「ブラック企業」を英語にすると?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「最近、新聞でもよく見かける『ブラック企業』。これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第42回

What is Black Kigyō?
ブラック企業って何?

 

Aussie: My friend told me to steer clear of them, but what are they exactly?
 

You: Yeah, you’d better know what you need to be avoiding, haha. ブラック企業 (burakku kigyō) can be directly translated to “black company” or “black corporation”. It’s a word used to describe companies with poor working conditions and / or abusive practices and employers.
 

A: Oh, so kind of like a sweatshop?
 

Y: I guess that would be close, except it doesn’t just stop at manual labour environments. A ブラック企業 could be an office-based company, too, with long working hours demanded upon workers, below minimum-wage pay, little to no holidays and power harassment by upper management, etc.
 

A: That actually sounds terrible. But surely, in a country like Japan, there would be laws protecting workers from being violated like this?
 

Y: We certainly do have the 労働基準法 (rōdōkijunhō) [Labor Standards Act], amongst many other policies to prevent exploitative employers, but unfortunately, only the tip of the iceberg seems to be getting reported to police or lawyers…
 

A: How come?
 

Y: There are a number of reasons. Firstly, most of these poor employees tend to be young people with very little knowledge of their rights in the workplace. That or they may be falsely led to believe that this is ‘the norm’. They may also be scared to raise their voice, as they fear that they have no other career options, what with the tough economic situation right now…
 

A: But surely, anywhere BUT such an unlawful workplace is where you’d want to be!
 

Y: That’s right. More young people need to realise that it isn’t the end if they need to quit their job for the better. But more importantly, the government needs to crack down on these ブラック企業 so that these problems don’t arise in the first place.
 

説明する時のポイント

ブラック企業とは、元々暴力団などの反社会的団体とのつながりを持つような会社を指していたが、今は、比較的新しい会社で、主に若者を採用し、過重労働をさせたり、違法労働をさせることによって極限状態まで追い詰め、離職に追い込む一方、企業としては成長している会社のことを指す、と教えてあげよう。従って、被害の対象は、フリーターなどの非正規雇用者ではなく正社員である場合が多いと付け加えておこう。さらに、将来の計画が立たないほどの低賃金で雇用し、私生活にも影響を及ぼすような長時間労働を強要して「使い捨てる」のが、「ブラック」つまり「暗黒の」「闇の」と呼ばれる理由になっている、と説明してあげよう。要するに、「労使関係の喪失状態」が存在する悪質な企業体質が問題だ、と指摘しておこう。

【単語・成句】
steer clear 〜に近づかない/〜を避ける  
abusive 酷使するような/虐待するような 
sweatshop 労働搾取工場 
not just stop at~ 〜にとどまらない 
manual labour 肉体労働
minimum wage pay 最低賃金
upper management 上層部 
protect ~ from … 〜を…から守る
the tip of the iceberg 氷山の一角 
get(ting) reported 報告される/通報される
rights in the workplace 職場における権利
falsely led to believe 誤って信じてしまう
the norm 常態/当たり前のこと
raise (their) voice 声を上げる/不満を述べる
for the better より良い生活を求めて
crack down on~ 〜を厳重に取り締まる
 

【会話文で使える表現】
■”any ~ but” この言い方は、「〜以外の/〜以外なら」と「どこでも/誰でも/何でも」といった組み合せで、強調表現としてよく使われる。

例① “I would talk to anyone but him. He would be the last person on my list.” “Wow, you must really dislike him.”「彼以外となら誰とでも話すよ。彼だけはごめんだね」「彼をかなり嫌っているようだね」

例② “Where do you want to go next?” “Any where but the main street, it’ll be too crowdedal ready.”「次はどこに行こうか?」「メイン・ストリート以外がいいな、多分もう混んでいるだろうし」

例③ “I can eat anything but giblets.” “Yeah, I know, they’re gross.”「モツ以外なら何でも食べるよ」「分かる、モツは気持ち悪いよね」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る