留学後の就活情報/就活成功事例紹介

RECRUIT TIMES

留学後の日本就活情報

RECRUIT TIMES

第7回:就活成功の先輩事例を一挙ご紹介

前号でお知らせしましたが、リクルート「エージェント就活」によるオーストラリア留学生向けの就職セミナーを10月初旬に開催します。オーストラリア在住留学生にとって、11月〜1月末のスクール・ホリデー期間は就活の本番となりますので、自己分析や面接対策に役立つコンテンツ、企業情報をご紹介する予定です。それでは、今月はエージェントがサポートし、無事内定を獲得された学生さんの事例をご紹介します。就活成功のポイントをチェックしてみましょう!

 
Oさん:The University of Queensland(2012年7月卒)
内定先:製薬メーカー

Oさんは昨年10月、エージェントの就職セミナーに参加し、活動準備をスタート。自己分析や企業情報の収集を行いました。夏期休暇が始まる11月に日本へ帰国。就職活動をしましたが、ここでは内定は獲得できませんでした。しかし今年の7月、卒業後に面接会イベントへ参加し、面接の機会が得られてから、それ以後の進展は非常に速かったようです。
 自己PRの下準備ができていたことや、応募する企業を初めから選り好みしていなかったこと、この辺りが成功のポイントだったと思います。企業情報の収集に費やす時間が短くなってしまう留学生にとって、志望動機を考えるのは難しいことです。Oさんも最初は苦労していました。しかし、アドバイザーからのダメ出しに内容を練り直すという努力をして、1次面接からわずか10日間で内定を獲得し、活動を無事終了しました!

【Oさんから後輩へのメッセージ】
自信を持って活動してください。それだけで企業に伝わる印象はずいぶんと違います。また、そのためにも必要な下準備(自己分析など)をしっかり行いましょう」

 
Yさん:Queensland University of Technology(2012年12月卒)
内定先:鉄鋼メーカー

Yさんは今年4月に活動開始し、就活サイトで情報を収集し始めました。また、自己分析やエントリー・シートを何度もアドバイザーにチェックしてもらったり、面接対策をしてもらったりしていたそうです。その甲斐もあって、日本帰国後は面接での自己PRも上手にできましたし、「モノづくりで日本を元気にしたい」という志向もはっきり示していました。
 最終的に入社が決まった鉄鋼業界の企業は、今まであまり気に留めていなかったそうですが、世界的に高い技術を持ち、海外市場を開拓する職種への可能性も広がるという、Yさんの希望が生かせる企業です。

【Yさんから後輩へのメッセージ】
「社会人や大人と接する機会を積極的に持ってください。社会人から得る生の情報は何よりも貴重。留学中の限られた期間を無駄にせず、幅広い経験を積むようにしましょう」

 
Sさん:香港大学(2013年5月卒)
内定先:総合商社

Sさんは、受ける企業のラインアップや面接の受け方が非常に良く、「裁量の大きい働き方」「エネルギーに携わる仕事」に興味を持っていました。業界や企業規模に対する先入観を持たずに幅広くさまざまな企業と出会う中で、目指す働き方やなりたい姿のイメージを見出していったのだと思います。
 やはり決め打ちで企業や業界を絞ってしまっている人より、「志向する姿」から入る企業選びで就活に成功する人が多いです。また、エージェントの活用方法も上手でした。Sさんの状況や、気持ちの変化を必要な時にしっかり共有いただけたことで、企業との選考調整がスムーズにできました。報告・連絡・相談という社会人としての基礎が身に着いていたことも、短い期間での就活成功につながったのでしょう。

【Sさんから後輩へのメッセージ】
「自己分析をしっかり行いましょう。応募先に合わせて自己PRを変えるような就職活動ではなく、自分が何をしたいのかを明確にして企業を選ぶことが、本当の幸せにつながります」


就職☆SPI筆記試験対策コーナー

制限時間は1分
 
問題
(1)例文と同じ使い方の敬語を選びなさい。
【例】先日、会社で御社社長にお目にかかりました。
 
A:明後日、お客様がおいでになる予定です。
B:父は午後1時までに御社にうかがいます。
C:ゆっくりとご覧ください。
D:それは部長がおっしゃったことです。
E:先週、先生がこちらにお見えになりました。
 
(2)次の敬語の使い方が合っているかどうかを選択しなさい。
 
①校長先生が申された。
②料理が冷めないうちにいただいてください。
A:①②ともに合っている
B:①は合っているが②は間違っている
C:①は間違っているが②は合っている
D:①②ともに間違っている


 
(1)尊敬語と謙譲語を正しく見分ける時、動作の主体が目上の人など敬意の対象であれば「尊敬語」、自分や身内であれば「謙譲語」を用います。例題の「お目にかかる」は「会う」の謙譲語なので、謙譲語の選択肢を選びます。
A:「来る」の尊敬語、B:「行く」の謙譲語、C:「見る」の尊敬語、D:「言う」の尊敬語、E:「来る」の尊敬語 → 正解はB
 
(2)正解はD:① ②ともに間違っている。正しくは、①校長先生がおっしゃった。②料理が冷めないうちに召し上がってください

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る