「冷え性」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『オーストラリアにも冷え性って概念はあるの?』って言ってたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第45回

What is Hieshō?
冷え性って何?

Aussie: Since it has 冷え (hie) in the word , does it have something to do with the cold?

You: You’re definitely on the right track there. 冷え性 (hieshō) is the term used to describe an oversensitivity to cold. Even when the weather is warm, people with 冷え性 still feel a chronic chill, especially around their feet and toes.

A: Hmmm, sounds like they’re just not good with the cold… Is it an illness?

Y: In Japan, it’s recognised as a health condition, along with some other countries in Asia. But in the western world, even major medical textbooks make no mention of this phenomenon – which is really strange, because it’s said that more than half of all Japanese women are affected by this ailment.

A: That is strange. How could we not have a direct translation or condition as 冷え性 if that’s the case?

Y: I guess we’ll find out if a study gets done on the topic one day.

A: True. So people with 冷え性 can’t just drink / eat something hot or wear more clothing to get warmer?

Y: They could but when you’re affected by 冷え性, the parts of your body which regulate temperature are also affected, so no matter how warm you try to get, your core body temperature doesn’t rise so you still feel cold.

A: Ah, I see, so external remedies don’t exactly work.

Y: That’s right. But you can self – help from the inside out by doing things which circulate the blood (and therefore warmth) to your whole body, such as making sure to stay hydrated and massaging your body.
 

説明する時のポイント

まず、どの国にも、いわゆる「風土病」と言われる病気や症状があり、この「冷え性」も日本およびほかのアジア諸国に見られるが、西洋の国々では病例や症例がほとんど報告されていないと説明してあげよう。症状としては、特に手や足の先、腕の上の方や太ももの部分などがすぐには温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことを言う、と付け加えておこう。男性にも女性にも自覚症状はあるのだが、一般に男性に比べて女性は皮下脂肪が厚く、熱を通しにくい脂肪は、いったん冷えると温まりにくい性質があり、また、血流の多い筋肉が、男性に比べて少ないこともあって、女性の方が「冷え性」の症状を訴えることが多いとも教えてあげよう。原因として、ホルモンの変動とそれに伴う自律神経のバランスの乱れが考えられる、との説明も分かりやすいだろう。

【単語・成句】
have something to do with ~ 何か関係がある
on the right track いい線を行っている 
oversensitivity to cold 極度に寒さに過敏 
chronic chill 慢性的な冷え 
not good with~ 〜に弱い
along with ~ 〜とともに
make no mention of ~ 〜について言及しない
are affected by ~ 〜に影響を受けている
one day いつの日か
regulate 調節する 
no matter how ~ どんなに〜(しても)
external remedies 体外からの対症療法
self-help 自助/自立
from the inside out 体内から
circulate the blood 血流/血行を良くする
stay hydrated 水分を十分摂る
 

【会話文で使える表現】
■“get (something) done” 会話文では、「いつの日か冷え性が研究によって解明される」という意味で使われているが、一般的には「何かがなされる」という意味で、会話でよく使われる言い方である。

例① “When are you going to do it?” “Ah, I can get it done this weekend.” 「いつやるつもり?」「ああ、今週末にやれるよ」

例② “If you can’t get this assignment done by Monday next week, ten points will be deducted from your total mark.” “That’s a bit harsh, isn’t it?”「来週の月曜日までにこの宿題を出さなければ、10点減点だよ」「それは、ちょっと厳し過ぎるのでは?」

例③ “I’m so happy that I’ve got everything I wanted to get done today out of the way.”「今日は多くの仕事を片付けることができて、良い気分だ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る