「はしごする」を英語で説明できる!?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A男に『もう一軒はしごしない?』って誘われたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第46回

What is Hashigo-suru?
はしごするって何?

Aussie: “はしご” (hashigo), that’s“ ladder”, isn’t it? What does‘ doing a ladder’ mean?

You: This is a special expression and it means to go bar hopping or go on a pub crawl.

A: Oh no! If that was the case, I should’ve said yes…! I didn’t know what he was on about so I said no…

Y: Maybe next time!

A: But what does a ladder have to do with going out drinking?

Y: You make a good point there. The word is meant to describe the movement of one from bar to bar, as if moving up a ladder rung by rung / step by step.

A: I see, now it makes a lot more sense.

Y: To say you went to five places in one night, one after another, for example, you would say “5軒はしごした” (goken hashigo shita), or I did hashigo of five places.

A: It’s certainly a useful term in boasting about how you had a great night out!

Y: It can also be used to describe going from place to place which isn’t necessarily alcohol-related, either. For example, you can say you’re going to go and do a “本屋のはしご” (hon’ya no hashigo) – to go looking in various bookstores.

A: Got it.

Y: Another phrase that’s similar which you might want to pick up is “オールする” (ōru suru). Much like はしごする, this one means to pull an all-nighter, whether it is for studying, gaming or staying out until the wee hours of the morning, etc.

A: Ah, yes… I’m much too familiar with this one, haha.

Y: Me, too, but it’s getting harder and harder to do them recently – I must be getting old, haha.

A: You’re not even 30 yet!

説明する時のポイント

はしご(梯子)は、もちろん壁に立てかけたり、開いて固定したりして、高い所に上り下りする時に使う道具のことだが、もう1つ「はしご酒」を略した言い方で俗語として使われる、とも教えてあげよう。はしごを一段ずつ上がって行くように、一軒の店で飲み終わると、また店を変えて飲み、次々に店を変えて(これを「河岸(かし)を変える」と言う、ともついでに教えておこう)飲み歩くことを指す、と説明してあげよう。また、動詞として「はしご(を)する」という使い方もある、と付け加えておこう。更に、元々の酒を飲み歩く、という言い方から派生して、「週末は、古本屋のはしごをする」「昨日は、ワイナリー(ワイン醸造所)をはしごした」というような言い方も出来る、と教えてあげてはいかが?

【単語・成句】
if that was the case そういうことだったら  
I should’ve said yes 「うん」と言えば良かった
have to do with ~ 何か関係がある 
make a good point いい所を突いている/いい質問だ
as if ~ 丁度/あたかも〜のように
rung by rung (はしごの)一段ずつ
it makes a lot more sense 意味がもっとよく分かる
not necessarily ~ 必ずしも〜ではない
Got it. うん、なるほど/分かった
you might want to pick up ついでに知っておくといい
pull an all-nighter 徹夜する 
stay(ing) out 外に出ている/街に出ている
wee hours 早朝
I’m much too familiar with ~ 〜のことはよく知ってるよ
getting harder and harder どんどん難しくなっていく
getting old 年をとる
not even 30 yet まだ30歳にもなっていない

【会話文で使える表現】
“be on about ~” 難しい言葉に頼らず、この簡単な3つの言葉の組み合わせで「〜のことについて言っている/話している/言及している/論じている」などの意味を表すことができる便利な表現。

例① “What is he on about?” “He is referring to the latest model of the mobile phone.”「あいつ、何のことを言ってるんだ?」「最新型の携帯のことさ」

例② “What do you think she is on about?” “I think she is talking about the precautionary measures for security.”「あの人、何について話しているの?」「安全対策のことについてだと思うよ」

例③ “Throughout this book, the author is on about nationalism versus internationalism.” “Oh, I see.”「この本を通じて、著者は国家主義と国際主義の対立について論じているよ」「ああ、なるほど」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る