第10回 デザインをより目立たせるコツ

SPEC Design College
デザイン・ラボ

ビジネス・シーンで生かせるデザインのコツを紹介するコラム。

第10回 デザインをより目立たせるコツ

フライヤーやショップ・カードなどの広告は、置く場所によっては同様にデザインされたものと一緒に置かれることも少なくありません。せっかくのデザインが埋もれてしまわないように、同じデザインの中でさらに目を引く工夫をしたいものです。キャッチコピーなどの文字、写真やイラストなどのビジュアルでインパクトを与え、存在感を際立たせる方法もありますが、そのほかに物理的に目立たせる方法があります。今回は素材を使って、デザインを目立たせるコツをご紹介します。

紙のサイズを変えることで、一緒に並んだフライヤーやショップ・カードと差をつけることができます。フライヤーなら、端を切り落としてロング・サイズに、ショップ・カードなら、名刺より小さめのサイズ、というように違いをつけることで、目に留まりやすくなります。上下を少し縮めて正方形にすると、かわいらしさを演出できます。

印刷する紙を変えると、個性の強い印象を作ることができます。厚い紙は存在感を高めることができ、ざらついた質感を持つ紙は手に取った感触が印象に残ります。最近ではいろいろな特殊紙が市販されていますので、厚みや柄、質感などいろいろな特徴を持たすことができます。

また、紙の形を加工して、凝った形にするのも効果的です。角を丸く仕上げると柔らかい印象になり、変わった形だと「何だろう?」と手に取ってみたくなります。A4サイズのフライヤーでも、2カ所の対角の角を切り落とすだけで個性が引き立ちます。

以上は、これまでにお伝えしてきましたレイアウトや文字、色などのコツを使ったデザインと一緒に活用するものです。小さいことも1つ1つルールに沿って作れば、どなたでもデザインができます。これらがビジネスの現場でお役に立つことを願っております。

 


 

著者・麻野高宏
◎グラフィック・デザイン歴28年。12年間、日本のデザイン会社での数々の功績を残し、1999年にグラフィック&ウェブ・デザイン会社「Studio SPEC Pty. Ltd.」をシドニーで設立。デザインの質と信頼性で定評を得る。2010年には現場で学ぶデザイン・スクール「SPEC Design College」を設立。Web: www.studiospec.com.au(スタジオ)、www.specdesign.com.au(カレッジ)

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る