英語で説明できる!? 「お疲れ様」

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「会社にいるとみんなが『お疲れ様です』って言うんだけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第51回

What is Otsukaresama?
お疲れ様って何?

Aussie: I also keep hearing the variants “お疲れ” ( otsukare) and “お疲れ様” (otsukaresama) and “お疲れ様でした” (otsukaresama deshita) – are there any differences between those, too?

You: Good question. お疲れ様です(otsukaresama desu) is one of the most common and practical phrases you’ll hear at a Japanese workplace. The main component, 疲れ (tsukare), comes from the word 疲れる (tsukareru), which means to be tired out.

A: Oh, so they’re asking whether I’m tired or not?

Y: You’re kind of close. The whole phrase would translate to something along the lines of “thank you for putting all of your hard work into this”. It’s actually quite hard to translate, because there’s no such equivalent term in English.

A: Hmm, I think I might need a bit more explaining.

Y: Sure thing. So when you say お疲れ様です to a co-worker, you’re letting them know that you appreciate their hard work. That’s also why it ends in the non-past tenseです, as it’s happening in the present.

A: Oh ok, so when the work’s completed or something finished, you’d use お疲れ様でした.

Y: That’s right. As for the shorter お疲れ and お疲れ様, these are colloquial terms which you can use to mean the same thing, but never to your superiors as that would be quite rude.

A: I’ll keep that in mind.

Y: Also, while we’re on the topic, your superiors may reply to your お疲れ様です with ご苦労様 (gokurōsama). It means pretty much the same thing but the difference is that only superiors can use ご苦労様. If you did the opposite, this would also sound very rude, so be careful!

A: I will! お疲れ様でした for explaining it all to me!

説明する時のポイント

どの言語にも、他の言語には訳しにくい表現が必ずいくつかはあるのだが、この「お疲れ様」も、そういった表現の1つだ、と先ず断っておこう。実際「疲れる」という言葉が使われていることから分かるように、元々は「このような大変な仕事をして、さぞかし疲れたでしょう。仕事に対する情熱とたゆまぬ努力、見事な出来映えに感謝します」という感謝の気持ちをこのひと言に込めて、相手に伝える表現だったが、今では、仕事以外でも、例えば何人かで一緒に旅行に行き、無事に帰って来て別れる時、お互いに「お疲れ様」と言い合って家路についたり、打ち合わせや会合、会議などが終わった時、やはり「お疲れ様」と言い合ったりする、ということも付け加えておこう。ただし、目上の人には「です/でした」を忘れぬようにとも。

【単語・成句】
keep (hear)ing よく(聞く)
variants (それに)似た(表現)   
workplace 職場 
whether ~ or not 〜かどうか 
kind of close 当たらずといえども遠からず 
something along the lines of ~ 〜といったような
actually 実際に/実は
equivalent term (〜に)当たる/匹敵する
sure thing. もちろん/いいですよ
appreciate  ありがたく思っている
end in ~ 〜(という形)で終わる
in the present 今/現在
as for ~ 〜について(だけど)
colloquial terms 話し言葉/口語 
superiors 上司
pretty much the same thing だいたい同じこと
be careful 気をつけて/要注意

【会話文で使える表現】
“I’ll keep that in mind.”誰かが自分のために何か注意してくれたり、助言してくれたりしたことに対して、「分かった、覚えておくよ」と注意や助言を素直に受け入れる時に使う表現。

例① “When you are invited to a Japanese house, make sure you take off your footwear before entering the house.” “Thanks. I’ll keep that in mind.”「日本の家に招かれたら、玄関で履物を脱ぐんだよ」「分かった。覚えとくよ」

例② “She is sometimes temperamental. It’s nothing personal to you.” “All right. I’ll keep that in mind when I see her.”「あの人、時々気難しい時があるけど、個人個人に対してじゃないから」「あ、そう。会った時には肝に銘じとくわ」

例③ “When you come to Kyoto, be sure to contact me beforehand.” “Thank you. I’ll keep that in mind.”「京都に来る時は、前もって連絡してね」「うん、ありがとう。そうするよ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る