「暑気払い」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『暑気払いしたいね』と言っていたけれど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第59回

What is shoki-barai?
暑気払いって何?

Aussie: When she said that to me yesterday, I agreed with her out of politeness but what does it actually mean, ha ha?

You: You’re lucky you didn’t agree to anything strange! 暑気払い (shoki-barai) is a term which means ‘to dispel the summer heat’, where 暑気 (shoki) means ‘summer / intense heat’ and 払い (barai), originally ‘harai’, means ‘to get rid of’ or ‘to disperse’.

A: So she was saying she wants to… cool down?

Y: For the most part, yes. 暑気払い has now become a word with many meanings, along with ways to use it in a phrase. Your friend was most likely using it along the lines of “let’s do something for us to cool down”.

A: Like going to get cold drinks?

Y: Yes, that’s a great example. Unlike summer in Australia where it’s quite dry, summer in Japan is very humid and people often get 夏バテ (natsubate, ‘summer fatigue’) from the sticky, hot weather. So getting cold drinks to stay hydrated would be one of the ways to combat 夏バテ, but it’s actually not just about getting cooler.

A: Oh? What else do you do then?

Y: People also eat vinegared dishes such as 漬け物 (tsukemono, ‘Japanese pickles’) and 酢の物 (sunomono, ‘cucumber salad’), as vinegar helps cool the body down by helping stimulate circulation and replenishes minerals lost through sweating.

A: Wow, I never knew that.

Y: Another popular 暑気払い activity is スイカ割り (suika-wari). It’s the Japanese version of the Mexican piñata, except with a whole water melon . People get blindfolded and spun around; then they have to try and find the watermelon to hit it open with a stick / bat, by listening to the directions from the people around them. It’s a very entertaining game to watch. Plus, once it’s cracked open, everyone gets to enjoy the fresh, cold watermelon together.

A: Ha ha, that sounds like great fun!

説明する時のポイント

「暑気払い」の「払い」という言葉は、「煤(すす)払い」や「厄介払い」といった表現に使われているように、「何かを無い状態にしてしまう/整理してしまう/片付けてしまう」という意味を含んでおり、「暑い気分を吹き飛ばす何らかの方法」というように解釈できる、と説明してあげよう。対話では触れていないが、朝、まだ日差しが強くない時や、夕方、昼間の日差しで熱気がこもっている時間に、道や路地に「打ち水」と呼ばれる水まきをすることによって涼しさを感じてもらうのも、軒先に風鈴をつるして涼風によるチリンチリンという心地良い音から涼しさを感じてもらうのも、暑気払いと言えると教えてあげよう。更に「怪談」と呼ばれる怖い話を聞いて、背筋がゾクゾクと震えて寒気を感じるのも暑気払い……!?は

【単語・成句】
agree with ~  同意する/同感だと言う
politeness 礼儀
dispel 吹き飛ばす
intense heat 酷暑
disperse 散らす
cool down 涼しさを感じる
sticky べとつく/べとべとする
hydrated 水分たっぷりの
combat ~ ~に負けない/~と戦う
vinegared dishes 酢漬けのもの
stimulate circulation 循環を促進する
replenish minerals ミネラルを補給する
lose through sweating 発汗によって失う
get blindfolded 目隠しをさせられる

【会話文で使える表現】
■“out of~”対話の中では“out of politeness”「礼儀をわきまえて」「失礼にならないように」という表現として使われているが、基本的には「~から」という意味で、ある意味で理由・動機を表しているとも言える便利な表現である。

例① Just out of my curiosity, what made you come to Australia? 個人的な好奇心から聞くけど、どうしてオーストラリアに来たの?

例② Mr. and Mrs. Donner say that they will donate a million dollars every year for five years from now out of their generosity. ドナー夫妻は、寛大にも向こう5年間にわたって毎年100万ドルずつ寄付すると発表した。

例③ Bruce Brown achieved the highest honour by winning the gold medal in the Citizen Marathon out of his adversity in a traffic accident he was involved in three years ago. ブルース・ブラウンは、3年前に巻き込まれた交通事故から見事に立ち直り、市民マラソンで金メダルを獲得するという最高の栄誉に輝いた。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る