「敷金」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『オーストラリアに敷金はあるの?』と聞いてきたけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター・センター長 協力:池田澪奈
 

第56回

What is Shikikin?
敷金って何?

Aussie: She also asked me whether we have “reikin”, but I wasn’t really sure what that meant, either.

You: That’s ok – these are specific terms that don’t really come up in daily conversations. 敷金 (shikikin) is the equivalent of what’s called a bond in Australia. It’s a security deposit that you pay to the landlord / body corporate before you move in, as a guarantee for paying your rent and using the property in a respectful manner.

A: Oh I see, and the money comes back to you at the end of the tenancy, right?

Y: Yes, provided that you don’t owe any money to the property manager(s) for rent, damages or other costs.

A: Yeah, I know that all too well… Back when I lived further up north, I lived in a share house for about a year right, and when I was moving out, I accidentally ripped up the carpet in the living room moving my sofa… Needless to say , I didn’t get my bond back.

Y: Ouch! Well, speaking of which, another non-refundable amount of money is the 礼金 (reikin) you asked about earlier. This is what’s called ‘key money’ which is paid to the landlord / body corporate as a token of gratitude for letting you rent their property.

A: But… You’re already going to pay the 敷金 and other fees so do you have to pay the 礼金?

Y: Unless it’s a place which advertises that there is no need for 礼金, the general idea is that you should. This practice originated soon after the end of World War II when living quarters were scarce, and people began to pay 礼金 as a separate gift to the owner of flats for allowing them to live there.

A: I see.

Y: And even though Japan has since rebuilt itself and there are many, many places to live now, 礼金 is still a customary concept so don’t forget about it if you ever rent in Japan!

説明する時のポイント

「敷金」というのは、住む所を探している人(借主)が、家賃などの借賃を定期的に払うことができない場合(借賃滞納)や、契約を終えて引っ越す時、修理が必要な場合の担保として、住む所を提供してくれる人(貸主)に対して預けておく保証金のことだと教えてあげよう。つまり、きちんと家賃を払い、引っ越す時に何も修理が必要でなければ、返してもらえる「預り金」的性格を持つ一時金であると説明しておこう。ただし、近畿地方以西の西日本では、「権利金」的性格を持ち、大体賃料の1カ月分は返してもらえないことが多い、とも付け加えておこう。これは慣例で、借主が貸主に対して、住む場所を提供してくれたことに対する感謝の気持ちを表す「礼金」(やはり賃料の1カ月分)と同じようなものだとも言えよう。

【単語・成句】
~ not …, either ~も…ではない
come up  出てくる/登場する   
equivalent of ~ ~に相当する/~に当たる 
body corporate 法人 
in a respectful manner 節度を保って/丁寧に
tenancy 賃貸契約期間 
know (that) all too well 痛感している
share house 他人と一緒に一軒の家を借りる
rip up 引き裂く/切り裂く
non-refundable 返してもらえない
as a token of gratitude 感謝の気持ちとして
living quarters 住まい/住居
customary concept 慣習的な考え方

【会話文で使える表現】
“Needless to say, ~” 「言うまでもないことだが」「これは余計なことかも知れないが」という意味のことを伝える表現で、相手に対して「知っているとは思うが、念のために言うと」とか「推察通り」と伝えることによってくどさを和らげる効果がある。

例① Spring is here, and, needless to say, I’ve stocked up on tissues. 春になったので、もちろん、大量のティッシュ箱を用意している。

例② “I went to see a Kabuki play for the first time and I didn’t understand the dialogues in classical Japanese!” “Haha, needless to say, most native Japanese speakers don’t, either!” 「初めて歌舞伎を観に行ったんだけど、古い日本語の台詞が全く分からなかった」「ははは、実はほとんどの日本人も分かっていないんだよ」

例③ “Those Paralympians are awesome!” “Yeah, but needless to say, they must have spent countless hours to practice hard.” 「パラリンピック選手は素晴らしいね」「うん、でもきつい練習に何時間もかけた結果であることは言うまでもないだろうね」

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る