「別腹」を英語にすると?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『甘いものは別腹』って言ってたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第50回

What is Betsubara?
別腹って何?

Aussie: Does she not like sweet food?

You: No no, it’s quite the opposite! 別腹 (betsubara) translates to ‘separate stomach’, where 別 (betsu) symbolises ‘separate, different or extra’ and 腹(hara→bara) means ‘stomach’. The concept is basically the same as the Western version of “there’s always room for dessert”.

A: Ah, I see! So it’s literally “I have another stomach for sweet things”.

Y: That’s right.

A: What a handy expression.

Y: We obviously don’t have more than one stomach like a cow, but metaphorically speaking, that’s what it feels like when you find out that there’ll be dessert. I’m exactly like your friend; even after a big meal, and I really shouldn’t be eating any more, I somehow always manage to fit in dessert.

A: Same here! It’s like I have a completely different digestive system, haha.

Y: Haha. While we’re on the topic of 腹 (hara), there’s a couple of other phrases I want to teach you. The first one is “腹八分目” (hara-hachibunme). It’s a term used to suggest eating moderately – to about an 8 out of 10, if 10 were the maximum capacity of your stomach – to avoid stuffing yourself. The second phrase is “腹が減っては戦ができぬ” (hara ga hette wa ikusa gadekinu).

A: Wow that sounds complicated.

Y: The literal translation would be“with the stomach empty, we cannot go to war”, but you can basically use it to imply that “you can’t do anything on an empty stomach”.

A: Ah, exactly like Napoleon Bonaparte’s saying, “an army marches on its stomach”!

A: Y: Oh, I didn’t know that there was such a quote.

Y: I guess we both learned something new today, then!

説明する時のポイント

「別腹」という言葉は、文字通り、あたかも「お腹」つまり胃袋が別にあるように、お腹がいっぱいになっても、更に甘い物や果物などのデザートを食べることができるということを、半ば冗談を交えて表す言い方だと教えよう。しかし、実はこれには科学的根拠があって、たとえ満腹でも、おいしいものを見たり想像したりすると、オレキシンというホルモンの働きで胃が動き出し、小腸に食べたばかりの物を送り出して、お腹がいっぱいだったはずの胃の中に「別腹」ができるのだ、と説明してあげよう。また、今までの経験から、「あれはおいしかった」「これを食べたら幸せな気分になった」というような想像や刺激がオレキシンの分泌を促すので、必ずしも甘いものに限って「別腹」ができるわけではない、と付け加えておこう。

【単語・成句】
quite the opposite 真逆/正反対 
symbolise 表す   
Western version 西洋版/西洋で言うところの
literally 文字通り 
handy 便利な/役立つ 
obviously もちろん/明らかに
metaphorically speaking 比喩的に言うと
it feels like ~ 〜のように感じる
exactly like ~ ちょうど〜のよう
somehow manage to ~ 何となく〜してしまう
Same here! 私も/僕もなんだ!
while we’re on the topic of ~ 〜のことと言えば
phrase よく聞く/使われる言い回し
literal translation 直訳/文字通り 
imply ~ 〜ということを意味する
quote 名言/引用表現
something new 何か新しいことここから

【会話文で使える表現】
“Same here!” 誰かが何か言ったことに対して、「私も/僕も(同じ)なんだ!」と、同意、賛同を表したい時に使える、短い便利な表現。

例① “I feel like eating something sweet now.” “Same here! Let’s drop in to this cafe.”「今、なんか甘いものが食べたいな」「僕もだよ! このカフェでお茶しよう」

例② “Of all kinds of fruit, I like grapefruit the most.” “Same here! I eat it every morning.”「果物の中で一番好きなのはグレープフルーツなんだ」「私も! 毎朝食べてるのよ」

例③ “I have a few assignments to do this week.” “Same here! I don’t know when I can go to bed!?”「今週課題がたまってるの」「僕もさ! いつ寝られるか分からないよ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る