「厄年」を英語で説明できる!?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『今年、私は厄年なの』と言っていたけど、それって何?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第48回

What is Yakudoshi?
厄年って何?

Aussie: I know this year is 申年 (sarudoshi) [the Year of the Monkey] but what is 厄年 (yakudoshi)?

You: 厄年 are a set of superstitious “unlucky” years / ages in Japan. For males, they are ages 25, 42 and 61 and for females, they are ages 19, 33 and 37.

A: What do you mean by they are superstitious?

Y: Well, none of it can really be proven by science since “luck” is just one of those things. Plus, depending on the region, the 厄年 slightly differ which makes their validity all the more questionable, I guess.

A: Ah, I see.

Y: But nevertheless, it’s still a commonly held belief in Japan, and many people in their 厄年 visit Buddhist temples and Shintō shrines to pray / purchase charms to protect them against bad luck. People also avoid doing major activities such as marrying their partner or moving house during their 厄年, as it is believed that calamity will ensue.

A: Well, I’m no horoscope guy so that seems a bit extreme.

Y: Also, in addition to the standard 厄年, there are also 前厄 (maeyaku), 後厄 (atoyaku) and 大厄 (taiyaku). 前厄refers to the year before your 厄年 and 後厄 is the year after your 厄年. Both are considered to be challenging years which require caution, too.

A: What’s 大厄 then…?

Y: 大厄 is the boss amongst all these bad luck years and is said to be the worst year of luck. For males, that age is 42 and for females, it is 33.

A: Well I guess I still have a while until I’m 42, but if anything, I’d want to prove it wrong.

Y: I think that’d be the way to go, too. After all, these sets of 厄年 are only believed in Japan, so really, we’re quite ‘safe’ here in Australia haha.

A: Haha good riddance!

説明する時のポイント

まず「厄年」という言葉は、人生の中で、厄災を受けやすい年齢を指すと教えてあげよう。古くは平安時代に存在していたことが記録に残っており、現代まで根強く信じられて来た風習だが、起源も曖昧な上、科学的根拠も不確かで、ある意味で迷信として捉えられているとも説明してあげよう。普通は「数え年(誕生日ではなく、正月または立春に年をとるという考え方で、満年齢より1歳または2歳多くなる)」を用いた年齢を厄年に当てはめると付け加えておこう。一般に男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が厄年で、特に男性42歳と女性33歳は大厄(たいやく)と呼ばれ、一番気をつけなければならない年齢と信じられている。また、前の年も前厄(まえやく)、翌年も後厄(あとやく)といって3年間は厄年と見なされている、とも伝えておこう。

【単語・成句】
a set of ~ 一連の〜
superstitious 迷信の/迷信的な
just one of those things そういった類いの1つに過ぎない  
depending on ~ 〜によって/〜次第で
differ 異なる 
validity 信頼するに足ること/妥当性/正当性
all the more より一層 
questionable 怪しい/信頼できない
a commonly held belief よく信じられていること
charm(s) お守り
calamity 災難/厄災
ensue (何かが)決まって起こる
no horoscope guy 運勢を信じる人間ではない
challenging years 試練を受ける年 
the boss 最悪の物
if anything 何かできるとしたら
prove (it) wrong 間違っていることを証明する

【会話文で使える表現】
■“the way to go” この表現は、文字通り解釈すると「行き方」という意味になるが、会話では「そうするべき/それが正しいやり方だ」という表現として使われる。

例① “I was almost going to give it up, but I put up with it.” “That’s the way to go!”「もうちょっとで諦めるところだったけど、我慢したんだ」「よく頑張ったな!」

例② “I’m thinking of applying for that job, even if my chance to get it is slim.” “That’d be the way to go. You never know unless you try.”「あまり可能性はないと思うけど、あの仕事に応募してみようと思ってるの」「それはいい。やってみなければ分からないからね」

例③ “Did you hear that Nishikori beat Nadal?” “Oh, yeah? That’s the way to go!”「錦織がナダルを破ったことは聞いた?」「え、本当? でかした!」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る