「壁ドン」を英語で説明できる!?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「2014年の流行語大賞トップ10にも選ばれた『壁ドン』。これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第41回

What is Kabedon?
壁ドンって何?

 

Aussie: I feel so out of the loop not knowing such a viral and popular term that all the young people are using!
 

You: Don’t worry, I only recently found out what all the hype was about, too.
 

A: So I can see that there is 壁(kabe) which would mean wall, but then there is the ドン (don) after which is confusing me…
 

Y: That part is referring to the sound of something hitting a hard surface/ object, like a wall. Together, they become the word 壁ドン (kabedon), which refers to the act of a person– usually a male – pinning another person against a wall by placing their hand(s) on either side of this poor soul with a ‘thud’ (‘don’)
 

A: That sounds complex. In what situation would this ever occur?
 

Y: Well , it’s certainly a bit of an anime & manga sensation, where it’s common for a male character to do this to a female character whom he is interested in. It’s usually the tough,‘bad boy’ type characters who do this, too, when they’re about to confess something.
 

A: Oh, right, so it’s more fictional.
 

Y: Yes, because if this were to happen in real life…
 

A: It would be mildly violent!
 

Y: Haha, yes. But clearly there are people who dream of this kind of set up happening in real life. Only a few days ago, I read a news article on a comical incident which happened on a train. A female passenger Tweeted “oh my goodness, I’m having 壁ドン done to me right now! He’s protecting me from the crowd, I feel so special!” really excitedly, but the male passenger saw her post and he re-Tweeted her, “I’m just trying my best not to get any closer to you by using my arm as a block, so keep dreaming.”
 

A: Haha, wow, that is harsh but really funny!

説明する時のポイント

「壁ドン」は、昨年の流行語大賞のトップ10にも選ばれて一気に「ブレイク」した言葉だが、流行語大賞に選ばれた方の意味は、実は亜流で、元々は「隣の部屋でいちゃついているカップルの声が漏れ聞こえて来た時に、『うるさい』という抗議の意味で壁をドンッと叩く行為」を指す言葉だったと教えてあげよう。しかし、今広まっている流行語としての使い方は、「イケメンに壁に追い詰められ、片手または両手で壁をドンと突かれ、身動きできない状態になる」という意味で使われていると説明してあげよう。実は、さらに3番目の用法として「壁を叩きたくなるほどの不満や憤りを感じた時など、腹が立った時に、実際に壁を殴る行為」という、主に男性アニメ・ファンの間に存在する使い方がある、と付け加えておこう。

【単語・成句】
out of the loop 蚊帳の外  
viral 急速に広まっている 
hype 過剰な取り上げ方 
~was/is about 〜は何なのか 
confusing (me) わけが分からない
act of ~ 〜の行動/行為
pin(ning) ~ 〜を追い詰める 
poor soul 可哀想な人
would (this) ever occur (こんなことが)起こる
it’s common よくある
is interested in 気がある/気に入っている
about to confess まさに告白しようという時
fictional 作り話の
were to happen もし起こったら
dream of ~ 〜を夢見る
as a block つっかえ棒として
 

【会話文で使える表現】
■”refer to ~/is referring to ~”この言い方は、直訳すれば「〜に言及する」「〜に関連がある」という意味だが、会話では「〜のことを指している」「〜のことを言っている」という風に軽い意味で使える。

例① “What’s she talking about?” “I think she’s referring to something which happened 20 years ago.”「あの人、何の話をしているの?」「恐らく20年前の出来事のことだと思うよ」

例② “I don’t understand what my manager was referring to.” “You’d better go and ask then.”「課長が何のことを言っているのか、分からないんだ」「それなら聞きに行った方がいいね」

例③ “Each part of the word ‘dan-sha-ri’ is referring to different things.”「断捨離という言葉のそれぞれの部分が、違うことを指してるんだ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る