第6回:西村真弓さん

RECRUIT TIMES
西村真弓(Mayumi Nishimura、写真右)◎大学卒業後、大手進学塾で進学アドバイザーを経験。リクルートキャリアに入社後は、30代以上の営業出身者や、「第2新卒」と呼ばれる、社会人3年以内に転職をする若者など、幅広いキャリアの人の転職支援を経験。その後、新卒のグローバル人材担当のキャリア・アドバイザーとしてアドバイスを担当した学生の数は、1,000人を超えるベテラン・アドバイザー。

RECRUIT TIMES

就活アドバイザーが「働く喜び」をリポート

第6回:西村真弓さん

 1人でも多くの人たちが「働く喜び」を膨らませ、「働く喜び」の輪が新たな活力を生み出している社会を創りたい−というビジョンを掲げる、人材業界大手リクルートキャリア。このコラムでは、同社就活アドバイザーの小倉さんが、さまざまな“働く人”をインタビューし、それぞれの“働く喜び”を見出し紹介する。さまざまな経験談を聞いて、自分のキャリア・ビジョンを明確なものにし、就職活動に役立てよう!

聞き手◎小倉朋子/新卒エージェントサービス部/留学生のためのリクナビ就職エージェント:アドバイザー/Tel: +81-3-3211-7997/Email: t_ogura@r.recruit.co.jp/Web: job.rikunabi.com/agent/kaigai

 

 9月となりましたが、日本はまだまだ残暑の厳しい毎日。オーストラリアでは春の訪れを感じる陽気なのでしょうか? この時期のオーストラリアには訪問したことがありませんが、自然の多いオーストラリアでは、多くの花が咲いたり、きっと美しい景色の中、学生の皆さんも過ごされていることと思います。今回で最終回となりましたRECRUITTIMES。少しでも皆さんに役立つ情報を配信できていましたでしょうか? 今後もリクナビ就職エージェントでは、Facebookを通じて、お役立ち情報を配信しておりますので、ぜび「いいね!」をしてくださいね。Facebookページ:GLOBAL×就職 www.facebook.com/syukatsu.ragent

 

成長した学生の姿を見るのが何よりも嬉しい
 先日、長く就職活動をしていた学生さんが、無事内定を獲得されました。初めてお会いしたのは昨年の8月。世界TOPクラスの大学を卒業し、経歴的には問題ない学生なのに、長い就職活動でした。
 自ら考え、動く、どうなりたいかを考える。これができず、面接場面で不合格ばかりをもらっていたSさん。考え方や、思考方法などいろいろアドバイスしましたが、最近になりSさんから、自分で考えたこと、自分の意思での相談が増えてきました。結果、世界トップクラスの医療業界メーカーに内定!長かった就職活動でしたが、諦めずに自らを変え、成長を続けたため、とても良い結果がついてきました。
 もちろん就職決定そのものは嬉しいですが、何よりも嬉しいのは、サポートしている学生が、就職活動という場を通じてどんどん成長していく姿を見ていけること。私が関わったことで、学生たちの刺激になり、成長のきっかけとなれた時、喜びを感じます。

 

人は変われる、変化を続ける=成長だと思う
 変化が得意な人、苦手な人、それぞれいると思います。ただ、その変化を求め、受け入れていくことと、人として成長していくことは非常によく似ていると思います。
 学生の皆さんには、社会に出るまで、いろんな経験を通じて刺激を受けてほしいと思います。私の働くモチベーションは、人の成長に関わり、刺激を与えられること。人の成長、変化を見られる場面に携わり続けていたいなと思っています。

 

誰と働くか、よりも「私は何をしたいか」
 昔は、誰と働くかがモチベーションに大きく寄与していました。でも、人によってモチベーションがUP DOWNしてしまうと、苦しい時もあります。
 働く喜び(モチベーション)は、「人の成長に関わる仕事をしていたい」という自分の欲求に改めて気付いた時、少し変化したと思います。この欲求が実現できるフィールドという点で、もしも今の環境が違うと感じた時は、転職を考えるのかもしれませんね(笑)。

 

働く、とは?
 ライフワークの1つですね。もちろん、仕事だけをするという意味ではなく、生活の一部。切り離して考えることは難しいと思っています。「仕事は仕事」って考えながら働くのは、私には難しい。やるからには、100%の力を注いで没頭したい。そのためにも、自分の欲求の延長線上にある仕事(活躍の場)を得ることが大事ですよね。
 学生の皆さんにも、そんな環境に出会えるチャンスを多く提供したいですし、皆さんの成長に携われるアドバイザーとして、私も現状に甘んじることなく、成長をし続けていきたいです。

制限時間は40秒

就職☆SPI筆記試験対策コーナー

 

問題
言語分野からの出題です。

 

(1)文中のア〜エの空欄にA〜Dの語句を入れて文を完成させなさい。
一般的に地層は下の層ほど古いが(ア)(イ)(ウ)(エ)この法則は使えない。
A:傾いていた場合は B:影響によって C:地殻変動の D:ほぼ垂直に

 

(2)示された文章の下線部の意味を考え、最も近い意味で使われているものを選択肢より選びなさい。
【味をしめる】
A:貧乏の味を知る B:スープの味が薄い C:味のある演奏 D:味な趣向 E:薄味せんべい

 


 

(1)C⇒B⇒D⇒A (2)A
 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る