「ひっぱりだこ」って英語で何?

オージーに英語で説明してみよう!

オージーに英語で説明してみよう!
Japanese Culture

日本人には常識でも、文化の違うオージーにはイマイチ伝えづらい…。そんな時にぴったりの表現や話の流れをご紹介。

—— エピソード ——
「A子が『最近あの人ひっぱりだこよね』って言ってるけど、どういうこと?」

池田俊一 オーストラリア国立大学アジア・太平洋カレッジ日本センター 協力:池田澪奈
 

第60回

What is Hipparidako?
ひっぱりだこって何?

Aussie: So, I overheard my colleagues using the word ひっぱりだこ (hipparidako), to describe ピコ太郎 (Piko-tarō, the comedian / singer behind the recent YouTube phenomenon, the “PPAP” song), but what does it mean?

You: Ah yes, ピコ太郎 would certainly be ひっぱりだこ right now. The word ひっぱりだこ is used to describe someone who is “in high demand” or “being pulled in all directions”. So, in this case with ピコ太郎, he would be highly sought-after by various TV programs, radio stations and variety shows right now due to his popularity.

A: Oh! I see. So the ひっぱり part comes from the word ひっぱる (hipparu, ‘to pull’)?

Y: That’s right.

A: But what does the だこ part mean?

Y: This is the same as たこ (tako) with just a consonant change, meaning ‘octopus’. The word ひっぱりだこ originated from the way dried octopus was made, and how the octopus got laid spread-eagle with all its legs pulled out in all directions when being prepared to be dried.

A: Ah, ok.

Y: But weirdly enough, it didn’t used to mean Mr./Mrs./Ms. Popular. The term was actually used to describe criminals and those who were crucified due to their offences

A: What!? That’s so different… and quite morbid, too.

Y: Yes it’s quite literal when you think about it, what with how the crucifixion method pretty much dries a person up, too… But nowadays, it has no negative connotations and it purely means that that person is wanted by all.

A: Wow, it’s surely changed its meaning over time!

Y: I bet most Japanese people wouldn’t know the origins of this word, so now you have a little trivia up your sleeve.

説明する時のポイント

元々は、タコの干物を作る時、タコの体の隅々まできちんと乾くように、足を四方八方に広げて干した形を表した言葉だと教えてあげよう。そこから、昔は、磔の形や、磔になった罪人を表す言葉として使われたが、今では、多くの人が人気のある物を我勝ちに手に入れようとする様子や、ある人気者が、同時に何人もの興行主から出演を依頼されたりするような状況を表す言葉として、広く使われるようになったと説明しておこう。つまりは、人気のある物や人気者が、タコが手足を引っ張られる時のように、複数の方角から、多くの人に求められる状態を描写する言葉として使われている、と付け加えておきたい。ただし、人気があっても、誰でもたやすく手に入れられるような物には使えないので、要注意。

【単語・成句】
overheard > overhear 耳にする/漏れ聞く
phenomenon  現象/出来事   
in high demand 高い評価を受けている 
sought-after 望まれている
spread-eagle 平に/ぺちゃんこに
in all directions あらゆる方向に/四方八方に 
weirdly enough 奇妙なことに/おかしなことに
criminals 罪人/囚人
crucified 磔の刑に処される
due to (their) offences 罪によって
morbid 気味が悪い/不気味な
negative connotation 否定的な意味合い
over time 時が経って/長い間に
up your sleeve 自分のネタ/レパートリーの中に

【会話文で使える表現】
■“used to ~ / not used to ~” 対話の中では否定表現として使われているが、「昔はよく~したものだ」という昔を懐かしむ肯定表現としてよく使われる。否定表現で使われる場合は、「今と違って、昔は~ではなかった」というように、昔と今を比べる時によく使われるようだ。

例① I used to surf a lot when I was young, but I don’t anymore now. 若い頃、よくサーフィンをしたものだが、今はもうしない。

例② Do you remember? We used to go to that park and both of you rode a bicycle around when you were little? お前達が小さい頃、よくあの公園に行って、自転車を乗り回していたことを覚えているかい。

例③ Stores didn’t used to be open for the first three days of the New Year, but nowadays, most stores open from the second of January. 昔は、正月三が日は店を開けるということはなかったが、今では、正月の2日から店が開くようになっている。

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る