「爆買い」を英語にすると?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子がこの前日本に行った時『爆買いしちゃった!』と言ってたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第47回

What is Bakugai?
爆買いって何?

Aussie: She seemed to be pretty pleased with herself, too.

You: Yes, I could imagine. 爆買い(bakugai) is a term used to originally describe the explosive shopping sprees which Chinese tourists do during their visit (爆 =baku / explosion, 買い = kai [gai] / to buy).

A: Explosive shopping sprees?

Y: That’s right. With the recent boom in the Chinese economy and the weak Japanese yen, there are a LOT of Chinese tourists heading over to Japan to 爆買い items which they can’t buy in their country.

A: Like what?

Y: For example, I’ve heard that the Chinese are quite fond of Japanese rice cookers for their high quality and advanced technology. Now, usually, you’d only need to buy one, right?

A: Of course, you’d only need one for the home you’re taking it back to.

Y: Well, a Chinese tourist having a spending craze would buy 5 – or maybe even more!

A: What! That’s crazy. Why would you need that many?!

Y: They buy it for their friends and family, work colleagues, clients, to resell it back at their store – you name it. Basically, they spend a LOT. There was even a report by the Japanese Tourism Agency that the average a mount of money Chinese tourists spend on their trips is more than 285,000 yen ($3,200)!

A: That’s a really high amount to be the average!

Y: I know right. It’s recently been such a phenomenon that the word 爆買い was selected as the national ‘buzz word’ for the year 2015, and it has also now evolved to generally mean “shopping binge”.

説明する時のポイント

「爆買い」という言葉は、爆発的な買い物の仕方、つまり一度に大量の品物の買い物をすることを指す、と教えてあげよう。元々は、中国人観光客が日本の旅行先で高級品から日用品までありとあらゆる物を買い込む様子を表す言葉だったが、今では、日本人が予想外の収入があった時などに、買い物にたくさんお金を使う様子を表すことにも使われるようになった、と説明しておこう。ますます増えている中国人観光客が、日本全国で繰り広げる買い物の仕方が衰えないので、今年の「新語・流行語大賞」に選ばれたことも補足してあげよう。ちなみに、中国人観光客に「四宝」と呼ばれている爆買いの定番商品は、「炊飯器、魔法瓶、温水洗浄便座、セラミック包丁」であり、その他医薬品や化粧品にも人気があることを付け加えておこう。

【単語・成句】
be pretty pleased with ~ 〜に大喜びしている
I could imagine そうだろうね/そうでしょうね
explosive 爆発的な
spree 浮かれ騒ぎ
LOT 途方もなく多くの
head over to ~ 〜に向かう
Like what? 例えば、どんな?
be fond of ~ 〜を好む/〜が気に入る
(spending) craze お金を使うことに夢中
That’s crazy そりゃ、おかしい/変だ
clients 顧客
resell 転売する
average 平均的な
phenomenon 現象
buzz word 流行語
evolve 進展する
shopping binge 買い物による気晴らし/浮かれ騒ぎ

【会話文で使える表現】
■“you name it” この表現は、文字通り解釈すると「(それに)名前を付けてごらん」という意味だが、会話では「もう、何でもありなんだから」という強調表現になる。

例① “What’s this shop famous for?” “Taste, variety, friendly service – you name it.”「この店の売りは何?」「味、メニューの豊富さ、愛想のいいサービス、もう何でもすごいのよ」

例② “What kind of fruit can you buy in Australia?” “Apples, oranges, grape fruits, bananas, mangos, pineapples – you name it.”「オーストラリアでは、どんな果物が買えるの?」「リンゴ、オレンジ、グレープフルーツ、バナナ、マンゴー、パイナップルなど、何でもあるよ」

例③ “I hear there are a lot of migrants in Australia, right?” “Yeah, from Asia, Middle-East, Europe, Africa, South Pacific – you name it.”「オーストラリアには移民が多いって聞いたけど」「うん、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、南太平洋などいろいろな所から来ているよ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る