもトーク・イベントなどを開催。また、ニュージーランド、バンコクでは、現地の視覚障がい者や盲学校などを訪問し、より良い社会を目指すために活動している。また、自身の経験を生かしメンタル・セッション業も行っている

ユウコさんは、娘が生後5カ月で全盲と判明。そんな中、真っ暗闇の世界を体験するエンターテインメントに参加したのをきっかけに、視覚障がい者について理解を深める情報を発信する活動「∞Infinity∞」を開始した。目が見える人と見えない人の相互理解のために奔走するユウコさんに活動内容などについて伺った。

――ユウコさんのこれまでの歩みをお聞かせください。

日本では生命保険の営業職に就き、妊娠・出産を経て、職場復帰しました。しかし、育児と仕事のバランスを崩し体調不良に。休職期間が自分を見つめ直す機会になり、内観する大切さを実感しました。その後、主人の仕事のためシンガポールへ移住し、旅行関連のライター、コーディネーターのキャリアを積み、現在はメンタル・セッション業を行う傍ら、4年前から視覚障がい者について情報を発信する社会プロジェクト「∞Infinity∞(インフィニティー)」を設立しました。

――なぜ∞Infinity∞を設立したのですか。

娘が生後5カ月の時に、生まれつき全盲であることが分かりました。最初は、なぜ私の娘だけこんな状況になるのかと、しばらくは現実を受け入れることができませんでした。そんな時に視覚障がい者の世界を体感する「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を経験しました。これは世界41カ国以上で開催されていて、真っ暗闇の中に入り、風や匂い、物の手触りを感じたり、カフェでドリンクを注文して、暗闇カフェを楽しむという面白い体験ができるエンターテインメントです。

視覚障がい者にとっては当たり前の世界が、私たちには別世界であることを体感して衝撃を受けました。この経験をきっかけに、見えない世界を理解することが、相互理解につながり、視覚障がい者が生きやすい社会を作るきっかけになるのではないかと思い、∞Infinity∞を設立することを決めました。

――∞Infinity∞の具体的な活動内容について教えてください。

対面イベントの場合、アイ・マスクをした状態で、触覚・嗅覚を使う体験や、実際歩行をしてもらうイベントを開催、オンラインでは、シンガポールの特別支援についての勉強会などを開催しています。また日本やタイ、ニュージーランド、オーストラリアでは、視覚障がいイベントを実施しています。昨年6月に東京・原宿で、今年2月にはバンコクで視覚障がい者当事者とコラボイベント開催し、見える見えないに関わらず、全員が楽しめるイベントになりました。また、ありがたいことにシンガポールで教育に関わる大学院の講義のパネラー・ゲストに招待されたこともあります。

そのような活動を通して多くの人が視覚障がい者のことを知り、考えるきっかけになっていると感じます。人との出会いやつながりが、大きな変革を起こすと思っています。

――今後はどういった活動を予定されていますか。

昨年東京で開催したイベント「見えない世界の子育ての話」の参加者たちと
昨年東京で開催したイベント「見えない世界の子育ての話」の参加者たちと

世界中の視覚障がい者との対談動画を公開したり、オンラインでもコラボ・イベントを開催したいと思っています。また、世界中の視覚障がいに対する取り組みなども紹介したいです。海外に住む日本人だからこその感性を生かし、良い社会作りにつなげられたらうれしいです。今後も世界各国に行き、世界中の多くの視覚障がい者と会い、そこで得たことをより多くの人に伝えたいです。

今、社会生活を送る視覚障がい者と出会うことが、私自身の希望であり、同じような状況の家族の光にもなると思っています。まずは興味を持ってもらうこと、知ってもらうこと、それが小さな変化を起こし、後に社会を大きく変えることにつながるはずです。そのために、今後も発信していきます。

∞Infinity∞代表・ユウコ
■Email: info@8infinity8.info
■Web: peraichi.com/landing_pages/view/manayuko(メンタル・セッション)
■Facebook: www.facebook.com/sin.yuko.56
■ブログ:ameblo.jp/serendipity-treasure


新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る