「リア充」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「『あの子はリア充でうらやましい』ってA子が言ってたけど、これって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第43回

What is Riajū?
リア充って何?

 

Aussie: I tried to look it up in my pocket dictionary but there was no entry for it.
 

You: Ah, yes, that would be because it’s a relatively new word which has only come about in the last few years. リア充 (riajū) is a word which is used to describe a person who is living a fulfilling ‘real’ life.
 

A: Huh? What do you mean ‘real’ life?
 

Y: You see, this word originated as internet slang and was commonly used by netizens (internet citizens) who don’t go out much or have many friends. They tend to draw a line between themselves and the ‘real’ [リアル] outside world, which is where the リア (ria) comes from.
 

A: And the 充(jū)is from… Oh, let me guess, would it be 充実 (jūjitsu)? Doesn’t that word mean ‘fulfilling’?
 

Y: You’re spot on!
 

A: Now it makes a lot of sense. But you know, it makes me think – wouldn’t the netizens living through the virtual world online also be technically living a fulfilling ‘real’ life, if that’s what brings them fulfilment?
 

Y: You make a good point. I guess essentially, yes, they could consider themselves リア充, too . But the word is usually used with a hint of jealousy and light-hearted self-pity, so I think it’s a case of wanting to be distinguished as not having the socially accepted requirements for a happy, enjoyable life.
 

A: Ah, yes, the whole ‘you need a girl / boyfriend’ and ‘you should always surround yourself with a lot of friends’ business…
 

Y: But as we all know, having companion(s) isn’t the only key to happiness.
 

A: Yeah, and it would be wrong to go about doing so just to portray yourself as a リア充, too.
 

Y: That’s certainly a good line I want every school student to hear.
 

説明する時のポイント

リア充は、2005年ごろに2ちゃんねるで「リアル充実組」として呼ばれていたが、翌年初頭に、「リア充」という言葉となって使われ始めた、比較的新しい言葉、と教えてあげよう。この言葉は、リアル(現実)の生活が「充実」している人のことを指す、とも教えておこう。さらに、初めはインターネット上のコミュニティーに入り浸る人たちが、現実生活が充実していないことに気付き、自分たちの生活を自虐的に表現するための言葉だったのが、携帯電話を介したネットの利用者たちが流入するに連れて、その恋愛や仕事の充実ぶりに対する妬みへと変化していったもの、と付け加えておこう。ちなみに、リア充と見なされる行為には、ホテルのスイートでのパーティーをはじめ、合コンやクルージング、屋形船、スノボ旅行などが挙げられるそうだ。

【単語・成句】
look (it) up 調べてみる   
relatively 比較的 
come about 起こる/生じる/現れる 
originated as ~ 〜として生まれた 
draw a line 一線を画す
let me guess 待てよ/ええっと何だっけ
spot on その通り! 
make (a lot of) sense (十分)納得がいく
make a good point 良いところを突く 
with a hint of わずかな/少量の
light-hearted のんきな/気楽な/陽気な
self-pity 自己憐憫
it’s a case of ~ 〜という実例/事例
the only key to ~ 〜への唯一のカギ
go about ~ 〜に取りかかる/精を出す
portray 演じる
 

【会話文で使える表現】
■“let me guess” この言い方は、会話の途中で「あっ、ちょっと待って、今、当ててみせるからね」と何かを推測したり、自分で何か言うから言わないで欲しい、と相手に伝えたい時によく使われる。

例① “You wouldn’t believe this, but …” “Oh, let me guess, you won the lottery?”「信じられないと思うだろうが…」「お、当ててみようか。宝くじに当たった?」

例② “Do you know what day it is today?” “Hmm, let me guess…, it’s your birthday, right?”「今日何の日か分かる?」「ええっと、言わないでね、誕生日でしょう?」

例③ “What does USB stand for?” “Let me guess, U is for Universal, but what are S and B??」「USBって何の略?」「ちょっと考えさせてね。UはUniversalだけど、SとBって、何だっけ?」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る