「揚げ足」って英語で説明できる?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『うちの母、すぐに私の揚げ足を取るの』って言ってたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第52回

What is Ageashi?
揚げ足って何?

Aussie: Isn’t that a type of tōfu?

You: Ha ha, that would be あげだし(age-dashi) and not あげあし (age-ashi)!

A: No wonder I was confused! What is it then?

Y: 揚げ足を取る (age-ashiotoru)literally means ‘to trip someone up’, where 揚げ足 refers to a raised foot, for example in a sport such as judō orsumō, and 取る means to take. By ‘taking’ or ‘grabbing’ your opponent’s raised foot (considered to be a mistake, as itcreates a weak spot) you are ‘finding a fault in someone’, and, therefore, tripping them up.

A: I see, that is quite literal.

Y: It’s especially used to describe people who correct other people’s grammar and / or typos, or what they accidentally say, and criticise them for it. 揚げ足を取る can also mean that the person finds fault(s) in someone, regardless of whether the other person actually making any mistakes.

A: I guess we all unfortunately know at least one person who does that…

Y: Yes, like one of my managers at work. He always criticises me on my smallest of mistakes, and blows it out of proportion in front of my other colleagues and makes a big fuss about it.

A: Wow, he sounds horrible.

Y: Yes, and he does it to everyone in the workplace, so we secretly call him as an 揚げ足取り (age-ashi tori) – someone who likes to chronically nitpick.

A: I also have an aunt who is an 揚げ足取り. She is quite a fussy and critical person in general, so family gatherings can be confrontational sometimes…

Y: I think it’s ok to point out mistakes to someone if they seem to be genuinely unaware of it, but repeatedly making fun of someone for it or going around being a fault-finder is definitely distasteful.

A: I can fully agree to that.

説明する時のポイント

対話にあるように、この慣用句は元々、柔道や相撲のような格闘技で、相手をけろうとして上げた足を取って、逆に相手を倒すことを表す表現だった、と説明しよう。そこから、相手の言い損ないや言葉尻につけ込んで、なじったり、皮肉を言ったり、からかったりすることを表す表現として使われるようになった、と付け加えておこう。親しい間柄の人に対して、半ば冗談で「揚げ足を取る」のは問題ない。しかし、常に他人の言い間違いや、うっかり口を滑らした言い回しなどに、必ずひと言言わないと気が済まない「揚げ足取り」と呼ばれる人がいるのは、どの社会でも同じだと思うけど、オーストラリアではどう?、と水を向けてみよう。そこから、「ああ、いる、いる!」と会話が弾むようになるかも知れない。

【単語・成句】
refer to ~ 〜のことを言う/〜に言及する 
considered to be ~ 〜と見なされる 
find a fault in/with ~ あら探しをする
accidentally うっかり(して)
regardless of ~ 〜に関係なく
blow (it) out of proportion 釣り合いが取れないほど大げさに
make a (big) fuss about ~ 〜について大騒ぎする/うるさく言う
chronically nitpick  常に細かいことをつつく
fussy つまらないことに大騒ぎする/騒ぎ立てる
critical 批判的な/小うるさい
confrontational とげとげしい/けんか腰の 
point out 指摘する/気づかせる
genuinely unaware of ~ 〜に本当に気づいていない
make fun of ~ 〜をからかう/馬鹿にする
distasteful いやな/趣味が悪い

【会話文で使える表現】
“No wonder./No wonder~” 誰かが何かを教えてくれたり、自分で何かに気づいたりした時に、「なるほど/道理で/なんだ、そうなのか」といった気持ちを伝える表現。“No wonder.” だけでも使えるし、この表現の後に、何かを付け加えることもできる。

例① “There was a notice of a power outage until noon.” “No wonder I can’t switch on the TV.”「正午まで停電、という知らせがあったよ」「道理でテレビがつかないわけだ」

例② “I heard Tanaka-san was involved in a traffic accident.” “No wonder he didn’t come.”「田中さん、交通事故に遭ったそうだよ」「それで来なかったんだ」

例③ “Hey, your fly is open.” “Oops, no wonder my friend was laughing.”「おい、ファスナーが開いてるよ」「おっと、なるほど、友達が笑ってたわけだ」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る